インタビューココだけ | ガールズ&パンツァー 最終章

第23回あんこう祭 大洗女子学園あんこうチームキャストインタビュー[ガールズ&パンツァー 大洗女子学園掲示板]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月17日(日)に大洗町で開催され、多くの来場者で賑わった「大洗あんこう祭」。今年もキャストトークショーステージには、あんこうチームキャスト5人が全員集合! そのステージに出演した直後のみなさんに、イベントを終えた感想、そして2月にBlu-ray&DVDの発売を控える『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話に関する感想などを語ってもらった。

──あんこう祭で『ガールズ&パンツァー』のトークイベントが行われるのが今年で8年目になりますが、8回目の参加という部分も含めて感想をお聞かせください。

渕上毎年お邪魔させていただいてその年ごとに思い出があるんですが、数字的な部分になると、やっぱり「8年目」と言われると、いよいよ「10年」が見えてきたという感じがしますね。

尾崎確かに、「10年」が見えてきた感じがするよね。来場者数も「毎年増えているな」ということを意識していたけど、途中からあまりに多くなって増えていることすら認識できない状態で。

中上毎年MAX状態ですからね。初年度もいっぱいだったけど、さらに2年目、3年目と増えていくのを感じていたのに、最近は多すぎて増えたかどうかわからない。

茅野初めて来た大空(直美)ちゃんがビックリしていたね。控え室のテントの中だとどれくらい人がいるかわからないから、出た瞬間に驚くんだよね。

井口ステージからみるあの景色は圧巻なので。確かに初めてだとビックリするよね。

茅野大空ちゃんの反応を見て、初めてのあんこう祭の時を思い出した。私たちもすごくビックリしていたなって。

井口本当に凄い。青空の下でやるイベントというのもなかなかないので、その感じもいいんですよね。『ガルパン』以外を目的に来場された方にも見てもらえるし、そうやって少しずつ知ってもらってどんどん大きくなっていった感じはありますね。

──今や『ガルパン』キャストトークショーは恒例になっていますからね。

井口ありがたいです。

茅野しかも、こうやって全員揃って毎年出ることができるのが本当に嬉しくて。あと何回出られるのかわからないけど、『最終章』第6話まではきっとあると思うので。

井口その間も出させてもらえたら本当に嬉しいよね。テレビシリーズが終わってもいろんな展開が続く中で、呼んでいただけるのはありがたいです。

──5人が集まれるあんこう祭の場は、やはり特別なのでしょうか?

渕上『最終章』本編のアフレコやドラマCDも含めて、スケジュールの関係であんこうチーム5人全員が揃うことが叶わないことも多いですからね。やっぱり、あんこう祭で毎回きちんと5人集まれるのは嬉しいですね。今後、イベント出演が無くなるときが来ても、毎年5人で集まれたらいいなと思いますね。

茅野そういう意味では、あんこう祭はお正月に実家がある地元に集まるような感じはありますね。

尾崎キャスト同士やスタッフのみなさんとお会いするのはもちろんですが、大洗のお馴染みの方にご挨拶できる機会でもありますから。本当に親戚で集まっている感じですね。お土産をくださったりもしますし。

中上本当に大洗のみなさんは優しいですよね。

井口大洗の方は優しくて、作品に対してもとても協力してくださって。関係者のみなさんともそうなんですが、大洗の町の皆さんとは親戚のような気持ちになっていますね。

──それだけ魅力的ということですね。

茅野私は、今年の初めにどうしてもあんこう鍋が食べたくなって、プライベートで大洗に来たんです。あんこう祭の時にはできないけど、どうしても町の中を巡ってみたくて。出来たてのみつだんごを食べて、その他いろいろと回ったりして。それがすごく楽しくて、何回でもプライベートで大洗に来たいなと思いましたね。

尾崎いつか、出演者としてではなく、あんこう祭を普通に楽しみたいとは思っているんですよね。

茅野お祭りのステージも見てみたい。

中上ステージの上からしか見ていないから、いろいろ体験したいですね。

──『最終章』第2話のBlu-ray & DVDが発売されますが、改めて好きなシーンや、収録の思い出などをそれぞれお話しいただけますか?

中上私は、やっぱりボコミュージアムですかね。初めて兼ね役で“よだれをたらした犬(ミックス犬の役)”をやらせてもらったということもあって、気に入っています。水島(努)監督は、あそこのシーンを4Dでどう演出するかもいろいろと考えていたと聞いたので、監督のボコ愛がすごいなって。小ネタがギュっと詰まっているので、面白くて大好きですね。

尾崎行ってみたいよね、ボコミュージアム。

中上行きたい(笑)。どこかに作ってくれないかな。

渕上建物を全部作るのは難しいと思うから、どこかとコラボして、遊園地の一角とかに作って欲しいな〜。

茅野ボコのハンバーガーとかも食べてみたい。

井口あれ、カワイイよね。耳もついてて。

茅野きっと、大洗だったらボコミュージアムも作ってくれるはず!(笑)。

中上かなりの無茶振り(笑)

茅野でも、あんこう祭ではそういう夢みたいなことずっと言ってなかった? ガルパンランドを作りたいとか。

井口確かに、「ミュージアムをやってみたい」と言ったらそれが叶ったりもしているし。

尾崎「4Dでガルパンを観たい」というのも叶ったよね。

中上最初に茅野ちゃんが「戦車と一緒に揺れたい」って上映会のときに言っていたのが実現したわけだから。

茅野あの頃はそんなことが実現するなんて夢にも思ってなかった(笑)。

中上「本物の戦車に乗りたい!」と言っていたのも叶ったし。

──ステージで語る夢がどんどん実現していくのはいいですね。言ってみることが、新しいことに繋がっているわけですから。

尾崎私は『最終章』では、サメさんチームが仲間になったことに注目していて、これからどんな風にほかの大洗女子学園のメンバーに絡んで行くのか楽しみですね。最初の頃に大洗女子学園の戦車道チームの子たちがやっていたことを、サメさんチームもやっているみたいで。第2話ではかなり仲良くなってきているんですが、これからどういう風に馴染むのか、チームワークが良くなるのか、最終章を通して一体感みたいなものが出る瞬間を見てみたいですね。

茅野サメさんチームは知波単学園に撃破されちゃったから、次の活躍を観るためにはまず勝たなくちゃね。

渕上サメさんチームは、この後にきっと活躍する回があるんだろうなって思っています。

尾崎今後役に立つ戦いを見せてくれたら熱いだろうな。

渕上私は、第2話では後半の知波単学園の戦いのなかで、窪地に追い込むところが印象的でした。ビジュアル的にも画面がすごくリアルで、ジャングル戦は見所が多いですよね。みほに関して言えば、かなり細かいところまで見て、考えているなと感じたんです。知波単を窪地に追い込んだところで、キャラクターとしての視点と私個人の視点が入り交じっていたところがありました。窪地を見つけて「何かに使えるかも」とみほが言った時点で、私は「ちょっと怖い」って思いましたね。勝つために、すごく冷静に戦術を考えているわけですから。追い込んで形勢逆転はするけど、そこで問答無用に攻撃をするのはみほ的に違うんだろうなと思わせるところがあり、一気に殲滅しないところも彼女らしくて良かった。回を重ねていくごとに、みほの戦車道での技術やリーダーシップが高まっているのをすごく感じていて、今後どうなるのか気になりますね。

中上指示の出し方とかも変わったよね。前は、「●●してください」という感じだったのが、「××できる?」とひと言で言うようになって。「わかってくれているよね?」と、チームのみんなに対する信頼感が高まっているところが格好良くなっているなと。

茅野「散開」っていうセリフも格好良くて好き。

渕上あのセリフも格好良かった。みほのひと言でみんなが展開していくという姿がものすごく好きでしたね。

茅野私が好きなシーンは、押田と安藤がマリーを守って最後まで戦い抜くところですね。本当に、敵ながらあっぱれというか、負ける瞬間まで格好良いという感じで。今まで、いろんな素晴らしい戦闘シーンが『ガルパン』では描かれているんですが、今回のBC自由学園との戦いは、特に華麗な戦いですごく見応えがあって大好きですね。あと、沙織的には桃ちゃん先輩との話も印象に残っています。

渕上あそこは本当に泣ける。敵ながら、ひとりずつチームメイトがいなくなっていくのが辛いよね。

茅野マリー様を守っている安藤や押田たちの姿が格好良い! 負けた後の観戦シーンも面白いところが多くて、BCのメンバーはすごくいいキャラクターだと思いますね。

井口私は知波単学園のみんなが今までと違う戦い方をするのが印象に残っていますね。この先が楽しみ。まさか、バレー部と話をした中で得られたアドバイスを参考にして大洗と戦うとは。ヒントを散々与えたバレー部には反省していただきたい。(笑)

中上バレー部は絶対にそんな気はなかったよね(笑)。福ちゃん(福田)が賢かったんだろうねやっぱり。

井口そうだね。BCと同じように知波単にも裏をかかれたというか、今までと違う戦い方になっているので、この先どうなるのかワクワクするというところも含めて好きですね。

──『最終章』第3話に向けて、みなさんはどのような部分に期待していますか?

尾崎まずは勝たないとね。

中上あの強くなった知波単にどうやって勝つんだろう?

渕上また窪地に突き落とす? 1回落ちてるから同じ作戦は無理かな。

井口いくらこらえているとは言え、ずっと貫いてきた「突撃」への思いは残っているだろうから……。

中上「突撃」を誘う?

茅野そうなると、「突撃」させたくなるような作戦をしないと。

井口誘いたいね。そうすると勝てそう!

中上 あと、ずっと夜のままなのかな? 例えば、朝になって日の出をうまく利用するとか?

尾崎日の出と共に決着というのもいいね。印象的で。

井口とにかくどうにかして勝ちたいな〜。

茅野今のところどうやって勝つのか想像がつかないからな〜。

──バレー部と福田の絡みもありそうですよね。

尾崎確かに、バレー部がキーにはなりそうですね。

渕上福ちゃんとバレー部の一騎打ちとかありそう。

茅野それは見てみたい! 大洗も成長しているし。

尾崎ピンチにも強いですからね。

渕上第3話はやっぱり前半で決着がつくのか、最後まで知波単と戦うのか、そこも気になる!

──いち視聴者としても楽しみにしているんですね。

茅野楽しみです。『ガルパン』って本当に楽しくて、アフレコをしている時よりも出来上がったものを見た時の驚きがすごく大きいんです。想像して演じている部分もあるので、出来上がった映像を観ると感動しますね。

尾崎いただいた台本にも、戦車道の試合に関していろいろと説明が書いてあるんですが、どんなスピード感で描かれていくのかまでは理解できていないんです。だから、お話の中身は知っていても、出来上がった映像を観ると驚きますね。息を止めて見入ってしまうくらいです。

──では、最後に『最終章』第2話の発売を心待ちにしているファンにメッセージをお願いします。

中上お待たせしました! 劇場で観て、4Dでも観ていただきながらも、まだ見逃しているところもあると思うので、お家でじっくりと細かいところまでぜひぜひ何度でも楽しんでいただければと思います。映像特典では「秋山優花里の戦車講座」もフランス戦車について新録しまして、また濃い内容をお届けしますので、ぜひそちらもお楽しみにしてください。

茅野OVAの「タイヤキ・ウォー!」もあるしね。

中上「タイヤキ・ウォー!」は面白いですよ! 「あの時、実はこうだった」シリーズは大好きなので。今回は、優花里がいかにしてBC自由学園に騙されていったのかがわかる話になっていますので、ぜひ楽しみに待っていただければと思います。

尾崎映像特典にはイベント映像も入っていて、私たちの、そして会場に来られていたお客さんにとって旅の思い出になっていたらいいなと思います。『ガルパン』がきっかけでホームシアターを買った方がいたり、行ったことがない土地に行ったり、いろんなイベントに行ってお客さん同士がつながったりと、ひとつのアニメ作品がいろんな人の人生にいろんな関わり方をしているのかと思うと、感慨深いものがあります。まだまだ続いていくので、これからもよろしくお願いいたします。

茅野『最終章』第2話のBlu-ray & DVDが発売ということで、やっぱりお家で観られるというのは特別なことで、好きなシーンを一時停止したり、気になるところまで戻すことができるのはお家だからこその楽しみ方だと思います。また、大きい声で笑ったり泣いたりしても大丈夫という自由な空間で観るというのは、劇場とは違う楽しみ方になると思うので、ぜひご近所の方に迷惑がかからない範囲でキャラクターを愛でて楽しんでもらえればと思います。

井口映像特典の収録時間が5時間を超えて、特典ディスクが2枚になるという話を聞きました。ものすごいボリュームになっているので、本編をしっかり楽しんでいただくのはもちろんですが、皆さんがおっしゃるように我々の旅の思い出だったり、スタッフ陣のコメンタリーだったりいろんな特典を楽しみながら、ワクワク熱を持ち続けて第3話を楽しみにしていただければと思います。お店ごとにもらえる特典も大きく変わってくるので、どれを選ぶのかいっぱい悩んで、発売日を待ってもらえればと思います。

渕上『最終章』第2話のBlu-ray & DVDが発売されるということで、やはり、お家というリラックスした空間で、好きな飲み物や食べ物を用意しながら、何度でも繰り替えして観て欲しいですね。本当にそれぞれに合った『ガルパン』の楽しみ方ができると思います。映像特典も5時間超えということで、例えば1週間に1つずつ観るとか、ラジオ感覚で好きに流しながら、仕事や趣味のお供にしてもらってもいいですし、いろいろな楽しみ方をしてもらえればと思います。ちなみに私は今までいろんなイベントなどの映像を撮ってもらっているんですが、それらは1回も観たことがありません。そうした思い出の映像は、いつか『ガルパン』が終わった後に観たいなと思っているので、ぜひスタッフのみなさんには撮り続けていただきつつ、ファンのみなさんには映像特典も含めてしっかりと楽しんでもらえればと思います。

PROFILE

渕上 舞(ふちがみ・まい)
5月28日生まれ。福岡県出身。m&i所属。主な出演作品は『ドキドキ!プリキュア』の四葉ありす/キュアロゼッタ役、『暗殺教室』の潮田渚役、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』のイオナ役など。2018年1月、ソロ歌手デビュー。

PROFILE

茅野愛衣(かやの・あい)
9月13日生まれ。東京都出身。大沢事務所所属。主な出演作品は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の本間芽衣子役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のアリス役、『寄宿学校のジュリエット』のジュリエット・ペルシア役など。

PROFILE

尾崎真実(おざき・まみ)
3月22日生まれ。千葉県出身。フリー。主な出演作品は『ヘボット!』のカスリーナ役、『そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-』の綿抜フウリ役、『ウィッチクラフトワークス』のローラン役など。

PROFILE

中上育実(なかがみ・いくみ)
6月18日生まれ。東京都出身。アクセント所属。主な出演作品は『BanG Dream!』の大和麻弥役、 『探偵歌劇ミルキィホームズTD』の十津川警子役、『WHITE ALBUM2』の水沢依緒役など。

PROFILE

井口裕香(いぐち・ゆか)
7月11日生まれ、東京都出身。大沢事務所所属。主な出演作品は『とある魔術の禁書目録』のインデックス役、『戦姫絶唱シンフォギア』の小日向未来役、『宇宙よりも遠い場所』の三宅日向役など。

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話 2020年2月27日発売

レンタル DVD は 3 月 27 日(金)発売

Blu-ray(特装限定版) ¥7,800(税抜)/BCXA-1255
DVD ¥5,800(税抜)/BCBA-1255


★映像特典に新作 OVA「タイヤキ・ウォー!」を収録!
★Blu-ray 特装限定版の特典ディスクは 2 枚にボリュームアップし、劇場舞台挨拶や「第 22 回大洗あんこう祭」の他、各種イベントの模様を収録!
★音声特典には、キャスト&ミリタリーコメンタリーに加えDTS®Headphone:X®(本編音声)を収録!

2 月 27 日(木)Blu-ray&DVD 発売と同時に、各種動画配信サイトにてデジタルセル配信決定! 3 月 27 日(金)には、都度課金配信もスタート!


『ガールズ&パンツァー 最終章 4D ~第1話+第2話~』上映予告(60秒)


<Blu-ray&DVD情報>


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX
好評発売中!

 

ガールズ&パンツァー 最終章 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.