インタビューココだけ | ガールズ&パンツァー 最終章

大洗春祭り海楽フェスタ2019 参加キャスト スペシャルインタビュー[ガールズ&パンツァー 大洗女子学園掲示板]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月17日(日)に大洗町にて開催された「大洗春祭り海楽フェスタ2019」。その「ガールズ&パンツァー」ステージに出演した直後の西住みほ役の渕上舞さん、河嶋桃役の植田佳奈さん、マリー役の原由実さん、安藤役の津田美波さん、押田役の安済知佳さんにスペシャルインタビューを敢行。イベントに参加した感想や、期待値が高まる『最終章』第2話に向けた意気込みなどについて話を伺った。

──BC自由学園の皆さんは大洗でのイベント参加は初めてとのことですが、ステージに立ってみた印象はいかがでしたか?

想像していた以上にたくさんの方がいらっしゃっていて、本当に凄いなと思いました。ガルパンのファンのみなさんと言えばホットなイメージを持っていたんですが、実際にステージに立ってみなさんの愛や情熱を感じました。大洗は町ぐるみで温かいというか、町自体が素敵なところだということが、今回来てみて強く印象に残りましたね。

津田私にとって初めてのガルパンのイベントで、大洗のステージに立たせてもらえて本当にありがたいなと思いました。ステージに立って皆さんのことを見て話をはじめると、全員がこっちを見て一生懸命に話を聞いてくれるんですよ。本当に凄くいい人たちで嬉しくなりましたね。それだけ、大洗を大事にしていて、ガルパンを好きでいる素敵な人たちがこんなに集まってくれたんだということを、ステージに立って皆さんを見た瞬間に、新参者ながらもすぐに感じることができました。

安済私も初めて参加するガルパンのイベントが、大洗という劇中でも描かれる場所だということが、すごく光栄でありがたいなと思いました。昨日の夜に大洗に着いたんですが、当たり前のようにガルパンのキャラクターたちのパネルや関連したポスターなどが町のあちこちにあって、ガルパンが町に溶け込んでいて、本当に大洗と一体化していることに驚きましたね。ステージに立つ前から、渕上さんから「とにかく人数がすごい」と話を聞いていたんですが、改めて見ると「こんなに?」とその数の多さに感動しました。津田ちゃんが言っていたようにあれだけの人が一点集中でこの作品に愛を注いでくれるということは、その方々の愛の深さはもちろんですが、それは今まで作品を繋いできたスタッフ陣やキャストの皆さんのお力でもあるなと思い、新参者としてはちょっとプレッシャーを感じたりもしました。

──植田さんや渕上さんは、今回の海楽フェスタのイベントはどのように感じましたか?

植田私は大洗に来るのは3年ぶりで、昨年はこちらには来ることができなかったので電話出演をさせていただきました。電話の向こうからみんなの楽しそうな様子が聞こえていましたし、SNSには今は何を食べて、何を楽しんでいるのかなど逐一その様子が上がってくるので、「早くそっちに行きたい!」とずっと思っていたんです。だから、今年は大洗に来ることができてすごく嬉しかったです。久しぶりイベントに来ると、手作りの戦車の数も増えていたりと大洗はちょっとバージョンアップしていて、みんながみんな町ぐるみのイベントに参加してくれているという感じで、楽しそうだなと思いました。

渕上 私はすっかり慣れてしまったので、いつもの光景ではあるんですが、今回もたくさん集まってくださった皆さんのお顔に安心感を覚えました。今回はBC自由学園の3人が初めての大洗ということもあったので、私自身が大洗出身ではないのですが、いろいろと教えたくなるというか、案内したい気持ちになりました。ステージに上がる前も、「後ろにもファンがいて、360度で見守ってくれているんだよ」という話をしていたんですが、いざステージに上がった時に驚いている3人の姿がすごく嬉しくてニヤニヤしてしまいました。迎え入れてくれるお客さんも、3人が挨拶するとひときわ大きな拍手で迎えてくれたのも良かったです。

──BC自由学園のみなさんは、初めて大洗という町を見た感想はいかがですか?

商店街を車で通ったんですが、至るところにガルパンのキャラクターや戦車があるんですよね。それって、よくよく考えるとすごいことだなと。ひとつの作品がこんなにも町の中に溢れている。何年も前から噂としては聞いていましたが、実際に目にしてみると噂以上に感じました。

津田アニメの舞台になった場所はいろいろあると思いますが、ガルパンは本当に大洗の町に溶け込んでいますよね。私たちのキャラクターのパネルもこの中に入れてもらえると聞いたので、どこに置かれるのか気になります。ぜひ私たちのキャラクターも町に溶け込んで一緒に写真を撮ってもらったりして欲しいなと思いますし、そうなると考えると本当に嬉しいですよね。

安済ガルパンという作品と大洗という町がひとつになった様子を肌で感じられたのは嬉しかったですし、やはり大洗のご飯は美味しかった(笑)。あんこう鍋や常陸牛を食べさせていただいたんですが、本当に美味しくて。あと、海も近くていいですよね。

渕上一泊なので荷物は少なくていいかもしれないけど、絶対にキャリーケースで来た方がいいよとアドバイスしてました。やっぱり、美味しいものが多いので、お土産もたくさん買っていきたくなるし、行きよりも絶対に荷物が多くなるのは私も経験していたので。私自身も「しまった、キャリーケースで来れば良かった」って思ったことが何度もあったんですよね(笑)。

私は実践させてもらったんですが、これは正解でしたね。

──渕上さん、植田さんは(過去にも来たことがあるため)大洗を楽しむ余裕があったかと思いますが、今回何か特別なことはされましたか?

植田大洗は朝日が綺麗だと有名ですが、今までは朝日を1度も見ていなかったので、今回は3回目の大洗ってことで朝5時に起きて海に朝日を見に行きました。ただ、残念ながら水平線に雲がかかっていて朝日が昇るところは見ることができなかったんですが、その代わりに展望風呂で昇った朝日を眺めながらお風呂に入れたのは良かったですね。そういう意味ではちょっと足を伸ばす余裕が出来たという感じですかね。

渕上私は別の取材があったので、みんなよりも早く大洗に着いていたんです。その後も、みんなが到着するまでに時間があったので、この機会に自分のお財布を持ってプライベートな時間として初めて商店街の方まで足を伸ばしてみました。夕方だったので閉まっているお店も多かったんですが、大好きな鳥孝さんの唐揚げを食べたりしつつ、ファンのみなさんともプライベート感溢れる会話も楽しめましたし。そういう意味では、今回の大洗は私にとっては新鮮でしたね。

──ここからは『最終章』のお話を伺いたいと思います。BC自由学園の皆さんは、長く続いている『ガールズ&パンツァー』シリーズに新たに参加することになったわけですが、参加が決まった際にはどのような感想を持たれましたか?

すごく嬉しかったです。ガルパンは本当に長く続いていて、人気もある作品なので、まさか自分が参加できるなんて思ってもいなかったです。決まってからの周囲のみなさんからの反響でさらにその凄さや期待値が高いことを知って緊張しましたね。

安済私はマネージャーからサラッと「●●日にガルパンの収録があるから」って言われて。ガルパンって凄い作品だし、あまりにもサラっと言われたのですぐに退場しちゃうような役かと思っていたら、ちゃんとした役目があるキャラクターだったのでさらにビックリしました。歴史もありますし、人気もあって、そこに携わるのがドキドキしましたね。現場は女子がいっぱいで、人の多さや台本の配役も最初はなかなか慣れていないので理解が追いつかなかったけど、アフレコは楽しかったですね。

津田私もマネージャーにサラっと言われて。ガルパンに出演が決まったと聞いた瞬間は「やった!」って大声で言いたかったんですけど、わりと人が多くて大きな声を出してはいけないという雰囲気の場所だったので、心の中ですごく喜びました。その頃「ガルパンはいいぞ!」っていう言葉がよく耳に入っていましたし、やっぱり決まった後に周りから「ガルパンに出るんだって?」っていろんな方が言ってくれて。やっぱり、ガルパンって凄いなって思ったし、みんなの耳に届いているんだと思ったので、素直に嬉しかったですね。

安済第1話が劇場で公開された時に、映画館でBC自由学園の3人が大きく描かれた看板があって、こんなに重要なのかと思うとビビリましたね(笑)。

──渕上さん、植田さんはBC自由学園のキャラクターを初めて見た時はどんな印象を持たれましたか?

植田マリーを囲んで安藤と押田が出てきた瞬間は、絵を見ただけで某作品をイメージして滅茶苦茶テンションが上がりましたね。BC自由学園の服も、フランスの衛兵隊を思わせる感じになっているのも良くて、私の中ではイチオシの学校です。キャラクターの登場シーンもドラマチックというか、ああいういがみ合っている感じのシーンは今までのガルパンには無かったので、また毛色の違うチームが出て来たなと思いました。

渕上私は第一印象だけで言うと、聖グロリアーナと被るんじゃないかと思いました。ちょっと気品のある物腰の柔らかな感じと、たまにちょっと上から目線で語るイラっとする感じがあったりするだろうと思うと、(キャラクター数が多い作品なので)ついにキャラクターが被ってしまったのかなと(笑)。でも、蓋を開けてみると、気品があってお上品というところは一緒でも、校内で分裂していてケンカをするシーンだとちょっと野蛮な言葉使いをしたりするので、これは似ているようで全然違うなと思いました。それと同時に、2つに分かれていがみ合っているのが戦い方にも影響してくるところが、さすがガルパンだなと。それが伏線になっていて、また新しい戦い方を見せてくれるというところも新鮮でしたね。

──BC自由学園の皆さんはどんなお気持ちでアフレコに臨まれましたか?

安済緊張という感じはあまりなかったですね。

津田確かにガルパンでは初めましてという形ではあったんですが、固い雰囲気ではなくて、アットホームに迎え入れてくれたので、そこまで緊張はしなかったです。

人数も多いので、とりあえず外で待機する時間が多かったり、掛け合いが速いところが多いなと。私たちのシーンはそんなにマイクワークが大変ではなかったので、落ち着いてやれたなという感じはあります。逆に他のみなさんは、素早い掛け合いのシーンもあったので、そこはやはり人数の多い作品ならではだなと思いながらも、自分たちのシーンはゆっくりで内心ホッとした気持ちもありましたね。

安済第1話の時は、緊張は全くなかったんですが、不安な部分があって。あまり役柄を掘り下げきれていない、掴み切れていないという気持ちがあったんです。現場に入ってまずディレクションされたのが声質を低めで作ってくださいということ。押田は見た目が可愛らしかったので、声が低いというのは想定していなかったんです。確かにセリフは男勝りというか、上から目線だったり潔い感じだったので、なるほど、低くして周りと差をつけるんだなというのがありましたが、この感覚が自分の中で整理しきれてなかったんです。でも、第1話と第2話の間にゲームの収録があって、セリフも結構あり、(水島努)監督も来てくださってそこで押田の理解を深めることができました。それを第2話に生かすことができたかなと思いますね。だから押田としての役割や自信については、第2話が楽しみで仕方がなかったです。やっと納得する形で(安藤との)掛け合いができるなって。第1話で緊張したのは、やっぱり歌ですね。あの歌があったので、アフレコはそれどころじゃなかった(笑)。

津田ガルパンで大事なのはチームだと思うんです。私たちにもBC自由学園というチームがあって、これがもし1人だったらすごく不安だっただろうなと思うし、歌も難しそうだったので。でも、そこには私だけじゃなくて、最終章からお世話になります、という仲間が私のほかに2人いたから、「大丈夫、仲間がいる」と思って取り組めたのだと思います。それは、ガルパンだからこそのいいところなのかと思いますね。

──今回のトークショーでは『最終章』第2話のキービジュアルが発表されましたが、ご覧になった感想はいかがですか?

渕上第1話では騙し騙されというところだったと思いますが、みほのこの表情は、そのやり取りに対しての困惑が出ているんだろうなと感じました。裏の裏を読んでいく、これは信用していいのか悪いのか、この判断で合っているのか? そういう気持ちですかね。頭を使う戦いだったので、私はそういう風に思いました。

植田河嶋は第2話でも今まで通りの頼りない河嶋でした。一応隊長みたいな感じでやってはいますけど、ひとつも隊長らしくないというか(笑)。キービジュアルの表情は、その様子がそのまま表情にあらわれているんだと思います。あと、後ろにはお銀ちゃんもいるんですが、彼女の(属する)サメさんチームと桃の関係性も今回はちょっと見えてきたりもするので、そのあたりを楽しみにしていただければ嬉しいですね。

マリーは変わらず優雅な笑みを浮かべていますが、第2話では優雅だけではない部分もたくさんご覧いただけるかと思います。試合の決着がついたあとの、日常感あるマリーも素敵だったりするので、第2話ではいろんなマリーを見ていただければという感じですね。

津田安藤は「負けないよ」という顔ですよね。彼女の顔を見れば判りますが、やはり(大洗女子学園は)ひと筋縄ではいかない相手ではありますし、やはり苦戦が続くという顔なんじゃないかと思います。

安済押田はやっぱり「撃て!」って言っている表情ですよね。第1話では裏を読み合ったり、命令したりという部分が多かったので、ある意味それらを総括した表情が描かれていると思います。押田はこれまですまし顔が多かったので、今回は大口を開けて叫んだりする勇ましい感じになっています。

──では、最後に第2話を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

安済今回、大洗で初めてイベントに参加させていただいて、ガルパンを大好きなお客様の愛を直に感じることができ。私も改めて携われたことを光栄に思いました。第2話を観ていただいて、皆様の愛や情熱がさらに深まり、少しでも長く深く愛される作品になってくれると嬉しいです。そして、私たちBC自由学園は新米ですが温かく受け入れてもらえて嬉しかったです。これからもよろしくお願いします。

津田ガルパンに参加し、初イベントで大洗のステージに立たせていただいたのですが、やはり作中だけでなく、自分たちが大洗の空気を肌で感じることができたのは本当に嬉しかったです。本当にいいところだし、ホテルも素晴らしくご飯も美味しい、至るところにキャラクターもいて、自分が仲間になれて良かったと大洗に来て改めて思いました。第2話でもBC自由学園は頑張っていますので、どう決着がつくのか見届けていただければと思います。

昨年の12月に水戸で行われたディナーショーに参加させていただいたのですが、その時は時間がなくて大洗には行けなかったんです。だから、いつか大洗に来たいと思っていたんですが、こんなに早いタイミングで来ることができて嬉しかったですね。ガルパンのイベントでお客さんと一緒にパンツァー・フォーをしている写真を何度も見ていたんですが、その光景を生で見ることができて、本当に幸せだと思いました。第2話ではBC自由学園のメンバーが決着に向けて活躍しているので、ぜひ劇場でご覧いただけたら嬉しいですし、またいつか皆さんの前でお話できる機会を持てたらいいなと思っています。

植田最終章が発表になった時に、プロデューサー陣に「前生徒会のメンバーはもしかしたら出ないかもしれない」っていうネタで結構イジられていたのですが、フタを空けてみたら第1話、第2話ともキービジュアルに桃の姿が描かれていて、(本編でも)今まで描かれなかった桃の姿を見ることができ、ますます彼女に感情移入している自分がいます。第2話ということで、これからもどんどん話が展開していくと思うので、ぜひ楽しみにしていてください。

渕上今回はBC自由学園の3人と一緒に大洗のステージに立てて本当に嬉しかったです。今回は、みんなの喜ぶ顔が見られて大満足でした。お話の方もBC自由学園との試合にも決着がつくのがひとつの見所だと思いますが、その他にも桃ちゃんのプライベートやみほの大好きなボコとの絡み、物語の時の流れを感じさせるようなシーンも入っていて、ストーリーが詰め込まれた第2話になっていますので、公開されましたらぜひ余すことなく楽しんでいただければと思います。また、(植田)佳奈さんが言ったとおり、これからもっと掘り下げられて長く続いていく話になります。あと数年のお付き合いになると思いますので、みなさんお身体には気をつけて、最後まで見届けてもらえればと思います。これからもよろしくお願いいたします。

インタビューにご登場いただいたキャスト陣の直筆サイン入り上映告知B2ポスターを3名様にプレゼント!詳しくはこちら

 

PROFILE

渕上 舞(ふちがみ・まい)
5月28日生まれ。福岡県出身。m&i所属。主な出演作品は『ドキドキ!プリキュア』の四葉ありす/キュアロゼッタ役、『暗殺教室』の潮田渚役、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』のイオナ役など。2018年1月、ソロ歌手デビュー。

PROFILE

植田佳奈(うえだ・かな)
6月9日生まれ。大阪府出身。アイムエンタープライズ所属。主な出演作は『Fate/stay night 』シリーズの遠坂凜役、『ひなろじ〜from Luck & Logic〜』の森ヶ谷優子役、『暗殺教室』の不破優月役、『ガンスリンガー ストラトス』の竜胆しづね役、『エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜』のマリオン・クィン役などがある。

PROFILE

原 由実(はら・ゆみ)
1月21日生まれ。大阪府出身。アーツビジョン所属。主な出演作に『THE IDOLM@STER』の四条貴音役、『トリニティセブン』の浅見リリス役、『オーバーロード』のアベド役、『ブレイブウィッチーズ』のアレクサンドラ・I・ボクルイーシキン役などがある。

PROFILE

津田美波(つだ・みなみ)
6月8日生まれ、神奈川県出身。青二プロダクション所属。主な出演作に『citrus』の藍原芽衣役、『ムーミン谷のなかまたち』スノークのおじょうさん役  、『ゆるゆり』の船見結衣役、『アイカツスターズ!』の白鳥ひめ役、『ID-0』のミクリ・マヤ役などがある。

PROFILE

安済知佳(あんざい・ちか)
12月22日うまれ、福井県出身。エイベックス・ピクチャーズ所属。主な出演作に『響け! ユーフォニアム』の高坂麗奈役、『クズの本懐』の安楽岡花火役、『刻刻』の佑河樹里役などがある。

<上映情報>


ガールズ&パンツァー 最終章 第2話
2019年6月15日(土)劇場上映!


<劇場本予告(60秒)公開中!>


<Blu-ray&DVD情報>


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX
好評発売中!

 

ガールズ&パンツァー 最終章 公式サイト

大洗町回覧板 こちらガルパン出張所

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.