インタビューココだけ | 荒野のコトブキ飛行隊 完全版

9月11日公開記念!『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』鈴代紗弓(キリエ役)&幸村恵理(エンマ役) スペシャル対談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVシリーズをもとに再編集し、新作カットを加える形で劇場版として生まれ変わった『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』。TVシリーズの音響はステレオ、Blu-rayでは2.1chの収録もあったが、劇場版では7.1chの立体音響として大幅にパワーアップ。空戦シーンの臨場感もより高まった仕上がりとなっている。今回は、キリエ役の鈴代紗弓さんとエンマ役の幸村恵理さんに、『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』のMX4D版を体験した感想、新作エピソードの収録、作品への想いなどについて話を伺った。

自分がパイロットとして機体を操縦しているかのような感覚でした[鈴代]

──まずは、本作『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』をご覧になった率直な感想からお聞かせください。

鈴代こんなに劇場版に向いている作品は他にないんじゃないかと前から思っていましたが、やっぱり想像した通りでした。特に、劇場の音響を活かした空戦シーンは凄かったです。MX4Dでの臨場感も凄まじくてかなり鳥肌が立ちました。

幸村本当にその通りですね。MX4Dになったことで、戦闘機での闘いがより魅力的に、皆さんに伝わりやすくなったと思います。それを体験できたことが本当に嬉しいですし、ぜひ劇場でご覧になって頂きたいです。

──本作は主観視点が多いので、4Dとの相性も良いと思いますが、MX4D版を体験されてみた感想はいかがですか?

鈴代戦闘機に乗っているシーンで気付いたんですけど、機体毎にMX4Dのアプローチの仕方がちょっとずつ違いました。敵から攻撃された時のアクションの場所も違うので、本当に自分がパイロットとして機体を操縦しているかのような感覚でした。

幸村私は手に汗を握って、とにかく疲れたという記憶が…(笑)。

鈴代いい疲れですよね(笑)。劇場ではあまり声を出せないと思いますが、これ声出さないでいられるのかなって思うくらい本当に凄いです。コトブキおじさんもお姉さんもぜひ心の中でたくさん叫んでいただきたいですね(笑)。

幸村我慢しないで、起こる出来事全てを楽しんで欲しいです。煙や風だけでなく匂いもあるので、一瞬でイジツの世界に入ることができましたし、本当にワクワクする体験なので、ぜひあの世界を感じて頂きたいです。

鈴代アフレコの時は、実際に戦闘機を操縦した経験がないので映像から想像を膨らませることしかできなかったんですけど、今回MX4Dでそれに近い感覚を体験できました。こういう状況下でキリエたちが闘っていたことを知れて、とても嬉しかったです。体験後に、MX4Dの監修に携わっている方にお話を伺ったんですけど、パンケーキも何種類かある香りの中で一番近いものを選んでいるそうです。かなり丁寧に作り込まれているんだなと感じました。

幸村あとは、ドードー船長が動いている時も振動があるので(笑)。羽ばたきの強さを感じて頂ければと思います。

鈴代人の動作にも振動が付いている時があるので、不意打ちにビックリすることもありました。

幸村だから、一緒にいるような感覚で、キャラクターたちとの距離を近く感じました。

──戦闘機毎に振動が違うというお話がありましたが、その効果はいかがでしたか?

幸村隼は“ガガガガガッ”って感じでした。

鈴代私は“ズンズンズン”という重低音を感じました。

幸村雷電は違ったよね?

鈴代雷電と震電改はかなり違いました。

幸村“シューン”って感じがしました。これはもうMX4Dで観ないと分からないですね(笑)。この感覚は言葉では伝えられないです。

鈴代言葉にはしにくいけど、違いはあるよね(笑)。

幸村しかも、劇場ですから、音が立体的に感じられるのが豪華ですよね。

鈴代音響がただでさえ凄いのに、そこにあの映像と動きが付いたら、もうテーマパークですよ(笑)。

──先日5.1chで通常版をご覧になったとのことですが、パワーアップした音響はいかがでしたか? 7.1chへの期待もお聞かせください。

鈴代TVシリーズの時から、とにかく音響周りのスタッフさんの音へのこだわりは凄かったですね。当時ダビング(音響作業のひとつ)を見学させて頂いたんですけど、ちょっとずつ音の弾け方が違っていました。

幸村隼を知らないはずの私が、これは隼の音だと実感できて。スタッフの皆さんが細かく調べて音を作り上げてくださったおかげで、私たちもより実感を持って戦闘機を感じることができました。今回の劇場版はまたさらにバージョンアップしているので、一体どこまで行くのか想像ができなくて、ワクワクが止まらなかったです。

鈴代前後左右どこから音が来るのか分からないから、TVシリーズでは味わえなかった距離感も感じることができました。そう考えると、一体7.1chはどうなっているのか…。

幸村本当に楽しみです。

髪の毛を下ろしたエンマちゃんを観たい人は絶対に皆さん観に行った方がいいです(笑)[幸村]

──本作で追加された新作エピソードの収録はいかがでしたか?

鈴代やっぱり楽しかったです(笑)。アプリゲームなどでキャラ自体は演じていましたが、TVシリーズのあの掛け合いやテンポ感は特別ですね。故郷に帰って来たかのような気持ちでした。

幸村あの6人の関係性に安心するんですよね。また戻って来られたんだなと凄く嬉しかったです。

鈴代新作エピソードは、TVシリーズでは知ることのできなかった部分の裏話が描かれるのですが、そこを知れたのは本当に嬉しかったですね。

幸村そうなのよ、本当にそれ! 今回、イサオの裏の動きがより分かりやすく描かれているんですよ。それが憎たらしくて(笑)。

鈴代人間味があって、私は愛着湧いたかも。

幸村今までは「コトブキ飛行隊」視点がメインだったけど、今回はイサオやサブジーといったサブキャラクターの話もより分かりやすく描かれているので、文字通り完全版の『荒野のコトブキ飛行隊』を楽しんで頂けると思います。

──収録の際のエピソードがあれば教えてください。

鈴代個人的な話ですけど、キリエはもっとやっていいですと言われました。あの朗らかな感じで水島(努)監督から久々にディレクションを頂いて。

幸村今回の劇場版のキリエは、「コトブキ飛行隊」が結成される前だから、一匹狼のような雰囲気でやってくれって言われてなかったっけ?

鈴代そうだね。「コトブキ飛行隊」に入る前のシーンは空気感が違って聴こえていたら良いんですけど。あと、少女期のシーンもあったので。

幸村それ! 少女期のエンマちゃん、本当に可愛いんです!! 髪の毛を下ろしたエンマちゃんを観たい人は絶対に皆さん観に行った方がいいです(笑)。

鈴代TVシリーズの時にも幼少期のシーンはあったんですけど、あのキリエよりはもう少し成長した年齢でエンマと出会っていて、あのちょっとした出会いのエピソードだけでもかなり素敵でした。

キリエじゃなくても、パンケーキ食べたくなりましたね(笑)[鈴代]

──本作はTVシリーズの名場面が凝縮されていました。MX4Dへの期待が高まるような場面で、お二人のお気に入りのシーンがあればお教えください。

鈴代最後の市街戦も凄かったんですけど、その前に驚いたのが、チカがやられて墜落するシーンです。機体がグルグル回りながら落ちていくんですが、螺旋状に落ちていくあの感じを再現する座席の動き方が凄くて印象に残りました。

幸村撃墜された方がもしかしたら臨場感味わえるかもしれないね(笑)。

鈴代うん、かもしれないね(笑)。

幸村エンマちゃんが橋のところで落ちた瞬間も臨場感が凄くて、手に力が入り過ぎて肩が凝っちゃうんじゃないかと思うくらいでした。オススメが撃墜シーンばかりだとダメですかね(笑)。あとは、やっぱりキリエの発進シーン。

鈴代あれはドキドキしたね。

幸村第1話の、羽衣丸から最後にキリエが発進するシーンは、個人的に本当に楽しみにしていました。座席も画に合わせて前に動いて、離陸の瞬間のフワッとなる感覚も本当に上手くMX4Dで再現されていて。物語の最初なので皆さんにも味わって頂きたいですね。

鈴代一人称視点の画面とシンクロして座席が動くところは、とにかく凄かったです! 戦闘機に乗ったら本当にこんな感じなのかなと。それと、パンケーキの香りは癖になりました。キリエじゃなくても、パンケーキ食べたくなりましたね(笑)。

幸村本当にいい香りだよね。

鈴代あと、風も凄かったですね。気持ち良い風だった。

幸村本当に細かく再現されていて、墜落した時にしっかり水飛沫も感じました。

鈴代煙もあって、こんなにアクションが多いんだって驚きました。

幸村二人ともMX4D初体験だったんですけど、初めてが『コトブキ』で良かったですね。

──もしも、キリエとエンマが一騎打ちをするとしたらどのような展開になり、どのように決着すると思いますか?

鈴代エンマはずっと追跡してくる方じゃないですか。だから、追いかけられるかな。

幸村キリエは正確に飛ぶって言われているけど、どちらかと言うと感情に左右されるタイプでしょ。

鈴代といいつつ、あの子は基本のパラメーターが全部高いから、何でも対応できちゃう。だから、アレンの赤とんぼの時も、ケイトとバディ組んだ時も全部やってのけちゃうし。何だかんだエンマちゃん撃墜されちゃう気がする。

幸村う〜ん、私もそんな気がしているんだけど、それでもどう攻めようかなと思って。絶対に最初に優位に立つのはエンマなんだけどね。

鈴代戦闘機は後ろを取られたら攻撃されちゃうから、まずエンマが後ろを取るじゃん。追跡されるんだけど、どこかで逆転しそう。

幸村雲とか利用してきそうだよね。いつの間にかキリエに後ろを取られて、エッと思った瞬間にバンって撃たれて終わり。

鈴代それか、言葉でイジって怯んだ瞬間に、後ろに回って(笑)。

幸村それはズルいよ〜。でも、エンマちゃんがキリエに勝つ姿が想像できない(笑)。

鈴代これは二人の総意ですね。最初はエンマちゃんが優位で、あとからキリエが逆転する。

幸村終わった後は、「エンマなんか大したことないよ」って言いながらパンケーキを食べてそうですね。それを見ているエンマはイライラしながら持っている紅茶をプルプルしてそう(笑)。

鈴代レオナやザラさんになだめられながらね。

幸村気にしてないキリエはチカに勝負を持ちかけたりして。

鈴代ドラマCDで「コトブキ内模擬戦」やったら楽しそうだね(笑)。

イジツの世界で思いっきり空を飛んで楽しんで頂ければと思います[幸村]

──それでは最後に、TVシリーズ放送終了から1年が経ち、世の中の状況が大きく変わりました。そんな中、劇場公開が9月11日(金)に決定した本作への想いをお聞かせください。

鈴代まずは、ここまで読んで頂きありがとうございます。TVシリーズ以外にもアプリゲームなど色々と展開させて頂きました。2月にイベント「立飛のコトブキ航空祭」を開催し、9月に劇場版公開と、こんなに幸せな流れはないです。今は大変な状況ではありますが、あまり外に出歩けない分、『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』を観て空戦を楽しんで頂けたら嬉しいです。色んなこだわりが詰まった作品なので、ぜひ最後まで観て感じて頂けたら幸いです。よろしくお願いします!

幸村2月に劇場版のことを伺って、まだかなと楽しみに待っていたんですが、あっと言う間に月日が流れてしまいました。嬉しいと同時に、もう劇場版が公開されるのかという想いもありますが、そんなことが吹き飛んでしまうくらい本当にこの作品の全てが面白いです。戦闘機のバトルシーン、動いている時の風や香りなど、細部までこだわって作られているので、大人から子供まで楽しめる作品になっています。外に出られない分、イジツの世界で思いっきり空を飛んで楽しんで頂ければと思います。

鈴代&幸村こんなに完璧な形でお届けできるものはないので、ぜひMX4Dでご覧ください!

MX4D体験PV
今話題の『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』MX4Dを体験してみた~!

PROFILE

鈴代紗弓(すずしろ さゆみ)
2月4日生まれ。神奈川県出身。主な出演作は『ハイスコアガール』大野晶役、『ぼくたちは勉強ができない』武元うるか役、『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』ワイズ役、『モンスター娘のお医者さん』イリィなど。本作ではキリエの声を担当している。

PROFILE

幸村恵理(ゆきむら えり)
12月6日生まれ。埼玉県出身。主な出演作は『とある魔術の禁書目録III』対馬役、『ライフル・イズ・ビューティフル』茅守鈴役、『あひるの空』吉野役、『ミュークルドリーミー』今井ことこ役など。本作ではエンマの声を担当している。

映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』情報

『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』
2020年9月11日(金)より全国ロードショー!

来場者特典情報はこちら

劇場グッズ情報はこちら

スタッフスペシャル対談はこちら

【スタッフ】
監督・音響監督:水島努/シリーズ構成:横手美智子/脚本:横手美智子 吉野弘幸 檜垣亮/メインキャラクター原案:左/キャラクターデザイン:菅井翔/ミリタリー監修:二宮茂幸/ミリタリー設定:中野哲也 菊地秀行 時浜次郎/設定協力:白土晴一/3D 監督:江川久志/テクニカルディレクター:水橋啓太/総作画監督:中村統子/美術監督:小倉一男/色彩設計:山上愛子/撮影監督:篠崎亨/編集:吉武将人/音楽:浜口史郎/音響効果:小山恭正/サウンドミキサー:山口貴之/エンディング主題歌:コトブキ飛行隊「翼を持つ者たち」/制作:デジタル・フロンティア/アニメーション制作:GEMBA/作画制作:ワオワールド

【キャスト】
キリエ:鈴代紗弓 エンマ:幸村恵理 ケイト:仲谷明香 レオナ:瀬戸麻沙美 ザラ:山村響 チカ:富田美憂
マダム・ルゥルゥ:矢島晶子 サネアツ:藤原啓治
アンナ:吉岡美咲 マリア:岡咲美保 アディ:島袋美由利 ベティ:古賀葵 シンディ:川井田夏海
ナツオ:大久保瑠美 ジョニー:上田燿司 リリコ:東山奈央

【イントロダクション】
一面荒野が広がる世界、“イジツ”――。
ある日、空に“穴”が空き、そこから色々なものが降ってきた。中でも“ユーハング”がもたらしたものの影響は大きく、とりわけ飛行機の存在によって人々の生活は激変。以降、世界の潮流は空へと移っていった。
時は流れ――、空には商船とその用心棒、荒くれ者の空賊など、さまざまな人々が飛び交っていた。オウニ商会の雇われ用心棒“コトブキ飛行隊”は、空を飛ぶことが大好きな、女の子だけのスゴ腕パイロット集団。
彼女たちは愛機である隼一型とともに、イジツ全体を巻き込む大きな戦いへと立ち向かっていく――。


▼荒野のコトブキ飛行隊 公式サイト
kotobuki-anime.com
▼荒野のコトブキ飛行隊 公式Twitter
@kotobuki_PR / ハッシュタグ: #コトブキ

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.