インタビューココだけ | アイの歌声を聴かせて

10月29日(金)ついに公開!『アイの歌声を聴かせて』 興津和幸×小松未可子×日野聡スペシャルインタビュー【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『イヴの時間』や『サカサマのパテマ』で知られる吉浦康裕監督が手がけた、オリジナルアニメ映画『アイの歌声を聴かせて』。土屋太鳳演じるちょっぴりポンコツな歌うAI・シオンと、福原遥演じるサトミたちクラスメイトが織りなすハートフルな青春物語が、10月29日(金)に公開となる。公開に先がけて、シオンのクラスメイトであるゴッちゃん役の興津和幸さん、アヤ役の小松未可子さん、サンダー役の日野聡さんに、本作の魅力をたっぷり語ってもらった。今回はロングインタビューの前編をお届けする。

──転校してきた謎の美少女が実は試験中のAIで、ひとりぼっちのクラスメイト・サトミを幸せにしようとする……というユニークな設定の本作ですが、台本を読んだときの第一印象について教えてください。

興津爽やかで、魅力的で、素直に楽しめる作品だなと思いましたね。台本の段階から、想像をいろいろ膨らませてくれるような内容だったので、これは完成が楽しみだぞとワクワクしました。

小松AIを題材にしているんですが、SF要素が強すぎないというか、リアルと近未来的な部分が絶妙な塩梅で融合しているなと思いました。作中で流れる音楽もバラエティに富んでいますし、新しいエンターテイメント作品ができたなって。一部のシーンでは、台本にシオンの歌の歌詞が書かれていたんですが、アフレコ段階ではまだ土屋太鳳さんの歌は入っていなかったので、どういうふうになるのかなと想像していました。でも実際に試写で観てみると、想像以上の美しさと壮大さでしたね。個人的にはシオンとサンダーのシーンの楽曲がめちゃくちゃ好きです。

日野エンターテイメントがふんだんに詰まった作品で、且つこれからの未来でAIが今以上に発展したときに、僕たち自身がどう向き合っていくのかというテーマが込められた作品だなと感じましたね。そういったテーマがミュージカル調の物語で描かれていて、しかも絵に描いたようなロボットではなく、人間に近しい感情を持ったシオンとして存在しているところが、すごく面白いなと思いました。

──ご自身が演じるキャラクターの印象や魅力について教えてください。

興津私が演じるゴッちゃんは、学園ナンバー1イケメンなんですが……。

小松ナンバー1でしたっけ(笑)?

興津そう書いてあった気がする……。ナンバー1じゃなかったらごめんなさい(笑)。

日野実はナンバー2だったりして。登場しないけど、ナンバー1イケメンは別にいたという(笑)。

興津ナンバー1だと思って演じたんですけど(笑)。でも、イケメンにはイケメンなりの悩みがあるんだなと気づかされましたね。彼は、他の子に比べてちょっと達観しているというか、物事を俯瞰で見ることができるタイプなんです。だからこそ、人との付き合い方を模索している男の子ですね。小松さん演じるアヤと付き合っているんですが、アヤがすごくストレートにぶつかってきてくれるぶん、どうしたら仲良くできるのか考え過ぎてしまうというか……。周りの子から見たら大人っぽいんですけど、やっぱり彼もまだ子どもで未熟な部分はあるので、その間で揺れ動くところが表現できていたら嬉しいです。

小松アヤは最初、すごくイヤな子っぽく見えるんです。でもそれは、この作品がゴッちゃんとの関係がうまくいっていないところから始まるからなんですね。最初は、「なんでこんなに当たりが強いんだろう」って私も思いました(笑)。

興津強いよねえ(笑)。

小松恋愛に関しては、一途ゆえに周りが見えなくなりやすいのが、彼女の魅力でもあり、悪いところでもあり……。でも、ゴッちゃんとの問題が解消されていくと、本当は周りが見えるところや、誰かの背中を押せるところ、物言いがストレートだからこそ人に寄り添えるところとか、彼女のよさがどんどん出てくるんです。それから、いつもアヤと一緒にいる友達が2人いるんですが、アヤをめちゃくちゃ応援してくれているすごくいい子たちなんですよ。そういう友達付き合いができているのも、アヤの人柄があってこそなのかなぁと。

日野サンダーはひたすら真面目で頑張り屋で、ちょっと抜けているところもあるマスコット的なキャラですね(笑)。

小松間違いない(笑)!

興津みんなが好きになっちゃうよね。

日野おいしいシーンも、ちょこちょこありますしね(笑)。

──演じる際に意識したことや、アフレコの際に監督にされたディレクションなどはありますか?

興津今回、初めて“付き合っているんだけど喧嘩中”というお芝居をしたんですね。付き合うところまで演じたあとに喧嘩をするというのはあるんですが、もう付き合っている状態で喧嘩から始まるというお芝居は、今までなかったんです。ただ喧嘩しているわけじゃなく、お互いへの気持ちはあるんだけど喧嘩中という、微妙なさじ加減を意識しましたね。まだ別れてもいないし、お互いに気にしているのは明らかなので、思春期の気持ちで演じました(笑)。イケメンなキャラであることは、他のキャラからそう言われるので意識はしますが、とくに「イケメンを演じよう」とは思っていないので(笑)。それよりも、アヤとどう付き合っていきたいと思っているのか、今後どうやって生きていこうと考えている子なのかを考えて演じました。なんか、「イケメン」ばっかり言っていてすみません(笑)。

小松イケメンだからしょうがないですよ(笑)。アヤに関しては、監督から「イヤな子に見せたくはない」と言われていました。最終的には彼女をいい子だと思ってほしいので、序盤はイヤな子になりすぎないように、温度感に気をつけましたね。アヤって、嫌味を言おうと意識しているというより、物言いがストレートなのでそう聞こえてしまうタイプだと思うんです。最初のバスのシーンなんかは、サトミにかなりキツイことを言うんですが……。イヤな子に見せないためのさじ加減が難しかったですね。

日野最初アヤは、サトミに対して誤解があるからね。

小松そう、「サトミは先生に告げ口をするイヤな子」という誤解から始まっているんですよね。ただ、わざわざキツイことを口に出すのは、アヤがサトミに対して思うところがあるからで。アヤからすれば「なんでむやみやたらに先生に言っちゃうの」という、彼女なりの正義感みたいなものがあるのかもしれませんが、そういった温度感を表現するのは難しかったです。あと意識したのは、ゴッちゃんへの向き合い方とかですかね。イケメンだと見た目で騒がれる彼に対して、「ずっと見てたんだよ、私は」という気持ちがあるので。

興津試写会で観たけど、アヤとゴッちゃんの屋上のシーンはよかったよね。

小松でもあのシーン、私はめちゃくちゃ恥ずかしかったです(笑)。演じている側なので、普段は俯瞰して観られるんですけど、あそこはなんか妙に恥ずかしかった。試写会では、横にゴっちゃんがいたし……。

興津椅子をひとつ挟んだ横にいてすみません(笑)。

日野ナンバー1イケメンがね(笑)。

小松(笑)。でもそれくらい恥ずかしくなれるのは、アヤとゴッちゃんの思春期らしい気持ちが、すごく理解できるシーンだからなのかなと思いました。久しぶりに照れくさかったです。

興津いや、本当にいいシーンだったよね。

日野大絶賛(笑)。サンダーに関しては、監督から「シリアスなシーンでもサンダーはその雰囲気に寄り添いすぎないでほしい」と言われていました。深刻なんだけど、サンダーはそれがわかっているようで、わかっていないというか。他のみんなとはちょっと違うテンションでいることを意識していましたね。あと、柔道部のサンダーがシオンと乱取りをするというドキドキするシーンがあるんですが、そこは小悪魔的なシオンと、ドギマギしちゃう思春期なサンダーの対比が面白いので、ぜひみんなに観てほしいです。あれも本当にいいシーンです(笑)。

興津あそこが1番好き。

日野シオンに落ちた瞬間だからね(笑)。

──演じていて、とくに感情移入したシーンはありますか?

興津イケメンに感情移入……しましたね(笑)。

日野自転車置き場のシーンとか、いいよね。

興津自転車のふたり乗りは青春っぽいですけど、しちゃダメですからみなさん気をつけてくださいね! あと懐かしかったのは……。

日野学校をサボるとかね(笑)。

興津今ならもう時効ですかね(笑)。それから、電子工作部のトウマが部室に入り浸っている感じもよかったなぁ。AIであるシオンが転校してくるという設定は未来的なんですが、他の登場人物それぞれに関しては僕らも共感しやすい日常というか、リアルな高校生活が描かれているんですよね。昔の自分がどんな高校生活を送っていたか、いろいろ思い出しながら演じたら……イケメンになりました(笑)。

小松(笑)。アヤの場合は、感情的なシーンが非常に多かったので、その心理には共感できるところもありましたね。ただ、私が学生時代のときはアヤみたいにストレートに言えるタイプじゃなかったので、彼女が羨ましいなとも思いました。例えば、ヤキモチを焼いたとしてもそっちをじっと見ながら「……くっ!」って机に爪を立てているタイプでした(笑)。

興津「気づいてよ」って見てるんだ(笑)。

日野それで机が傷ついてる(笑)。

小松めっちゃ傷ついてました(笑)。だから、アヤくらいストレートに気持ちをぶつけられたらよかったのになって。彼女はたぶん、友達同士でも遠慮せずに言える子だと思うんです。そのぶん喧嘩は絶えないかもしれないけど(笑)。私の学校は、屋上にも行けなかったし、シオンみたいに事態を引っ掻き回してくれる存在もいなかったですね。そんな人が現れるのを想像している、中二病っぽい学生生活でした(笑)。

日野懐かしいといえば、AIとの乱取りは当時もありましたが……(笑)。

興津・小松(笑)。

日野冗談です(笑)未来人みたいなコメントになりましたね(笑)。正直なところ、収録中は自分の学生時代と重ねることはなかったんです。でも改めて考えると、シオンが転校してくるシーンなんかは、女性が転校してくると聞いたときの男たちのソワソワ感とか……(笑)。観返して、懐かしく思うところはたくさんありましたね。

PROFILE

興津和幸(おきつ かずゆき)
兵庫県出身。ケッケコーポレーション所属。主な出演作に「アイドリッシュセブン」(大神万理役)、「炎炎ノ消防隊」(カリム・フラム役)、「フルーツバスケット」(草摩はとり役)などがある。

PROFILE

小松未可子(こまつ みかこ)
三重県出身。ヒラタオフィス所属。主な出演作に『マジカパーティ』(ケズル役)、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(マァム役)、『半妖の夜叉姫』(せつな役)などがある。

PROFILE

日野 聡(ひの さとし)
アメリカ合衆国サンフランシスコ出身。アクセルワン所属。主な出演作に『鬼滅の刃』(煉獄杏寿郎役)、『オーバーロード』(アインズ・ウール・ゴウン役)、『バクマン。』(高木秋人役)などがある。

<上映情報>

アイの歌声を聴かせて
2021年10月29日劇場公開<配給:松竹>

▼アイの歌声を聴かせて 公式サイト
http://www.lovelive-anime.jp/

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.