インタビューココだけ | コードギアス 復活のルルーシュ

『コードギアス 復活のルルーシュ』公開記念!村瀬 歩(シャリオ役)×島﨑信長(シェスタール役)スペシャル対談![復活のルルーシュ 集中講座]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン待望の完全新作映画『コードギアス 復活のルルーシュ』が大ヒット上映中。今回は、シャリオ役・村瀬 歩さんとシェスタール役・島﨑信長さんのスペシャル対談が実現! ご自身が演じたキャラクターの印象やアフレコでの思い出、作品の見どころなど、ここでしか読めない話が盛りだくさん! お二人の“『コードギアス』愛”に溢れたインタビューを見逃すな!

シャリオ役に決まった時はしばらく夢見心地でしたね(村瀬)

──本作『コードギアス 復活のルルーシュ』(以下『復活のルルーシュ』)への出演はオーディションだったと伺いましたが、出演が決まった時の率直なお気持ちをお聞かせください

村瀬昔からどちらかというとアニメよりゲーム好きだった僕が、高校生の時に唯一大好きだったアニメ作品が『コードギアス 反逆のルルーシュ』だったんです。ですから、オーディションのお話を頂いた時に「これは受かりたい!」と思いました。『コードギアス』のキャラクターは頭身が高いイメージだったんですけど、シャリオの設定画を拝見して「これならイケるかも」と(笑)、思いの丈をぶつけました。決まった時はしばらく夢見心地でしたね。ルルーシュが出ている『コードギアス』の世界に出演できることはもちろん、ナイトメアフレームに乗れることもとにかく嬉しかったです。

島﨑シェスタールは、パッと見た感じが星刻(シンクー)に似ていて「格好良い大人」という印象を受けました。『コードギアス』の濃厚なキャラクターたちが作り出す世界の中で、階級が高い大人のキャラクターを演じきれるのか若干不安だったんですけど(笑)、一生懸命オーディションに臨みました。役に決まった時は、自分が好きな作品ということはもちろんですが、重厚な役者が集う『コードギアス』の一員として認めてもらえた気がして、とても嬉しかったです。もちろん決まってからが一番大事なんですが(笑)、そこで一つの達成感みたいなものがありました。役との相性、タイミングとか色々ありますけど、役者としての経験を積み重ねてきた結果かなと。これが新人の頃だったら絶対に受からなかったと思います。

──初日舞台挨拶の会場の反応はいかがでしたか? 参加された感想もお聞かせください。

村瀬本編上映後に登壇したんですけど、会場の反応は様々でしたね。ハンカチ片手に涙を拭いている方もいらっしゃいました。僕らの世代からすると本当にレジェンド級の作品なので、その続きがまさか観られるなんてという意味で涙されているんだろうなと、その気持ちが理解できました。C.C.の気持ちに共感したり、スザクの在り方に感動したり、色んなところに涙するポイントがありますからね。一方で、凄く満足気な表情で余韻に浸っている方もいらっしゃって、本当に感じ方は多種多様だなと思いました。自分も『コードギアス』が好きだから、その表情から伝わるものがあって、胸が熱くなりましたね。

島﨑「どこから作品に入りましたか?」とみなさんに聞いたら、9割8分くらいが(2006年放送の)1作目から、12年間も『コードギアス』を追い続けてきた方たちばかりで。劇場総集編3部作から入った方がいらっしゃったのもまた嬉しかったんですけど、やっぱり想いに年季が入るとね(笑)。

村瀬ね〜(笑)。「これを観るために来たんだ!」って感じが本当に伝わってきました。

島﨑僕と歩は本当に世代なので、ファンの気持ちがよく分かるんですよね。櫻井(孝宏)さんが「『復活のルルーシュ』の制作が決まった時に戸惑いや不安を感じた」と仰っていたんですけど、出演者ながら半分ファンの目線で「そんなことないです櫻井さん、最高です。この素晴らしい本編を観たら素敵という言葉しかありません」と横で思っていました(笑)。櫻井さんほどの方でもそんな風に思われるとわかって、良い経験でした。僕も大事な作品に関わる前は不安な気持ちになるので、勇気付けられた舞台挨拶でした(笑)。

シェスタールは共感できるところが多いキャラクターでした(島﨑)

──島﨑さんは『コードギアス 亡国のアキト』(以下『亡国のアキト』)にもヨハネ役でご出演されていましたが、『復活のルルーシュ』への出演はまた違ったものでしたか?

島﨑『亡国のアキト』の時も光栄だったんですけど、やはり違いますね。『復活のルルーシュ』では別収録ながら、ルルーシュたちと同じ空間や画面の中にいられることにドキドキして、凄く嬉しかったですね。今回は、オーディションで頂いた役だったことが大きいかもしれないです。シェスタールは共感できるところが多いキャラクターでした。

村瀬完成版を観させて頂いたら、信長さんの演技が役にハマり過ぎていて、感動して深夜にも関わらず「シェスタール、ヤバい!」ってメッセージを送っちゃいました(笑)。

島﨑歩がLINEくれたね(笑)。

村瀬「既に完成された作品の中に、新しく入っていく自分がどう見られるのか」という怖さがあるんですけど、それと同時に一人のファンとして他の人のことも厳しく見る目が自分の中にはあります。その目線で観ていても、シェスタールの溶け込み具合が凄くて。

島﨑やった〜(笑)。

村瀬見せ場はやっぱりルルーシュとの攻防かな。復活したルルーシュが戦う初めての大きな敵がシェスタールですよね。結局ルルーシュが一枚上手なんだけど、彼も凄く手強いということを声だけで表現していて。『コードギアス』の様式美に余りにもハマり過ぎていて驚きました。あのシーンは感動して、何度も観ちゃいました。

島﨑嬉しいですね。自分としてもシェスタールはハマるなと感じていて。僕自身も、一生懸命なんだけど、ちょっとだけどこかズレる時があるので(笑)、シェスタールの気持ちは凄く分かるんですよ。そういえば、今日は直接言おうと思っていたんですけど。シャリオ、凄く良かったよ!

村瀬いや、ちょっと待って(笑)。本当に恥ずかしい。

島﨑シェスタールもそうだけど、シャリオは“真っ直ぐ過ぎて変なところまで行っちゃった人”という感じがしました。彼の行動原理はずっと他の人のためなんですよね。「ここでやられてしまったら、今まで僕のために尽くしてきてくれた人たちの苦労は何だったの」と、全てを背追い込む。最後くらいは自分が出てもいいのに、最後まで人のためですからね。一番はスザクと戦っている時、特に劣勢になった時ですね。気持ちで戦っている感じが凄く出ていました。

村瀬あそこはシンクロした気がします。あのスザクがここまでやっているから、シャリオも限界を超えなきゃダメだと、櫻井さんに引っ張ってもらった部分が大きいですね。それでもスザクには勝てないし、姉さんからは連絡が来ないし、苛立ちが募って「なに!」みたいな(笑)。アフレコで、その熱の交換をスザクとできたのが不思議な感じでした。

島﨑人ってギリギリになった時にリアルな人間性が出ると思うんですけど、あの芝居は最終的に人間性のぶつかり合いになっていたと思います。汚かったり、バラバラだったり、ある意味パッケージングされていないものが気持ちで押し出されていて、凄く素敵だったな。シェスタールはそうなる前に、勝利を確信したままあっという間に死んじゃったから(笑)。彼の深い人間性が出る前に終わっちゃったので、そういう意味では羨ましかったですね。

村瀬お互いに『コードギアス』のファンだから、本音でしか語り合えないんですよね。それとは別に、僕は島﨑信長という人間が凄く好きなんですけど、お芝居とそこはやっぱり別じゃないですか。でも、やっていく上でこんなに素敵な座組みで一緒にできたんだと思えるのは良いですよね。選んでくださった谷口(悟朗)監督や他のスタッフの方々に本当に感謝ですね。

谷口監督からは「お父さん役が(大塚)明夫さんです」と言われたんです(島﨑)

──お二方が演じられているシャリオとシェスタールについて、収録前に谷口監督から具体的な説明は何かありましたか?

村瀬信長さんも言っていたように、シャリオは真っ直ぐ過ぎてどこかヤバいところまで行っちゃった、という結果が見えているじゃないですか。僕は行き過ぎちゃった人の作り方を考える時に、それが普段から溢れて滲んでいる人と、内側に潜んでいるものがどこかのタイミングで滲んでいる人、大きく分けるとこの二つのタイプになると思っているんです。アフレコの映像を観ていた時は前者の印象を受けました。戦っている時も普段の時もテンションが行き過ぎて、「この国のため絶対に自分がやらなければならない」っていう、信念がダダ漏れの人として演じようとしていたんですけど、谷口監督がまず仰られたことを簡単にまとめると、「シャリオは衝動性を持っているんだけど、その衝動性は戦いの中でこそ発揮して欲しい」という内容でした。国のためや人のために自分があるという想いと同じくらい、動物的な面である闘争本能を持っていて、それが強さへの渇望に結び付くんだな、と凄く納得できました。そこからは全くディレクションされることもなく、一つ一つの心情を理解しながら演じていけました。パズルのピースの最後の一つを頂けた感じでしたね。

島﨑谷口監督からは「お父さん役が(大塚)明夫さんです」と言われたんです。とてもシンプルだけど凄くわかりやすい説明だなと思いました(笑)。それだけで偉大な父を持っていることがわかりますからね。具体的な声も浮かぶので、シェスタールがこう成長してきたというバックボーンがイメージしやすかったです。だから、フォーグナーという言葉を発する時は自然と気持ちが乗りました。彼の人生においてお父さんの存在が一番大きいんですよね。

村瀬観ていてそれは凄く感じました。小さい時は父親が偉大であればある程、同時にコンプレックスも抱いてしまうものですよね。それを経て、今はフォーグナーという名前にプライドと尊敬の念を抱いているんだな、と感じました。

島﨑シェスタールはとてもわかりやすい人だと思いました。親の七光りと言われたことを跳ね除けようと頑張っていた時代もあったんだろうなと想像しました。今回の『復活のルルーシュ』だけを観ると、高慢でダメな人と捉えられてしまうかもしれないんですけど、ちゃんと彼は努力もしているし、強くもあると思います。高くなり過ぎたプライドの隙を突かれて一瞬でやられてしまったけど、決して悪い人ではないですよね。そこで、嫌味な感じを全面に押し出すんじゃなくて、彼のバックボーンを通って、あくまで結果的に上からの言い方になってしまった、ということを意識していました。シャリオよりも出ているシーンが少ないので(笑)、根本的にどうこうという説明はなかったんですけど、あの一言はとてもわかりやすかったですね。

村瀬谷口監督の一言って凄いですよね。

島﨑うん、面白いよね。普通そんな言い方しないじゃないですか。谷口監督は、相手によってどう言えば演じる上での大事な材料がきちんと伝わるのかをきっとわかっていらっしゃるんだと思います。ストンと腑に落ちる言い方で端的に伝えてくださるので、本当にわかりやすいんですよね。

個人的にシャリオはスザクにも似ているなと思っています(村瀬)

──TVシリーズのキャストと『復活のルルーシュ』から参加した新キャストが一緒となったアフレコはどのような雰囲気でしたか? 印象的なエピソードがあれば教えてください。

村瀬アフレコは本当に放送をそのまま観ているようで、不思議な感覚でした。以前、田中(一成)さんの朗読劇に参加させて頂いた時に、谷口監督とゆかなさんとご一緒したことがあったんですけど、ゆかなさんがその時に話したことを一言一句ほぼ全て覚えていらっしゃって。休憩中に「あの時話していた悩み事もスッキリして、今はいい感じだね〜」とサラっと言われました(笑)。ゆかなさんのその一言で、この現場にいてもいいんだと思えたので、とても有難かったですね。あとは、福山(潤)さんが谷口監督にイジられる姿は、見ていて凄く楽しかったです(笑)。

──島﨑さんは、別収録だったそうですが、他キャストのお芝居を聞いていかがでしたか?

島﨑アフレコの時は前後のシーンも観るんですけど、シェスタールと全く関係ないルルーシュとC.C.のやり取りに感動してしまって、心の中で必死に「関係ない。関係ない」と唱えた記憶があります(笑)。

村瀬あれは感動しますよね。

島﨑やっぱり、ルルーシュと頭脳戦を繰り広げながら、作戦を遂行していくところは凄く印象的でした。あのシーンは想いが乗りましたね。聞こえてくるお芝居がみんな素晴らしかったので、とても気持ちを乗せてもらいました。

──シャリオはスザクとのバトルが大きな見せ場でした。あのラストバトルについてお聞かせください。

村瀬ナイトメアフレームに適合するために自分の身体を改造していて、ハンディキャップを持っているという意味ではナナリーに近いし、そうならなくていい世界を作ろうとしている姉のシャムナがルルーシュとの関係性も重なるんですけど、個人的にシャリオはスザクにも似ているなと思っています。スザクは生い立ちに苦しみがあって、シャリオはその苦しみが同時に強さでもあるんですけど、抜けられない呪縛として、ある意味ギアスをかけられているような状態になっているんですよね。スザクにかけられた“生きろ”というギアスと同じで、彼は王としてこの国を必ず良い方向に導かなければならない。そのために強さを追い求めているから最強の敵に対して挑みたい。特にシャリオは自分がどうなってもいいと思っている節があると思うんですけど、お互いが強さに対して持っているもの、その根本にある苦しみがこのバトルのテーマになっていると思っています。お互いに限界まで行って身体が悲鳴を上げてもぶつかり合うとなったら、心の叫びというか苦しさのぶつかり合いになるのかなと。そう考えると、シャリオとスザクが対峙するのは必然にも思えてきて、あのシーンからは色々なものを感じましたね。

C.C.が「カレンのところに行けばいいじゃない」って言わないのには意図を感じますよね(島﨑)

──本作の個人的な見どころを教えてください。

島﨑気になったポイントはいっぱいあるんですけど、ルルーシュとC.C.のやり取りは特に印象に残りましたね。最後のシーンでルルーシュがC.C.に「一緒に行く」って伝えた時に、C.C.が自分の代わりとして神楽耶やシャーリーといった色んな女性の名前を挙げるんですけど、カレンの名前は言わなかったんですよね。一緒にいたのに。

村瀬えっ、全然気付いてなかった。

島﨑普通に考えたら割と真っ先に出てくるのがカレンじゃないですか。なのに、敢えてあそこでカレンの名前を言わないC.C.が僕としてはポイントですね。谷口監督と大河内(一楼)さんなら絶対あそこは意識していると思います。C.C.が「カレンのところに行けばいいじゃない」って言わないのには意図を感じますよね。

村瀬確かに、感じますね。

島﨑言わないんじゃなくて、言えないんだよ。C.C.の中で一番リアルだから!

村瀬本当に行っちゃいそうだから、言いたくないっていうことですね(笑)。あれって結局、「私のところに来て欲しい」ということなんですかね。

島﨑そう! 他の人は大丈夫だってわかっているんですよ。

村瀬そう考えるとめちゃくちゃエモいですね(笑)。

島﨑C.C.とカレンはお互いを認めているってことなんですよ。男女の関係だけじゃなくても、ああいう状況で一番ありそうなところを言えないことってない?

村瀬ありますね。確信を突いちゃって「そうだよ」って認められるのが怖いですからね。

島﨑個人的に「カレンは?」と聞いてほしい想いもあったんですけど、そうなるとルルーシュが言葉として明確に「カレンじゃなくて君だよ」と言うことになるじゃないですか。だから、結果として言葉にはしていないんですよね。

村瀬そう考えるとC.C.のあのセリフは凄いですね。

島﨑本編を観ると、ルルーシュはカレンじゃなくてC.C.を選んだ感じがするんだけど、決して具体的なセリフとしては言わせてないんですよね。

村瀬全てが人間の本質を考えたやり取りになっていて、「あなたのことが好きです」という言葉にどれだけの意味があるのか考えちゃいますよね。好きだから言えないこともあるし、好きだからこそ「嫌いです」と言ってしまうこともあるだろうし、思ったことをただ口にすることだけが必ずしも正しい訳ではないですからね。特に谷口監督と大河内さんはそこら辺の空気感を表現するのが本当に上手いから、キャラクターがリアルなんですよね。

島﨑それともう一つ大好きなポイントは、ルルーシュが扇に謝らせなかったことです。謝ろうとした扇を途中で遮って「全ては終わったことだ」とルルーシュが言うんですけど、あれはワザと謝らせなかったんだと思います。謝ってしまうと楽になってスッキリしちゃいますからね。あそこで謝らせないでルルーシュ側から許したら、扇は背負い続けるしかないじゃないですか。無意識かもしれないけど、結果として背負わせ続ける形になったんですよね。

村瀬シャルルやシャムナもそうですけど、『コードギアス』は既に起こったことを変えようとする人たちが負けちゃう話じゃないですか。そういう細かなやり取りにもテーマを感じますね。

島﨑人間のリアルなやり取りを描いているからそういう細部にもこだわっていると思いますよ。

村瀬ヤバい、これは改めて劇場でもう一回観たいな(笑)。

あの演出を初めて観た時に鳥肌が立ちました(村瀬)

──お二人の『コードギアス』への熱い愛が伝わってきました(笑)。

村瀬Cの世界に残ることを選んだシャムナに対してC.C.が「心を残すなよ」と言うんですけど。もう時を戻せないから、シャリオがこの先死んだとしても本当に死んでしまうことになる覚悟を持って、それを受け入れたはずなのに、実際にシャリオが死んだら怨嗟が黒いものとしてブワッと広がっていくんですよね。あの演出を初めて観た時に鳥肌が立ちました。あそこに人間の本質が現れているような気がします。何回も死を繰り返していることを加味すると、シャムナの人間としての年齢は恐ろしいものになっていて、いつも死の世界と繋がっているからその先を目指すしかないんですよね。一度覚悟を持って決めたことでも、それが実際に自分の身に起こると受け入れられない。そういう人間の脆さは実生活でも感じますね。TVシリーズで、ユーフェミアの死を否定しない道をルルーシュは選んだんですけど、そういうところにも「過去は起こったことで変えられないけど、それを背負ってどうやって生きていくか」というようなテーマが感じられました。「今を生きている時間に対して自分がどういう風に向き合えばいいのか」ということについても、シャムナとシャリオの関係を観ていて改めて気付かされ、『コードギアス』は本当に素晴らしい作品だなと思いました。

──では最後に、ファンにメッセージをお願いします。

村瀬もう10年以上前の作品ですけど、名作は何年経っても色褪せず、観る人の心に彩りを与えてくれますね。谷口監督は「自分が泥をぶつけられても」と仰っていましたけど(笑)、覚悟を持って続きを作る選択をした本当に凄い人だと思います。そういう人と同じ時代に生まれて、こうやって同じ作品に携われたことに改めて有り難さを感じます。『コードギアス』が本当に凄い作品だということはファンのみなさんが一番分かっていらっしゃると思うので、それを今観られているこの瞬間が有難いものなんだと感じてほしいです。やっぱりぜひ何度も観てもらいたい作品ですね。この作品に関われて本当に幸せでした。

島﨑ここで話したことはあくまで僕の妄想かもしれないですけど、そのくらい人間を作り込んでいる作品なのは間違いないです。みなさんも気付くところがたくさんあると思うので、そういう細かい部分まで味わい尽くしてほしいと思います。観れば観るほど楽しめる作品なので、濃厚な人間ドラマを堪能してもらえたら嬉しいです。

村瀬 歩さん&島﨑信長さんの直筆サイン入りプレスシート(非売品)を3名様にプレゼント!詳しくはこちら

PROFILE

村瀬 歩(むらせあゆむ)
12月14日生まれ。アメリカ合衆国出身。主な出演作は『ハイキュー!!』の日向翔陽役、『イナズマイレブン オリオンの刻印』の稲森明日人役、『屍者の帝国』のフライデー役、『DEVILMAN crybaby』の飛鳥了役など。中性的な声を活かし、幅広い役を演じる。

PROFILE

島﨑信長(しまざきのぶなが)
12月6日生まれ。宮城県出身。主な出演作は『Free!』の七瀬遙役、『ダイヤのA』の降谷暁役、『斉木楠雄のΨ難』の海藤瞬役、『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』の黒騎猛役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のユージオ役など。

<上映情報>

コードギアス 復活のルルーシュ
大ヒット上映中!

コードギアス 復活のルルーシュ 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.