インタビューココだけ | ウルトラマンゼロ

10年ぶりの再会!『ウルトラマンゼロ THE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国』小柳友(ラン(ウルトラマンゼロ)役)&濱田龍臣(ナオ役)対談[後編]全文掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デビューから10年、破天荒なキャラと怒涛の強さで今も第一線で活躍し続けるウルトラマンゼロ。今回、「ウルトラマンゼロ Blu-ray BOX」の発売を記念して、『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』に出演した小柳友さんと濱田龍臣さんの対談が実現。10年ぶりに再会を果たした両名に撮影エピソードやゼロの魅力を存分に語り合っていただいた。今回はロングインタビューの後編をお届けする。

──今でこそ濱田さんもウルトラマンですが、そういう意味では当時、小柳さんのゼロ役は羨ましかったのでは?

濱田そりゃ、当時はいいなぁって思いましたよ!

小柳それ、すっごい覚えてる。ロケバスでお母さんと一緒だったじゃない。

濱田はい。

小柳それで何かいじりながら、ボソッと」「あ~あ、ウルトラマンになりたかったなぁ」と呟いてるのが耳に入って来て。確かにあんなにもウルトラマン好きだったらそう思うよね。それで「ジャンバード乗ってるじゃん!」と言ったら「そうだけど……」ってちょっと不満そうで(笑)。

濱田当時はそういう気持ちもありました。

小柳でも、それが後々実際にウルトラマンになれたわけだから、本当にすごいよね。『ジード』のニュースを知ったときは、ホント泣きましたからね。濱田龍臣という人間が『ベリアル銀河帝国』からどんどん成長して言って、やってきたことは間違ってなかったんだなと心の奥底から思えて。僕自身、何かひとつ答えを貰えた気がしたんですよね。そういう意味では感謝しているし、この場を借りてありがとうと言いたい。

濱田いや、それ言ったら、僕が一番間近で、最初に見たウルトラマンは小柳さんのゼロですから!

小柳嬉しいなぁ……。

濱田当時、「カッコイイ」「こうなりてぇ!」と自分なりに思っていて、ちょっと『ジード』の話になっちゃうけど、今、こうしてウルトラマン同士で一緒にお話しているのは本当に感慨深いですよ。

小柳何か不思議な気持ちだよね。

濱田しかも今日は当時以来となる、ランとナオでナレーションまで一緒に入れることができて。

小柳「ジャンファイト!」の決めセリフも言ってたしね。あれも横で聞いていて嬉しかった。

──改めて『ベリアル銀河帝国』で活躍するゼロの見せ場を挙げるとしたら?

小柳ゼロはどんどん成長しているけど、この作品のゼロは、まだ若くて尖ってますね。勢いあるオラオラ系としては最後じゃないかな。そこがまた魅力だと思います。

濱田ウルティメイトフォースゼロとの出会いの物語でもあると思うので、オラオラ系から変わって行く最初の一歩と思いますね。単身アナザースペースに来て、ウルトラ族じゃない、全く新しい仲間を手に入れるところもステキです。しかも、めちゃくちゃ個性的な3人で(笑)。

小柳ホントによく出来ていたよね。

濱田過去の円谷プロ作品のリブートキャラで、色々な思いを込めて設定された3人がセブンの息子のゼロと絡む。

小柳先日、アベ監督と話した際にうかがったら、3人のアフレコはアドリブ合戦だったそうで、そりゃ面白くなるなって。後の作品では4人の場面は、台本はほぼあってないようなものだって。声優さんの力も素晴らしかったんだなと改めて思いました。

濱田それも含めてキャラが出来上がっていますね。そこでゼロの成長が描かれるがまた堪らないです(しばし思いに馳せる)。

──映画の冒頭のゼロの登場シーンでは、鼻こすりの仕草をしてましたが、小柳さんもやられていましたよね。

小柳あれがまたカッコいいんですよ。僕は最後の場面でやったのですが、「いつ出す?」とアベ監督と話をして決めたんです。ただ、岩田(栄慶)さんがやるとやっぱりサマになるんですけど、人間態でやるとサジ加減が難しくて、そこはけっこう話し合った記憶がありますね。

──そのゼロを演じる場面では、当時の取材でもお話されていましたが、泣きのシーンにはとても苦労されたそうですね。

小柳ええ。ベリアルに捕らわれて、みんなが助けに来る前の場面ですよね。あそこがどうしても泣けなくて。涙自体は出るんだけど、アベ監督委からは「それは小柳として泣いているんであってゼロとして泣いてくれと」と言われて、延々8時間くらい、それこそ過呼吸になりそうなくらいやったんだけど、結局、その日は監督からのOKが出なくて。翌日、「3回だけやるからね」と言って、3度目で「うーん、OK」となったけど、監督に納得がいく芝居を出せなくて、すごく悔しかったんです。それがあるから、今もこの仕事を続けられているところがあると思っています。

濱田僕は監督と何か話した記憶があまりないんですよね。録音の星(一郎)さんとかスタッフさんと話していた記憶はあるんでけど。

小柳いや、覚えてないよね。僕は先日、アベさんからうかがったのですが、その涙の翌日がアクション部のゼロの撮影だったそうなんですけど、僕の話が現場でも伝わってたから、現場はものすごく集中力と気合で、撮影が進んだそうなんです。僕としてはめちゃくちゃ凹んだ場面だったけど、そうやって少しでも影響を与えられたんだなって。

──お二人の場面だと、ジャンボットの中で、ベリアルが生きていることを知り、取り乱すランに、ナオが「億たちはバラージの盾を探す者だろ!」と言う場面がありますよね。

小柳ああ、ちょっとアホなんですけど(笑)、思いきりバンバンと壁を叩き過ぎて手がちょっと痛かった(笑)。

濱田バン!は覚えてます。実はちょっと怖かった(笑)。

小柳ほんと、無我夢中でやってたからね。

濱田ゼロがちょっと先走ってた瞬間ですよね。それをナオが落ちつかせようとする辺りで、ちょっと成長を感じました。

──そして、もう一人物語をけん引する役どころだった……土屋太鳳さんについてはいかがですか?

小柳めちゃくちゃブレイクしましたね。

濱田ホントですね。

小柳当時から現場ではすごく真面目で、台本を読み込んでアベ監督とディスカッションを重ねていたし、光るものがありましたね。気品もあるし、身体能力もあるし、きっと彼女は忙しくなるんだろうなと思ってたら、朝ドラまで出ちゃって。スタッフさんも含めてなるべくしてなったと思ってるはずですよ。

濱田僕はその前に出たNHK大河ドラマの『龍馬伝』でもお姉ちゃん役で共演していたのですが、ホントに優しいお姉ちゃんといった印象ですね。

小柳たっちゃんと太鳳ちゃんは、すごい仲良かったんですよ。すごく楽しそうにしていた。

濱田すごいことだったなって思うけど、思い返すとあんなにはしゃいでいて大丈夫だったかなと不安に思いますね(笑)。今もウルフェスに行かれているのかと思うと尊敬しますね。

小柳え、たっちゃんも行ってるんでしょ?

濱田僕はただのファンだけど(笑)。

小柳いやいや、たっちゃんのファンに囲まれちゃうよ。

濱田去年のウルフェスとか10回くらい行きましたけどね(笑)。

小柳当時3人でいることが多かったけど、僕は年がちょっと離れていることもあって、どちらかとえばたっちゃんと太鳳ちゃんが遊んでいた感じでしたね。

濱田ああ、そうですね。

小柳「たっちゃんカフェ」も二人でやっていて、僕はなぜか入れず(笑)。

濱田提供される側。「美味しい」と言ってくれるのが嬉しかったんですよ。

小柳それも今思い出したけど、ちょっと寂しい気持ちもありましたね。

濱田「はい、どうぞ」とオママゴトにつきあってくれるお兄さんでしたから。

小柳可愛かった……今も可愛いけど(笑)。

濱田ありがとうございます(笑)。

──ゼロの時間軸がまだまだ動いてるわけですけれど、今後、成長したランとナオで共演する機会があるとしたら。

小柳今、たっちゃんにはナオだけでなく、リクという役もあるから、これを上手く使って何かできないかなって思うけど。

濱田今の技術なら全然できると思いますね。ジャンバードもいるし、『ジード』の劇場版でフリがあったんですよ。

小柳そうなの?

濱田リクとしてジャンボットの前で「ジャンファイト」をさせられました(笑)。アフレコの際に「大きくなった」って話題で持ち切りだったと聞きました(笑)。このサイズでナオの衣裳を着るとどうなるかな? そこはちょっと楽しみですね。

小柳同じ衣裳でサイズだけ変えて。

濱田一昨年のウルフェスで、当時のラン、ナオ、エメラナの衣裳が展示されていたんですよ。

小柳ああ、俺もアベさんとトークした際に展示されていて、ナオの衣裳、こんなに小さかったんだって(笑)。

濱田僕の感想と全く一緒(笑)。

小柳そういえば、ベリアルはホントに死んだの?

濱田これは朝倉リク役として、ウルトラマンファンの濱田龍臣として、色々な見方がありますね。『ジード』の最終回で決着が付いたんだけど、最後爆炎が一瞬ベリアルの顔になったのが僕的には何か意味深に思えるし(笑)。ゼロがずっと戦ってきて倒す度に蘇ってきて、それがまたライバルとしての立ち位置だったと思うけど、クローンとはいえ息子のジードが倒す、それがまたキレイな終わり方だったと思うんです。だけど、濱田龍臣としては、やっぱりベリアルのキャラもいいんだよなぁって(笑)。

小柳それはすごく分かる!(笑)。

濱田ウルフェスでベリアルと戦うトレギアの2ショットが超カッコ良かったんですよ! ホント泣きましたからね。一眼(レフ)構えていたけど、見入っちゃって取り損ねてしまいました(笑)。だからキャラとしては観たい、というのが正直な気持ちです。

──今後、ナオとランとして出演するとしたら?

小柳惑星アヌーは今平和だけど、平和ってことは再び悪が蔓延る可能性もあるし、そうしたら出られるんじゃないかな。

濱田ゼロはいくらでも時空を行き来できますからね。

小柳そしたらまた融合できる。それともたっちゃんが入る?

濱田おおおっ! なるほど、なるほど。可能性が無限過ぎてヤバイですよ。なんか夢が広がりますね。

小柳ゼロアイでの変身もあったけど、今やってあの感じが出せるかなぁ。

濱田ゼロアイも新しくなりましたからね。

小柳劇中、3度やったけど、撮影も大変でしたね。顔の中心に合うように何度もやりましたね。特に回転しながらの変身は撮影中は「どうなるんだろう?」と思っていたけど、映像を観て「こうなるのか!」と思いましたね。かなり高速回転していて驚きました。

──今回、色々と話をうかがいましたが、改めて、再会していかがでしたか?

小柳10年前に一緒に作品に関わって、同じ空気を吸っていたわけですが、当時のままの純粋さを持ちつつ、いい大人に成長したなって。今日はホントに会えて嬉しかった。良い酒が呑めそうですよ(笑)。

──お酒といったら濱田さんも先日、20歳を迎えられ、SNS上でも話題になりましたよね。

濱田そうなんです。20歳になりました(笑)。

小柳そっかぁ、当時、太鳳ちゃんから「20歳になったらお祝いして下さいね」と言われていて、「だったら、たっちゃんが20歳になったら、みんなでお祝いしよう」って話していたんですよ。今はこの状況だけど、いつか実現できたらいいなと思いますね。

濱田僕は当時のままのラン兄貴がいてくれて嬉しかったです。それこそ10年前はただのガキンチョだったので(笑)、こうして会うのはこっ恥ずかしさもありつつ、一緒に話せて嬉しかったです。いつも一人で取材を受けることが多いから、こういう機会ってなかなかないんですよ。

小柳話してみると思い出すもんだね。

濱田僕も色々と思い出すことができたので、この時間だけ2010年に戻れて幸せでしたね。

──ゼロの歴代作品がBlu-ray BOXとなって発売になります。作品に関わったお二人からアピールをお願いします。

小柳いや、ほんとにすごいことですよ。テレビシリーズもないのに、こんな豪華なBOXが出るなんて、愛され続けてきたひとつの結果ですよね。先日、岩田栄慶さんと再会した際も、心の底から笑い合い、号泣されていて、ホント熱いな!って思ったんだけど、その熱い気持ちがあるから、これだけ作品が続いたんだと思うし、そこは伝わってくれると嬉しいです。それと新規映像特典のインタビュー集は、皆さんがゼロについてどう思われているのか、僕自身も楽しみですね。

濱田めちゃくちゃ豪華ですよね! 『ウルトラ銀河伝説』から『ゼロファイト』まで6作品も収録されていて、これを観れば、ゼロがこれまでどういう戦いをくぐり抜けてきたか全てを観ることができますし、これでゼロがカッコいいな!と思って下さった皆さんには、是非、その続きの『ジード』も……(笑)。

小柳うまいですねぇ。やるねぇ(笑)。

濱田成長して兄貴分になったゼロを観ていただければ嬉しいです!

──最後の質問です。歴史を紡いできた思い、そして最後にシリーズへのエールをお願いします。

小柳歴史あるウルトラマンシリーズに出演して、長いリレーの中でバトンを渡さなくちゃという気持ちがあったけど、次の『サーガ』のDAIGOさんに渡せたと思ったし、それがここまできたんですよね。リレーはまだまだ続いているし、もし次の周年があるなら、それまでにはたっちゃんと一度共演できたらいいなと思いますね。

濱田そうですよね!

小柳というわけで、お仕事まってます(笑)。

濱田『サーガ』でレジェンドの皆さんが出演されていたのですが、ずっとウルトラマンが好きな身からすると、それってすごいことだと思うんです。50周年を越えてなお出演して下さる愛ってとてもステキなものだし、僕自身も見習いたいと思っています。そして、それが始まった瞬間が、僕にとっては『ベリアル銀河帝国』で、ウルトラマンの作り手として参加できてすごく幸せだったし、『ジード』を経て、今もご縁があって色々な機会に関わらせていただいていますが、どこへ行ってもファンの皆さんの笑顔があり、そのおかげで自分たちも輝かせてもらっています。もちろん自分たちが作品を作る上でも楽しんでいるので、それが少しでも伝われば嬉しいかなと思っているし、この先、もし100周年でも70歳いくかいかないかくらいなので(笑)。

小柳そうか!

濱田なので、その頃でも変身していたいと思います。生涯現役ウルトラマンとして生きていきたいと思うので、100周年でも「ジーッとしてても、ドーにもならねぇ!」」って言ってたいなと思います!(笑)。

対談[前編]はコチラ!

PROFILE

小柳 友(こやなぎ ゆう)
1988年8月29日生まれ。東京都出身。2006年に映画『タイヨウのうた』で俳優デビュー。本作は映画初主演作となる。また。08年には映画『トウキョウソナタ』で高崎映画祭最優秀新人男優賞受賞。主な出演作に映画『阪急電車 片道15分の奇跡』(11年)、『BLEACH』(18年)、ドラマ『石の繭』、『小説王』、『八つ墓村』、舞台『岸 リトラル』、『すべての四月のために』、『ピサロ』などがある。

PROFILE

濱田龍臣(はまだ たつおみ)
2000年8月27日生まれ。千葉県出身。子役として活躍し、NHK大河ドラマ『龍馬伝』、『怪物くん』、そして本作と多数の作品に出演。17年には『ウルトラマンジード』で主演を務めたほか、テレビ『モブサイコ100』、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』、映画『記憶にございません!』、『ブレイブ -群青戦記-』、舞台『大地』、『オレステスとピュラデス』など若手実力派俳優として、映画、テレビ、舞台と幅広く活躍中。

 


ウルトラマンBlu-ray&DVD パーフェクトガイド
https://v-storage.bnarts.jp/sp-site/ultraman-perfectguide/

円谷プロダクション 公式Twitter
@tsuburayaprod

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.