インタビューココだけ | ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

第10回インタビュー:矢野妃菜喜&大西亜玖璃[「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」V-STORAGE通信]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』のBlu-ray第7巻(最終巻)がいよいよ6月25日に発売! 今回は矢野妃菜喜さん(高咲 侑役)、大西亜玖璃さん(上原歩夢役)のインタビューをお届け。Blu-ray第7巻特典のオリジナルソングCDの注目ポイントや、アニメ本編を振り返って印象に残っているエピソード、3rdライブを終えた感想などをお話しいただきました。

──Blu-ray第7巻特典「録り下ろしオリジナルソングCD7「Hurray Hurray」(歌:虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会)」の感想、注目してほしいポイントをお教えください。

大西王道のアイドルソングが来たと思って歌詞に注目したら、TVアニメの放送を終えた今だからこそ歌える曲だなと感じました。エンディング主題歌の「NEO SKY, NEO MAP!」に続く、虹ヶ咲の泣ける歌が誕生したなと。5月にライブがあったからこそ、サビ前の「泣けちゃうね」などの歌詞が余計に心に染みました。

矢野私も電車の中で聴いていたら、泣きそうになって焦りました(笑)。あなたや侑ちゃんに向けて歌っている感じがして、(泣きそうで)危ないですね(笑)。ライブでぜひ聴いてみたいなと思いました。

──Blu-ray第7巻に収録される第12話「花ひらく想い」、第13話「みんなの夢を叶える場所(スクールアイドルフェスティバル)」の見どころ、印象的だったことなど感想を教えてください。

大西第11話では歩夢ちゃんがスクールアイドルに対しての不安や侑ちゃんとの関係など、思春期ならではの悩みを抱えていましたが、第12話ではタイトルにもあるように、スクールアイドルとしての1歩を踏み出して成長を見せられたことが一番のポイントだと思います。第13話は、各メンバーにスポットが当たった回を経て観ると、皆がそれぞれのスクールアイドルをやっている姿がすごく素敵に思えました。

矢野第12話は基本的に歩夢ちゃんの成長物語ですが、侑ちゃんも、歩夢ちゃんのファンの今日子ちゃんたちから助けられていて、本当に皆で作っていく物語なんだなと感じました。第13話はライブを観た後だったので、涙なしでは観られないですね(笑)。侑ちゃんにとってスクールアイドルフェスティバルは、自分は出ていないけど自信に変えたい大事なイベントです。ライブのシーンで侑ちゃんの気持ちがより伝わってきたので、余計に平常心では観られないです(笑)。

──全13話を振り返って、印象に残っているエピソードや場面があれば教えてください。

大西第1話の「Dream with You」を歌い出す場面は、虹ヶ咲が始まった感じがしてとても良かったです。あの一連の場面は歩夢ちゃんの可愛さや、これから夢に向かって駆け出す女の子の気持ちが全て詰まっていて。アフレコの段階で完成版に少しずつ近付いていくのを見せて頂きましたが、何回観ても泣けますね。パスケースを渡すところを含め、全ての流れが完璧すぎて大好きな場面です。

矢野私も第1話は特別ですね。二人で初めてアフレコをして、すごく大変だったことも良い思い出です。階段のシーンは第12話との対比になっていて、侑ちゃんと歩夢ちゃんの成長が感じられたので、階段のシーンはどちらもすごく好きです。

──TVアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』は、ご自身にとってどのような存在の作品になっていますか?

大西皆でずっと頑張ってきて、やっとやりたかった夢が叶った場所です。自分が学生だった時よりも今の方が青春を楽しんでいる気がします。文化祭や体育祭をクラス全体で頑張るように、同じチームで一つのことに向かっていくのは学生の頃にしかできない経験だと思っていましたが、大人になってもいつでも青春できるんだなと実感できました。

矢野私はそもそもTVアニメがなかったら、侑ちゃんにもニジガクの皆にも出会えていませんでした。あまり安易に使いたい言葉ではありませんが、本当に奇跡みたいな出会いだと思っています。

──矢野さんにとって、共に歩んできたキャストたちはどのような存在でしょうか?

矢野仲間に入れてもらえてすごく嬉しいです。それと、本当に皆可愛いです(笑)。私は途中からの参加なので色々と不安でしたが、皆優しく受け入れてくれてとても嬉しかったです。ライブでも言いましたが、皆の隣にやっと立てたのかなと。TVアニメのアフレコを終えた時点ではまだ皆の後ろに立っているような気持ちがありましたが、ライブを一緒に作っていく経験を通して、やっと本当の意味で仲間になれたような気がします。

──大西さんにとって、共に歩んできたキャストたちはどのような存在でしょうか?

大西仲間という言葉が一番しっくりきますね。ライブが終わった後に、帰りのバスの中で思い出話に花を咲かせながら「このメンバーで良かったね」と話していました。変に気を使いすぎて、誰かがダンスを間違えていても指摘できないなんてこともありませんでした。本当に皆性格が良くて、巡り合えて良かったなと思える存在です。

──演じられている侑にとって、共に歩んできたメンバーたちはどのような存在だと思いますか。

矢野一人ひとりがやりたいことを真剣に頑張っている姿を見て、侑ちゃんも自分のやりたいことを見つけられたと思います。最初はきっと応援したい気持ちが強かったと思いますが、皆の真剣な姿に刺激を受け、ピアノを始めて転科試験まで受けました。それは本当に勇気がいることだと思います。周りの皆がいたからこそ、その夢を追いかけられたのかなと。

──演じられている歩夢にとって、共に歩んできたメンバーたちはどのような存在だと思いますか。

大西歩夢ちゃんが成長できたのは、侑ちゃんの存在があったのはもちろん、メンバー皆がそれぞれの背中を見せてくれたことも大きいです。スクールアイドルとしてどうしていかなければならないのかを考えるきっかけになっていたと思います。メンバーたちは歩夢ちゃんにとってもかけがえのない存在なのかなと思います。

──2021年5月8日・9日に「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 3rd Live! School Idol Festival〜夢の始まり〜」が開催されました。ライブを終えた感想をお聞かせください。

大西まず無事に終わって良かったです(笑)。メットライフドームはAqoursさんのライブで何回も観に行っている会場という印象があったので、本番前は自分がそこに立っているイメージが湧きませんでした。駅に着いた瞬間に見えた会場が余りにも大きくて、急に自分がそこに立つことを実感して、涙目になりながら会場入りしました(笑)。いざステージに立ったら、あなたが笑顔で迎えてくれたので、歌い出した瞬間に会場の大きさや緊張を忘れてライブを楽しむことができました。最初の品川ステラボール、お台場で「TOKIMEKI Runners」を歌った時の私だったら、緊張で楽しむこともできていなかったと思うので、少しずつでも成長しているのかなと思います。

矢野私はライブに参加するのが今回初めてで、会場に入っても、リハーサルをしても実感が湧きませんでした。影ナレーションでやっと緊張しました(笑)。

大西1日目のナレーション、可愛かった(笑)。

矢野1日目も2日目も沢山噛んでしまいました(笑)。皆はこんなに大きなステージに一人で立って、歌い踊っていて本当にすごいなと思いました。私は普段余り緊張しない方ですが、ピアノに手を置いた瞬間、手が震えていることに自分でもビックリしました。でも、皆がいるから大丈夫という想いで弾き切れたので良かったです。本当に夢のような時間でした。

──矢野さんがピアノを弾いている姿を、大西さんはどんな気持ちで見ていましたか?

大西2日目はなかなか演奏が始まらないからドキドキしましたが、妃菜喜ちゃんが失敗している姿が想像つかなくて、大丈夫だろうなと思って信じて見ていました。

──TVアニメ2期制作決定の発表がありました。これからの展開が楽しみですが、同好会として新たに挑戦していきたいことはありますか?

矢野今までは周りを支える立場だったので、きっとこれからは侑ちゃんが頑張っていく姿が見られると思います。ライブでピアノを弾く体験が実際にできたので、その気持ちを思い出して演じていけたらいいですね。

大西1期では歩夢ちゃんが成長する姿を見せてくれたので、2期ではどういう風にスクールアイドルを頑張っていくのかが見られたらいいなと。始まったばかりの頃よりも妃菜喜ちゃんたちと絆が深まっていると思うので、演じる側としてTVアニメでもより高まった一体感を見せていけたらいいなと思います。

──Blu-ray第7巻の発売を楽しみにしているファンの皆様へメッセージをお願いします。

矢野ライブを観てくださった方は、また新しいポイントを見つけて楽しむことができるんじゃないかなと思います。第7巻のパッケージはメンバー全員のイラストなので、そこも凝視して楽しんでください(笑)。

大西第12話と第13話は皆の成長、夢や希望が詰まっている話なので、涙なしではきっと観られないと思います。ハンカチを用意しながら楽しんで頂きたいです。何度も観ることでより深く楽しめると思うので、ぜひ繰り返し楽しんでください。

──第7巻の三方背ケースは、ライブの舞台裏をイメージしているとのことですが、イラストをご覧になった感想をお聞かせください。

大西皆ホッとしてそうだから、この笑顔はライブが終わった後かな。でも、誰も泣いてない(笑)。

矢野泣き終わった後だよ、きっと。

大西メイク直してね(笑)。そういうのを想像しながら見てもらえたら楽しいと思います。

PROFILE

矢野妃菜喜(やの ひなき)
●3月5日生まれ。兵庫県出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。主な代表作に『ワンダーエッグ・プライオリティ』沢木桃恵役、『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』キタサンブラック役、『SELECTION PROJECT』美山鈴音役などがある。

PROFILE

大西亜玖璃(おおにし あぐり)
●5月2日生まれ。愛知県出身。リンク・プラン所属。主な代表作に『まえせつ!』北風ふぶき役、『消滅都市』レナ役、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』土岐すなお役などがある。

<Blu-ray 発売情報>

■ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
Blu-ray第7巻(特装限定版)<最終巻>

発売日:2021年6月25日
価格:7,700円(10%税込)/7,000円(税抜)

TVアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」
Blu-ray 第7巻特装限定版特典CD7 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
「Hurray Hurray」

■収録内容
第12話 「花ひらく想い」、第13話 「みんなの夢を叶える場所(スクールアイドルフェスティバル)」

■封入特典
・ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
UNIT LIVE & FAN MEETING vol.2 QU4RTZ 〜Sweet Cafe〜
チケット最速先行抽選申込券
※ライブ、及びお申し込みに関する詳細は公式HPをご確認ください。
※対象公演が無観客有料配信ライブでの開催になった場合は、お申込み対象を以降に開催するライブ・イベントに振り替えさせていただきます。
・録り下ろしオリジナルソングCD7「Hurray Hurray」(歌:虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会)
・スマホアプリ「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」スクスタで利用できるシリアルコード
・ブックレット(8P)

■映像特典
・ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 2nd Live! Brand New Story 昼公演 Part3
※2020年9月12日、東京ガーデンシアターにて開催されたライブの映像を3パートに分けて収録
■他、仕様
キャラクターデザイン横田拓己描き下ろし三方背ケース


▲Blu-ray 第7巻 特装限定版<最終巻>
※特装限定版は予告なく生産を中止する場合がございます。
※商品仕様、デザインは予告なく変更となる場合がございます。

第1巻:1話収録 価格: 4,950円(10%税込)/4,500円(税抜)
第2巻以降:各2話収録 価格: 7,700円(10%税込)/7,000円(税抜)
全7巻 以降毎月1巻ずつリリース


▼A-on STORE特設ショップ
「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 グッズインフォメーション」
https://a-onstore.jp/shop/lovelive-nijigasaki/

▼ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 公式サイト
http://www.lovelive-anime.jp/nijigasaki/

▼ラブライブ!ポータルサイト
http://www.lovelive-anime.jp/

▼ラブライブ!シリーズ 公式Twitter
@LoveLive_staff / 推奨ハッシュタグ#lovelive

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.