• 北野監督作品

『アウトレイジ 最終章』スペシャルエディション “OUTRAGE OFFSTAGE”特別映像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北野武監督をはじめとするキャスト・スタッフ総勢20人超のインタビューを収めた、Blu-ray&DVDスペシャル・エディション特典のメイキング映像“OUTRAGE OFFSTAGE” の中身を紹介する特別映像。
「実録・アウトレイジ」とも言うべきこの映像特典 では、北野監督史上初のシリーズ作品である「アウトレイジ」シリーズ三部作に携わった歴戦の北野組スタッフが、決して語られる事の無かった撮影の裏側とそれぞれの想いを明かす!
「ロケバスから降りてくれないこともありました」、「R15だからいっか」、「普通に終わるはずだった、それが途中で、じゃあ俺もって」などなど、“全員暴走”を謳った『最終章』の“極悪非道(アウトレイジ)”もびっくりな裏話テンコ盛り!北野組しか知り得ないトークを繰り広げています!

『最終章』“全員暴走”のキッカケである花菱会・花田役で北野組初参加となったピエール瀧は、8時間をかけバリバリの全身刺青を施した姿で撮影に臨むも「最初のアングルだと背中が一切映らない」と当時を思い起こして苦笑。念願のシリーズ初参加で、ビートたけし扮する主人公・大友を慕って共に行動する市川を演じた大森南朋は「バカヤローはいつ言えるんだろう」と、今だから言える撮影時の秘めたる想いをぶっちゃけ!
さらに、「このまま終わったら嫌な感じがするな」と前作を振り返り『最終章』への想いを語る北野武監督。前作に引き続き、本作でも身震いする怒号を撒き散らした西田敏行。『ソナチネ』(1993)以降北野組常連として、本作で10本目の北野映画出演、そしてシリーズ初参加となった大杉漣の撮り下ろしインタビューも収録です。


関連動画

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.