インタビューココだけ | ガールズ&パンツァー 最終章

壁面の弾痕が目印。旅館スタイルのサービスがモットーの、創業100年を越えるホテルの次期オーナー。 大洗シーサイドホテル 石井藤太郎[ガールズ&パンツァー 大洗女子学園掲示板]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ガールズ&パンツァー』の舞台・大洗で、より作品を身近に感じている方々に、作品と出会ったきっかけやエピソード、作品への思いなどを聞いていく『大洗町めぐり~大洗の今、そしてこれから~』。第20回は大洗シーサイドホテル 石井藤太郎さんにお話を伺いました。

壁面の弾痕が目印。旅館スタイルのサービスがモットーの、創業100年を越えるホテルの次期オーナー。

──まずは大洗シーサイドホテルの創業経緯からお聞かせください。

創業前から旅館業のような事はしていたそうですが、曾祖父が株式会社大洗莊として正式に始めたのが1918年です。ですから今年で創業101年目を迎えました。この建物は私が生まれた時に建て直されたので、36年目となります……というのは全部、『ガルパン』ファンの方に訊かれてから調べたんですよ(笑)。それまで自分達で調べようともしませんでした。現社長の父もまったく知りませんでした(笑)。

▲大洗シーサイドホテル。住所:東茨城郡大洗町磯浜町6880-9(大洗磯前神社下)/チェックイン:14時/チェックアウト:10時。

──ホテルとしてのアピールポイントはどこでしょう?

海岸と宿の距離がとても近い事ですね。食事もできるだけ鮮度の良いものを部屋出ししたりと、建物はホテルですが旅館型のサービスを行っています。お子様連れなど幅広い世代のお客様にご利用していただけるホテルを目指しています。

──石井さんが『ガールス&パンツァー』と出会った経緯をお聞かせください。

東京にいた時にTOKYO MXの放送をリアルタイムで観ました。大洗が出てくると聞き妻と一緒に観たのですが、大洗とか抜きにして普通に夢中になりました。好きな学校はやはり大洗女子学園です。戦車もⅣ号戦車が好きですね。

──『ガルパン』という作品の魅力は何だと思いますか?

私自身は皆で力を合わせて何かをしようとするストーリーに魅力を感じました。弱小校が強豪校を相手に勝ち進んでいく展開が多くの人の心を掴んだのだと思います。一般のお客様に「これって、どんなアニメなんですか?」とよく尋ねられるのですが、その度に「スポ根物です」と説明させていただいてます。あと『ガルパン』はライバルはいても悪者がいないのが良いですね。

──ホテルで最初に始めた『ガルパン』コラボレーション企画は何でしょう?

みほちゃんのキャラクターパネルが届いた2013年3月……その頃私はまだここにいなかったのですが、パネルが来たものの何をしたら良いか分からない状態だったそうです。そんなとき、町中に隠したボコのぬいぐるみを探す「冬の進軍 ボコボコ作戦」というゲームが企画され、そのゴールにシーサイドホテルが選ばれたんですよ。そこで、来てくださった方のために何かやろうという話になり、第5話に登場した戦車ケーキを再現する事にしたそうです。それが最初ですね。

──毎年、「県立大洗女子学園修学旅行」というイベントを主催されましたね。

去年で5回目になります。完全貸切で宴会と伝統芸能の披露、トークショーなどを行っています。と、ここまでがメインですが、修学旅行という体なので22時の消灯後に先生の見回りがあるんですよ。現在はこっちが定番になりました(笑)。バンダイナムコアーツの杉山さんが教頭先生、常盤良彦さんが体育の先生、肴屋旅館の大里明さんが学年主任、大洗ガルパンギャラリーの西村弓子館長が保健の先生という設定で見回るんです。起きている生徒がいたらハリセンで叩いていたのですが、スポンジの弾を使うおもちゃの銃で撃つようになったらお客さんも持ち込むようになり、今では先生VS生徒の撃ち合いになっています(笑)。私も見回りと各部屋の鍵を開ける役として、当日はほぼ寝ずに頑張ってます(笑)。

▲修学旅行参加者に配布される記念アルバム。
女将(石井さんの母・和子さん)も西住しほのコスプレで参加している。

──どれほどの人数が参加されたのでしょう?

最初の1、2年目は参加者が少なく、最大収容人数200人の半数だったんですよ。なにしろ当日に曲がり松商店街で開催した「みほ誕」(西住みほ誕生祭)で参加者を募ったくらいでしたからね。でも『劇場版』公開後に開催した第3回以降は定員を越えてしまい抽選にさせていただきました。本当は抽選にはしたくないのですが、キャパシティの都合もあり申し訳なく思っています。その第3回は役人役の景浦大輔さんにサプライズゲストで出演していただき盛り上がりました。そこから口コミで広がった感じです。

──また大洗シーサイドホテルさんと言えば壁面の弾痕が有名ですが、あの弾痕はどのような経緯で企画されたのでしょう?

公開日に母と一緒に『劇場版』を観に行き、そこで初めてウチが砲撃された事を知ったんです(笑)。その翌月(2015年12月)に2日間の休館日があったので、その間に砲撃されたところにブルーシートをかけたら面白いと思ったのが最初です。ただ実際に壁面にブルーシートをかけるには重しを乗せる必要があって、代わりにハシゴを乗せたら強風で飛んで宴会場の窓ガラスを割ってしまったんです。本当に修理するというオチが付きました(苦笑)。その後はシートを外したままにしていたのですが、2017年の5月くらいに社長が穴の形のアルミ板を発注していたんですよ。社員の誰一人として知らない間に。

▲『ガールズ&パンツァー 劇場版』のエキシビジョンマッチにて、KV-2の砲撃で壁に穴を空けられた大洗シーサイドホテル。その弾痕をイメージしたプレートが実際のホテルの壁面に現在設置されている。

──アルミ板を使われたのはなぜですか?

錆びにくさと雨風への強度で選びました。風で飛んだらハシゴ以上の大惨事になるので、ビスでしっかり固定しています。あの穴を取り付けた当日からSNSで広まり、新聞社からの取材も受けました。その後、ウチでノンナ役の上坂すみれさんのラジオイベントが催されたのですが、その時に初めて日照プラントさんにお会いしたんですよ。その時の第一声が「(壁の穴を)見たよ!」でした(笑)。そこから日照さんと関わらせていただくようになりました。

──ホテルにファンが訪れるようになったのはいつ頃からですか?

テレビ放送の頃から結構いらっしゃっていました。その頃は40~50代の方が中心でしたが、『劇場版』公開後は客層が広がりましたね。若い方やカップル、お子様連れも多くお見えになるようになりました。最初は一人で来られていた方がご両親を連れてお越しになった事もあります。また宿泊のお客様以外にもスタンプを捺しに来られた方や、レストランをご利用の方もお見えになるのですが、ホテルという施設のせいか「入り難い」というご意見も多く、できるだけこちらから「どうぞ」と声をおかけするよう心がけています。震災直後は観光客自体がかなり減少しましたが、ファンの皆さんのおかげで町に活気が戻りました。

──ファンの印象はいかがですか?

年齢も幅広いし、単独からグループの方もいらっしゃるので一言では難しいです。ただ、これだけ多くの方がいらしても大きなトラブルがないんですよ。本当にマナーの良い方ばかりで感心しました。先ほどお話しした修学旅行のようなイベントが続けられるのもファンの皆さんのモラルに支えられているからです。

──昔からの常連客からの反応はいかがですか?

ホテルのフロントにお手製の巨大ボコを設置しているのですが、これをご覧になった方から「なんでこのクマちゃんはケガしてるの?」とよく訊かれますね(笑)。そのような一般のお客様にも分かるようスタッフも積極的に説明したり、大洗と『ガルパン』の関係を記したパネルを設置したりしています。お客様との会話のきっかけにもなるので、スタッフも『ガルパン』のことは好意的に受け止めていますね。

──ファンに何度も足を運ばせる、大洗という町の魅力は何だと思いますか?

名産品やグルメなど色々な魅力が詰まった町ですね。でも、それぞれのお店の人と盛り上がるくらい話ができる、そんなフレンドリーさが最大の魅力だと思います。たとえばウチの常連さんで毎月のように大洗を訪れるお客様がいるのですが、その方はいらっしゃる度に同じお店に通われるそうなんですよ。そのようにファンの皆さんがリピーターになるのは、店側があまり商売っ気を出さずに接するからだと思います。今の都会ではあまり見られない光景ですよね。

──今後、大洗シーサイドホテルさんで予定されていることはありますか?

調整ができれば、今年も修学旅行をやりたいですね。まだ確定ではありませんが。

──それは楽しみですね(笑)。では最後に次のインタビュー相手のご指名をお願いします。

宮下地区のイベントでもご協力をいただいている、さまた接骨院の佐間田仁さんをご紹介します。私を含めたスタッフもお世話になっているので、「これからもお世話になります」とお伝えください。

▲早稲田大学野球部の監督・総監督を11年間務め、日本アマチュア野球界に大きく貢献した石井藤吉郎氏。
大洗シーサイドホテルはこの藤吉郎氏の生家でもあり、ロビーには藤吉郎氏に纏わる野球道具やトロフィーなどが展示されている。

PROFILE

石井藤太郎(いしい・とうたろう)
2月11日生まれ、大洗出身。高校卒業後に大学進学のため上京。卒業後は東京で理容室向け商材の卸問屋に就職し、2015年に帰省して実家である大洗シーサイドホテルに入社した。ちなみに幼少期に好きだったアニメは『機動武闘伝Gガンダム』、『爆走兄弟レッツ&ゴー!! 』。

<上映情報>


ガールズ&パンツァー 最終章 第2話
2019年6月15日(土)より絶賛劇場上映中!


<劇場本予告(60秒)公開中!>


<Blu-ray&DVD情報>


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX
好評発売中!

 

ガールズ&パンツァー 最終章 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.