インタビューココだけ | チア男子!!

岡本信彦(アニメ・カズ役)×中尾暢樹(実写・カズ役) アニメ×実写『チア男子!!』カズ対談実現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直木賞作家・朝井リョウさんが実在する男子チアリーディングチーム・SHOCKERSをモデルに書き上げた『チア男子!!』が待望の実写映画化! 5月10日の公開を前に、TVアニメ『チア男子!!』の再放送もスタート! ますます盛り上がる『チア男子!!』の世界について、橋本一馬(カズ)役をアニメ版で演じた岡本信彦さんと実写版で演じた中尾暢樹さんに語り合っていただきました。

台本に「バク転する」と書いてあるので、やるしかなかったんです(中尾)

──岡本さんは実写版『チア男子!!』をご覧になって、どんなご感想をお持ちになりましたか?

岡本面白かったです! 実写化すると聞いて、「チアの演技のシーンはどうするんだろう?」と思っていたんですよ。役者さんたちが自分でチアの演技するのって、ものすごく大変だと思うんです。観たときに「すごい!」と思わせるような説得力が必要になるので。でも、観てみたら、みなさんすごかったです。

中尾僕たちはやるしかないですから。股割り、側転から始めて、3カ月間、本気で練習を続けました。役者としてはCGもワイヤーも出来れば避けたいですからね。

岡本中尾さんは最初からバク転はできたんですか?

中尾いや、できなかったです。最初は後ろに飛び込む練習から始めました。まずは恐怖心をなくさなければいけないんです。倒立もできなかったので、手首がバキバキになりましたね。カバンを持てなくなる日もあったぐらいで、「チアをやってる方ってすごいな」と思いました。

岡本僕だったら「できなかったらどうしよう」と思っちゃうでしょうね。自分にかかる重圧でヤバいと思います。

中尾台本には「バク転をする」と書かれているので、やるしかないんです(笑)。練習では誰かがちょっとできるようになったり、誰かがちょっとスランプになったりの繰り返しでした。一つ乗り越えると、映画みたいに「よっしゃー!」ってなるんですよ。練習は裏『チア男子!!』みたいな感じでしたね(笑)。

岡本うわぁ、いいなぁ! 声優って、収録は1日数時間の“瞬間芸”で、終わるとすぐに次の現場に行くんですよ。こうやってフィルムの中での仲の良さが実際にもあるんだな、と思わせてくれるようなエピソードが出てくるのは、うらやましいですね。

「カズ、みんながいてよかったね」って思いました(岡本)

──中尾さんはアニメ版をご覧になって、どのような感想をお持ちでしたか?

中尾「こんなヌルヌル動くアニメがあるんだ!」と思いましたね。チアって動きが複雑じゃないですか。よく描いてるなー、って。

岡本たしかにそこは頑張っていただきました! 血の滲むような努力があったと思います(笑)。

中尾動きもすごかったですし、汗とか風とかを感じました。生々しいといいますか、「こんなアニメができるんだ!」と思いましたね。青春ドラマのようでした。

──アニメらしいアニメというより、もっと自然な人間ドラマのようでしたね。

岡本そうですね。僕たちがお芝居で求められていたのもナチュラルさだと思います。

中尾声優さんの生の声の印象も強かったです。ハルがカズに「一人じゃねえよ」と言うシーンとかも、声を張るわけでもなく、二人の距離感や二人の世界を表すセリフの感じがすごく僕の心に刺さりました。

岡本ありがとうございます。マイクで録ってもらえる分、いろいろ細かい部分まで拾ってもらえるのがアニメの強みだと思いますね。

──カズという役柄について、どのように捉えて演じられましたか?

岡本カズって太陽なんですよ。ハルにとっても太陽だし、みんなにとっても太陽で、どんどん引っ張っていく意識で、笑顔が絶えない現場にするために、あえて笑顔をつくっているような男なんです。アニメをやっているときはあまり気づかなかったのですが、映画を観ていて「カズのやってることってヤバくない?」と思いましたね(笑)。BREAKERSを始めたのも、実はおばあちゃんのためなんですよね。

──そのために、みんなを巻き込むだけ巻き込んで(笑)。

中尾あははは。たしかにあまり心を開かないタイプですよね。自分自身は強いと思っているし、大丈夫だと思っているんですけど、ひとつガラガラッと崩れるとまわりが見えなくなるというか。

岡本“黒い太陽”ですよ(笑)。

中尾『チア男子!!』って、一人ひとりみんなが問題を抱えているんですよね。群像劇でもあるので、それぞれの事情があってチアを始めるんです。そこから問題にぶつかったり、ハルとカズの関係もあって、最後の演技につながっていく。そこですごく救われる感じがします。

岡本「カズ、みんながいてよかったね」って思いますね。

中尾たしかに! 一人じゃ潰れてると思います。自分で背負えると思うタイプなんですけど、実はぜんぜん背負えていなかったわけですから。

僕らの熱とか、青春がここにあります(中尾)

──では、アニメ版のそれぞれのお気に入りのシーンを教えてください。

中尾僕はさっきも言いましたが、(9話の)カズが落ち込んで、ハルが励ますシーンにジーンと来ましたね。空気感とか、静寂とか、ブレスの一呼吸でさえ伝わってきたので、あそこのシーンはすごく好きでした。

岡本僕はトンちゃんに可愛い彼女がいたところです(笑)。現場でも、めっちゃ面白かったんですよ。社会的ヒエラルキーは実はトンが一番上だったという(笑)。

──実写版のお気に入りシーンもお願いします。

岡本実写版でやっぱりすごいと思ったところは、役者さん全員がパフォーマーになっているところですね。「絶対に無理だ」ということをやっているんですよ。だから、ラストのチアのシーンは、そっちの見方でも感動しました。ここまで来るのに、血の滲むような努力があったんだな、って。これは本物ですよ。ラストシーンのみんなの笑顔が、心からの笑顔なんです。めっちゃ輝いているんです。

中尾僕もラストシーンを見るだけで、いろいろな感情が溢れてきちゃいますね。ハルとカズだけでなく、みんなが感情を出していて、「ああ、救われてるな」って思うんですよ。ラストシーンは最後に撮影したのですが、そこにみんなで向かって進んでいって、みんなで燃え尽きました。

──『チア男子!!』には「誰かを応援することが自分の力になる」というテーマがありますが、最近、応援に関してグッと来ることは何かありましたか?

中尾僕、2年前まで『動物戦隊ジュウオウジャー』のレッド(ジュウオウイーグル)をやっていて、最近、2年ぶりに同じ役を演じたのですが、そのときにファンの方もスタッフの方も、みんなめちゃくちゃ歓迎してくれたんです。当時は初の映像作品でいっぱいいっぱいだったのですが、あらためて「こんなに応援してくれていたんだ!」と感じました。どんな作品でも真摯に向き合っていれば、見てくれている人は見てくれるんだな、と思いましたね。

岡本僕は最近までライブツアーをやっていたのですが、応援してもらうとすごく嬉しいんですよ。ライブはとにかく声! 声があると一体感が生まれるんですよ。アンコールの声が大きいと、勢い良く出ていけますからね。応援の力って重要なんだな、って感じました。

中尾『チア男子!!』のラストシーンもエキストラの方たちの前で演じるのとそうでないのとはかなり違いましたからね。お客さんのエネルギーを近くで感じると、相乗効果でテンションが上がっていきますね。応援すること、されることで、みんな熱くなっていくんですよ。

──では、最後に読者の方たちにメッセージをお願いします。

岡本ここに来て『チア男子!!』が大きく盛り上がっていて、大変嬉しく思います。アフレコ現場のときからすごくいい作品だと思っていましたが、再放送もあり、さらに実写化までされて、本当に嬉しいです。みなさんが思い描く“青春”の塊がドドンと入っているので、ぜひ見ていただけたら嬉しいですし、個人的にはアニメ版の主人公の米内佑希くんが実写版にも友情出演しているので、ぜひ探してください!(笑)

中尾4カ月かけてみんなでつくり上げた『チア男子!!』がいよいよ公開されます。みんなの4カ月がギュッと詰まっているので、僕らの熱とか、青春がここにあるので、それを感じていただきたいですね。僕は自分の映画なのに号泣しましたし、映画館でまた号泣すると思います!(笑) アニメの再放送もあわせて盛り上がっていくと思いますので、楽しみにしてください!

PROFILE

岡本信彦(おかもとのぶひこ)
1986年10月24日生まれ。東京都出身。主な出演作は『青の祓魔師』奥村燐役、『とある魔術の禁書目録』一方通行(アクセラレータ)役、『バクマン。』新妻エイジ役、『僕のヒーローアカデミア』爆豪勝己など。その他、歌手としても活躍しており、2019年には6会場6公演のツアーを行った。

PROFILE

中尾暢樹(なかおまさき)
1996年11月27日生まれ。埼玉県出身。『動物戦隊ジュウオウジャー』の主演、風切大和/ジュウオウイーグル役でテレビドラマ初出演。主な出演作は映画『一礼して、キス』、ドラマ『文学処女』など。2019年4月14日スタートのドラマ『あなたの番です』、4月25日スタートのドラマ『カカフカカ』に出演。

 



映画『チア男子!!』5 月10 日(金)全国ロードショー!
出 演:横浜流星・中尾暢樹
瀬戸利樹 岩谷翔吾 菅原 健 小平大智 / 浅香航大
清水くるみ 唐田えりか 山本千尋T
伊藤 歩

 



DVD「公開記念 チア男子!! Road to BREAKERS!!」
5月10日(金)発売!

2980円(税抜)
 【映像特典】
 ・オフショット動画集
・BREAKERS オリジナルPV(7 人の魅力をたっぷりと詰め込んだPV 集)
【封入特典】
特製ポストカード
【メーカー特典】
Road to BREAKERS!!クリアチケットホルダー
※数量限定。特典はなくなり次第終了となります。
※対象店舗は映画『チア男子!!』公式サイトをご覧下さい。
※特典に関するお問い合わせは店舗にお問い合わせ下さい。

 



チア男子!! Blu-ray BOX
4/26(金)発売!

全12話 12,000円(税抜)
【封入特典】(新規)
①浅田弘幸キャラクター原案設定イラスト集
②未映像化朗読劇シナリオ集
【映像特典】(再録)
①OVA「色々男子!!」

②OVA「簡単!! チア男子と一緒にアップダンス」他
【音声特典】(再録)
キャストオーディオコメンタリー
第1話:米内佑希、岡本信彦/第3話:米内佑希、小野友樹
第5話:米内佑希、杉田智和、林 勇/第8話:畠中 祐、沢城千春
第9話:桑野晃輔、小西克幸/第12話:安元洋貴、山谷祥生、甲斐田裕子

 


4月よりTOKYO MX・BS11にて再放送中!
TOKYO MX:毎週日曜23:00~
BS11:毎週金曜23:30~
※放送日時は予告なく変更となる場合がございます。
 第5話「LET’S GO BREAKERS!」はアニメ・実写キャストによるコラボ副音声付き!

 

実写映画公開&Blu-ray BOX発売記念! ニコニコ生放送にて、アニメ全12話一挙無料配信を実施!
4月19日(金)開場18:00/開演18:30/終了予定23:30
http://live.nicovideo.jp/watch/lv318351611
第5話はアニメ・実写映画キャストによる新規コラボオーディオコメンタリー付き!
コメンタリー出演:
【アニメ】米内佑希(板東晴希役)、小野友樹(徳川翔役)
【実写】中尾暢樹(橋本一馬役)、小平大智(遠野浩司役)
https://v-storage.bnarts.jp/anime/etc-anime/114168/

同コメンタリーはTVでの第5話放送時にも副音声として放送!
【第5話 TV放送】
TOKYO MX:5月5日(日)23:00~
BS11:5月10日(金)23:30~

 

TV アニメシリーズ 見放題配信実施中!!
配信サイト: バンダイチャンネル/U-NEXT/アニメ放題/ dアニメストア/ Hulu

 


Live Performance Stage「チア男子!!」 見放題配信開始決定!
配信開始日:4/26(金)より順次開始
※サイトによって開始日が異なります
配信サイト:dアニメストア、バンダイチャンネル、U-NEXT、アニメ放題

実写映画公式サイト
実写映画公式Twitter:@letsgobreakers7
実写映画公式Instagram:@letsgobreakers7
アニメ公式サイト
アニメ公式Twitter:@cheer_boys
舞台公式サイト
舞台公式Twitter:@cheerboys_stage

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.