インタビューココだけ | モンスター娘のお医者さん

10月28日 Blu-ray&DVD第1巻発売記念『モンスター娘のお医者さん』大西沙織(サーフェ役)、ブリドカット セーラ 恵美(ティサリア役)、嶋村 侑(アラーニャ役)スペシャル座談会[モンスター娘のお医者さん V-STORAGE出張診療所]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVアニメ『モンスター娘のお医者さん』Blu-ray&DVD第1巻が10月28日に発売! 発売を記念して、大西沙織さん(サーフェ役)、ブリドカット セーラ 恵美さん(ティサリア役)、嶋村 侑さん(アラーニャ役)、モンスター娘を演じた3名のキャストによるスペシャル座談会が実現。アフレコ現場でのエピソード、各キャラクターの印象など、ここでしか聞けない貴重な話が盛りだくさん!

──最終回までの放送を終えてのご感想をお伺いできますでしょうか。

大西毎週、モンスター娘のみんなが滑らかに動いているのを見ては「これを作るのは大変だったんだろうな」と思っていました。モンスター部分を細部まで描いて、それを動かし、かつ12話分作る大変さ……スタッフさんたちの頑張りと愛を感じる作品でしたね。改めて12話を見終えた時に、私たちの周りに実際にはいないはずのモンスター娘がどこかにいて、サーフェやティサリア、アラーニャたちが生活しているのでは、と思わせてくれたのもすごく素敵でした! 原作者の折口良乃先生がモンスター娘の生態をリアルに追求してくれたからこそ、そう感じられたのかもしれません。

ブリドカット言いたいことを大西さんが全部言ってくれたような感じですね(笑)。私個人としては1話から、いわゆるアニメ絵、2Dの部分と、3Dを駆使している部分がキレイに溶け込んでいるのがすごく感動的でした。

嶋村え! どういうところが3Dだったの?

ブリドカットモンスターの部分、ティサリアなら脚とか、サーフェなら尻尾とか、3Dですよ?

嶋村そうなの!? 全話観たのに全然気づかなかった!

大西&ブリドカット(笑)。

ブリドカット私も、2Dと3Dのミックスをここまで違和感なくさせたのは『モン医者』が初めてなんじゃないかな、と思うくらいびっくりしました。融合の仕方が本当にナチュラルで。気づかずに観られていた視聴者さんは、侑さん以外にもいらっしゃったのではないでしょうか。そのクオリティを維持しながら12話、コロナ禍の中にも関わらず最後まで走り切っていただいたことに本当に感謝です。それにアフレコ現場でも、良いお芝居をみなさんに引き出していただいたりしたので、キャストだけでなくスタッフの皆さんを含めて、改めて素敵な座組みだったんだなと感じました。

嶋村私はあまりモンスター娘という文化に詳しくなくて。モンスターは敵だったり、倒される側のイメージが強かったんです。そんな私が、放送を通して観て「可愛い!?  私モンスター娘いけるかも!」と思わされたのが、折口良乃先生や岩崎良明監督の思惑にハマったところなのかなと(笑)。

──アフレコ現場で楽しかった、印象的な思い出を教えてください。

大西私は、侑さんがずっとアラーニャの方言を練習していたのが印象的でしたね。

嶋村だってみんなが周りで標準語を使って雑談するから、それに引っ張られちゃうんだもん!

ブリドカット方言があるのはアラーニャだけでしたもんね(笑)。

大西面白かったのが、侑さんが収録ブースをバーン! と飛び出してロビーに行ったと思ったら「ダメだ! 標準語が耳に入って! ダメだ!」と言って一人で練習していたことですかね(笑)。

ブリドカット覚えてる覚えてる(笑)。

嶋村あったねー! 私もついつい普通にお喋りに参加したくなっちゃうから…私だけみんなと雑談しづらかったです(笑)。楽しかった思い出は、妖精さんが可愛かったことかなぁ。アフレコ中の癒しの時間でした。

ブリドカット可愛かったですよね!

大西「がんばるー」とか、「待ってよー」と言う妖精さんが可愛くてほっこりしましたね(笑)。

ブリドカット私は1話でティサリアが蹄鉄をつけられるシーンのアフレコが印象に残っています。台本に「ヒィィィィィ」というティサリアの叫びが書いてあるのですが、その後に「(馬のいななき的に)」と補足があるんです。普通に叫ぶと面白くないし、ケンタウロスだし、書いてある通りにとことんやってみようと思って、本当に馬らしく鳴いてみました。土岐さんにも「あ、馬のいななきですね」と言われたのを覚えています(笑)。

嶋村土岐さん、素直な感想(笑)。

大西(笑)。 思い出……あとは何かあったかなぁ。

ブリドカット大西さんと言えば、酔っぱらったことがない話じゃない?

大西そうだ! サーフェはお酒を飲んで酔っ払っちゃうシーンがよくあるのですが、私はまったくお酒が飲めなくてですね。酔っぱらうという演技の引き出しというか、経験が無くて。自分が生きてきた経験とか見てきたものを吸収して、演技の引き出しを開けていくのですが、酔っぱらうシーンは完全に私の想像で出来ています(笑)。

──みなさんが演じられたキャラクターについての印象をお伺いできればと思います。まずはサーフェについての印象をお聞かせください。

嶋村サーフェについての印象は、アラーニャが全部作中で言ってくれましたよね。嫉妬ばっかりで、「ほんにサーフェは可愛らしいなぁ」みたいな(笑)。止まらない、あふれ出ちゃう嫉妬がもう、可愛くて可愛くて(笑)。

大西ラミアの嫉妬深さも感じられて良いですよね(笑)。でも、ヒロインが次から次へと出てきちゃうから不安になるんですよ、サーフェは! みんながグレン先生のところにくるから(笑)。

ブリドカットティサリアは特に真っ直ぐぶつかっていくから、サーフェからしたら「今まで穏やかだったのにとんでもないのがきた」みたいに感じたのでは(笑)。

嶋村そこでむくれている感じとか、尻尾で感情表現するところとかが可愛い。端から見たら、グレン先生との関係性でサーフェに敵う子なんていなさそうなのに、嫉妬してる(笑)。

大西サーフェって嫉妬はしても、むくれた顔のまま何も言わないカットって意外と多いんですよね。それって、むくれているのにその想いをぶつけられない切なさもあるシーンなんです。グレン先生の姉弟子なので、診療所では先生をサポートして包み込める、一歩引いた良い女の立場にいなければと思う部分もあって。素直に感情をぶつけられるティサリアたちを見て、いいな~と思っていました。それに、サーフェって涙腺が無いから泣けないんですよね。私は涙腺がゆるくて、日常的にすごく涙が出るんですけど(笑)。気持ちをため込んだ時、憤った時に泣いたら、解決していなくてもすっきりする発散力みたいなものがありますよね?

ブリドカット&嶋村あるある。

大西それが物理的にできないサーフェだからこそ、自分の中で感情が渦巻いて不安になる部分が他の人より大きいだろうと思ったんです。7話でアラーニャとティサリアに感情を爆発させるシーンも……泣けたらいいのにと、ずっと考えていました。でも泣けないんです。泣く芝居まではいけないので、感情は抑え過ぎず、けれど泣きたい気持ちを閉じ込めるように演じるのが難しかったです。

──ティサリアの印象はいかがでしょう?

大西1話でティサリアが出てきた瞬間のパワーがすごくって。物理的にも……一緒にアフレコしているとうるさかったです……(笑)。良い意味でね!(笑)。

一同(笑)。

ブリドカットそれはもうかなりの声量で演じさせていただきました。口上は特にうるさかったのでは……(笑)。あと、1話の収録時点で音響監督さんから「ティサリアは(他人との)距離感を無視していいです」ということを言われていて。とにかくパワフルな子なんだなと(笑)。もちろん場面場面での距離感とか、空気感は分かっている子ですけどね!

嶋村カーブみたいな変化球がない、全部ストレート! な子で、すごく気持ちのいい人だよね。

ブリドカット自分の気持ちに素直で真っ直ぐなのが清々しいですよね。凛々しくて力強さはありつつも、どこか寂しがり屋さんなので、そういうところはお芝居として意識していました。演じていて気持ちよかったです。

大西私は耳と尻尾が可愛いなって思いました。耳がピコピコ、尻尾がパタパタって揺れるのがとにかく可愛らしくて。

嶋村分かる! 闘技場で相手に勝利した時の、ドタバタと前や後ろに跳ね回る馬特有の動きも可愛いかったですよね。

──アラーニャの印象はいかがでしょうか。

ブリドカット最初にキャラクターデザインを見た時から、めちゃくちゃセクシーだなと。妖艶というか。それでいて侑さんの声を聴くと、可愛さもあるんですよね。色気もあって可愛らしさもあってというのは、侑さんの声色とお芝居の組み立て方が本当に合っていたからあのアラーニャにハマったんだなとすごく思いました。

嶋村私もデザインから妖艶さを感じたので、そこは意識していたのですが、声色の調整にまで気が回らないことも多かったので、どうだったのかな……(笑)。

大西色っぽくて美しくて可愛かったですよ! 侑さんの声を聴いた時に、アラクネ族が紡ぐ繊細な糸みたいなものが見えましたもん! アラーニャは話が進むにつれてどんどん愛おしくなっていったキャラでもあります。最初は恋人を共有しようとするあぶない人、というイメージだったのですが……そこにアラーニャなりのいじらしさとか愛らしさがあるんだなというのが分かってきたので。方言がいわゆるキャラ付けのためのものだったというのも良かったですよね。

嶋村サーフェに「貼り付けた個性」と言われた通り、アラーニャが方言を使っているのは、その方がそこに居やすくなるから。私は勝手に「アラーニャ弁」だと思っていて。それを使えば上辺だけの付き合いもこなしやすいんだと思います。でも、幼馴染のサーフェに加えてティサリアという、ありのままを受け入れてくれる友達が出来て。グレン先生という好きな人も出来て、特定の場では素が出せるようになったのが彼女の変化の象徴でしたね。『モン医者』という作品の中で、最も幸せになった、欲しいものを手に入れた人の一人だなと思っています。

──楽しいお話をありがとうございました。最後に、10月28日にBlu-ray&DVDの第1巻が発売となります。発売を楽しみに待っているファンの方々にメッセージをお願いします。

大西1話から侑さんが気づかないくらいの3Dと2Dの見事な調和、素晴らしい技術を発揮されています(笑)。ぜひぜひみなさんお手に取ってご覧になっていただければと思います。Blu-rayに収録されている話数内だと、サーフェ的には4話がすごく大事なお話ですので、そこにも注目していただきつつ、モンスター娘の魅力をたっぷりと感じてください!

ブリドカット『モン医者』は1話から、舞台になるリンド・ヴルムの世界観がよく表されているんです。3Dと2Dの融合も素晴らしいと思いますし、いろんな種族も出てきます。そして、私が演じているティサリアが暴れまくっているのも1話です(笑)。放送時に観ていただいた方も、観ていない方も、ぜひ細部までじっくりと、Blu-ray、DVDが擦り切れるくらい楽しんでいただけると幸いです(笑)。Blu-rayの特典も豪華だよ~!

嶋村今回1巻に収録されているお話の中では、アラーニャはあまり出ていないのですが、サーフェやティサリアをはじめとして、登場するモンスター娘がとにかく可愛いので、ぜひ1巻から最終巻までコンプリートして愛でてください!

PROFILE

大西 沙織(おおにし さおり)
8月6日生まれ。千葉県出身。主な出演作は『冴えない彼女の育て方』澤村・スペンサー・英梨々役、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』アイズ・ヴァレンシュタイン役、『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』桃坂真理愛役など。

PROFILE

ブリドカット セーラ 恵美(ぶりどかっと せーら えみ)
2月5日生まれ。福島県出身。主な出演作は『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』東郷紗利奈役、『盾の勇者の成り上がり』マイン役、『デート・ア・ライブ』八舞夕弦役など。

PROFILE

嶋村 侑(しまむら ゆう)
4月18日生まれ。東京都出身。主な出演作は劇場版『Gのレコンギスタ』アイーダ・スルガン役、『Go!プリンセスプリキュア』春野はるか(キュアフローラ)役、『進撃の巨人』アニ・レオンハート役など。


Blu-ray 第1巻(特装限定版)
2020年10月28日発売
価格:¥15,000(税抜)
品番:BCXA-1552


DVD 第1巻
2020年10月28日発売
価格:¥5,000(税抜)
品番:BCBA-5008

 

関連記事

2020年7月放送開始!TVアニメ『モンスター娘のお医者さん』Blu-ray&DVD 第1巻10月28日発売決定!!

『モンスター娘のお医者さん』Blu-ray先着購入特典、店舗別オリジナル特典のご案内 <対象店舗限定>


モンスター娘のお医者さん 公式サイト
https://mon-isha-anime.com/

モンスター娘のお医者さん 公式Twitter
@mon_isha_anime / ハッシュタグ#モン医者 #m_doctor

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.