インタビューココだけ | ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX

キャストコメンタリー全チーム、取材します!【第12弾:あんこうチーム】 [ガールズ&パンツァー 大洗女子学園掲示板]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVシリーズ全12話&OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」を収録した「ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX」が12月21日に発売となることを記念してスペシャル企画がスタート!コメンタリー収録後のキャスト陣を直撃し、ご自身が演じるキャラクターへのメッセージや、忘れられないガルパンエピソードなどを伺ったインタビューをお届け。ラストを飾るのはもちろん、あんこうチームの渕上舞さん(西住みほ役)、茅野愛衣さん(武部沙織役)、尾崎真実さん(五十鈴華役)、中上育実さん(秋山優花里役)、井口裕香さん(冷泉麻子役)です♪

主人公を演じるのは初めてだったので、最初はセリフの多さに圧倒されました[渕上]

──オーディオコメンタリーの収録で、久し振りにTVシリーズをご覧になった感想をお願い致します。

渕上 皆で観ると応援上映みたいな感じになって(笑)、新たな楽しさを発見できました。もう一度観ると作品の良さがさらに分かりますし、この時はこういう気持ちだったよねっていうことも思い出して、より『ガルパン』への愛が深まった気がします。ぜひ応援上映やりたいですね(笑)。

茅野 あんこうチームのみんなでコメンタリーをやりながら映像を観返せたのが嬉しかったです。改めて観ると、チーム全体、学校全体の成長がすごく伝わってきて、“頑張ったな〜(笑)”と感慨深い気持ちになりました。

尾崎 TVアニメでメインのキャラクターを演じるのは初めてだったので、アフレコでは知らないことや慣れないことがたくさんありました。結構いっぱいいっぱいで毎回頑張ってやっていた部分があったので、何年か経って改めて観ると、今の『ガルパン』はここから始まったんだよなってしみじみ感じます。当時はなかなかきちんと気付けていなかった部分も、今になって観てみると“あの時は意識していなかったけど結果的に面白くなったな”ということがまた新しく発見できて楽しかったです。

中上 私もTVアニメでメインのキャラクターを演じるのが初めてだったので、アニメーションの収録にそもそも慣れていなくて。その頃はずっと吹き替えばかりやっていたことを思い出しながら観返していました。当時言われたダメ出しを思い出しますね(笑)。吹き替えの感覚のままやってしまって、“アニメだからもうちょっとこういう風にしてください”とその時言われたなと。そこから自分自身も変わっていって成長できたと、『ガルパン』を観ていると毎回思い出します。新しいものが続々出てくるので、作品には関わり続けているんですけど、やっぱり改めて振り返ってみるのは良かったなと思います。

井口 第1話から観返すと、ちょっとずつ絆が深まって、あんこうチームだけじゃなくそこから輪が広がっていきます。麻子もおばあと沙織くらいしか心を許している人がいなかったのですが、どんどん仲間が増えて、そど子ともすごく仲良くなって。キャラクターも成長していくし、私自身も演じていきながらキャストの皆さんと仲良くなって、この作品と仲間が大切な存在になっていることを、観返してみて改めて実感しました。

最初からずっと言っていますけど、 色んなことでモテモテになろうね(笑)[茅野]

──ご自身が演じるキャラクターに一言お願い致します。

渕上 もう十分すぎるくらい頑張ったと思うけど、まだまだ困難はやってくると思うので、これから起こりうるさらなる大きな困難にもみほらしく立ち向かっていけるように、私は陰ながらサポートしますので、これからも一緒に頑張っていこうね。

茅野 最初からずっと言っていますけど、色んなことでモテモテになろうね(笑)。

尾崎 まさかの生徒会長だね(笑)。考えてもいなかっただろうけど頑張ってね(笑)。

中上 副会長になることを一番考えていなかったのは優花里だと思います(笑)。彼女は本編冒頭ではほとんど喋らずストーカーみたいなことをしていたので(笑)、そこからの成長は目覚ましいものがありますね。かけがえのない仲間を手に入れられてとても幸せだと思うんですけど、これからもその幸せをさらに大きくしていけるようにきっとどんどん頑張ると思いますので、私も負けないように頑張っていきたいと思います。

井口 相も変わらず私もあなたも朝は苦手ですね(笑)。でも、早起きは三文の徳と言うので、これからも戦車道と早起き頑張ってね。「最終章 第2話」の公開に向けてさらに一緒に頑張っていこうね。

観た人がみんな口を揃えて面白かったって言ってくれるのが、毎回嬉しいです[尾崎]

──『ガルパン』についてのエピソードを教えてください。

渕上 劇場版の舞台挨拶の時にみんな泣いてました(笑)。これから皆さんに作品を楽しんで頂く場所なので悲しい気持ちは一切ないんですけど、今までやってきたことが思い起こされて色んな感情が甦り、劇場の光の効果も相まって、感動してしまって。大きなイベントの中の華やかな一場面とかではないですけど、みんなが感極まってウルっときている瞬間に立ち会う機会はなかなかないので、その光景は私の中ですごく心に残っています。

茅野 『ガルパン』はファンの方が身近にたくさんいることを、声優の仕事をしていても感じます。この前もとあるゲームの収録に行ったら、ミキサーさんが大ファンで、マイクの調整の度に熱く『ガルパン』の話をしてくださいました(笑)。本当にたくさんの方に応援して頂いている作品なんだということを改めて感じました。

尾崎 初回放送から6年経った今でも、私の周りにも作品に興味を持ってくださる人がいて、そういう人にオススメすると大体皆さん一気に最後まで観ちゃうんですよ。それで、“観たよ!”って興奮気味に伝えてくれるので、本当に作品が面白いんだなということを改めて感じます。いつまで経っても胸を張ってオススメできるし、観た人がみんな口を揃えて面白かったって言ってくれるのが、毎回嬉しいですね。

中上 もうすぐ3歳になる息子が『ガルパン』っていう言葉を覚えました(笑)。最初はずっと“戦車のやつ観たい”って言っていたんですけど、最終的にはちゃんと『ガルパン』と言っていて。他のアニメを観ても『ガルパン』と言うわけじゃないので、ちゃんとキャラクターや戦車を認識して言っているんですよね。それだけ彼の中で面白かったんだろうなと。何回も観たがるし、なぜか敬礼が好きでよく真似していて(笑)。本当に老若男女が楽しめる作品なんだなとすごく身近で感じています。

井口 ほぼ全キャストが揃った「第2次ハートフル・タンク・カーニバル」は圧巻ですごく印象に残っています。あんこうチームだけにしかなかったジャケットがチーム毎にプリントされ、みんなで揃ってジャケットを着てステージに立てたのは、応援してくださった皆さんがいたからこそです。すごく楽しかった良い思い出です。

──大洗町で開催されている企画で、商店街の各店舗に配置された等身大パネルを、訪れた人が探す「ガルパン街なかかくれんぼ」という企画があります。お店の皆さんには「娘のように思っています」と語る方もいるほどに、キャラクターたちに親しみを感じていらっしゃいます。ぜひお店の皆さんに一言お願い致します。

渕上坂本文具店さんに置いてあるみほは外にいるので、季節に合わせて寒くないようにマフラーや靴下を着せてくださっています。パネルだけどちゃんとその子が生きているように扱ってくれているのがすごく嬉しくて。ご挨拶に伺った時に一緒に撮った写真を未だに飾ってくれているのを見ると、心が温かくなります。これからもみほを愛してくださると嬉しいです。大洗シーサイドホテルさんは『ガルパン』の修学旅行イベントの会場でもあるので、ホテルから聞こえるアナウンスをさせて頂いた個人的にも思い入れの深い場所です。坂本さんのところと同じく末長くみほと一緒に私自身も関わっていけたらいいなと思っていますので、これからも宜しくお願いします。

茅野 手作り惣菜のお店カワマタさんで、ぜひ一度名物の肉じゃがを食べてみたいなと思っています。“これが沙織の作った肉じゃがなのかな?”なんて思いながら(笑)。毎年お誕生日をお祝いしてくださっていることは伺っていたのですが、ネットで調べてみると、本当にたくさんの方が集まってくださっていて。それぞれのキャラクターを好きでいてくださる方がこんなにいらっしゃるんだということを毎回知ることができますし、きっとお店の方も一緒になって盛り上げてくださっているんだろうなと、嬉しい気持ちになります。毎年大洗を訪れる機会はあってもなかなか伺うことができていないのですが、これからもぜひ沙織を看板娘として宜しくお願いします。

尾崎 たかはしさん、いつも美味しいみつだんごをありがとうございます。「最終章 第1話」の舞台挨拶の時に差し入れをして頂いて、みんなで美味しく食べた思い出があります。時間が経ってももちろん美味しいんですけど、出来立ての美味しさがとんでもないので、ぜひ出来立ての味をお店で食べて頂きたいです。ここのみつだんごは飲み物だと思います(笑)。それぐらい本当に美味しくスルスルと食べられます。お店の奥さんも温かい人柄の方で、いつ訪れても優しく迎えてくださって、大量のみつだんごをこさえてくださいます(笑)。いつもありがとうございます。また今度伺える機会があったらその時はぜひまた美味しいみつだんごを食べさせてください。これからも宜しくお願いします。

中上 年宝菓子店さんは誕生日の時に自販機の横に磁石で優花里へのバースデーメッセージを飾ってくださっていて。私が優花里と同じ6月生まれだから、“NEXT 中上育実”みたいな言葉も書かれていました(笑)。私の誕生日の時にもきちんとメッセージを飾ってくださるので、本当にありがとうございます。誕生日の時には特に思い出しますが(笑)、マフラーをかけてくださったりして優花里をすごく愛でてくださっているのも知っています。1回目のパネルにはサインをしたんですけど、最近は行けていないので、また行きたいなと思っています。寒天ゼリーのミリカンはすごく美味しいので、オススメです。今後とも宜しくお願いします。

井口 大洗ホテルさんに麻子を飾って頂けて嬉しく思っています。先日行われた麻子の生誕祭では平日にも関わらずたくさんの方に集まって頂きました。初めてビデオメッセージを送らせて頂いたのですが、スタッフさんからの提案で、敢えて労いの言葉ではなく平日に何をしているんだという叱咤激励と共にコメントさせて頂きました(笑)。愛と情熱を持って作品、そして麻子を支え続けて頂けて本当に嬉しいです。いつか私も麻子の生誕祭に実際に仲間として参加できる日が来たらいいなと思っています。その時はまたどうぞ宜しくお願いします。

PROFILE

渕上舞(ふちがみまい)

5月28日生まれ。福岡県出身。m&i所属。主な出演作品は『ドキドキ!プリキュア』の四葉ありす/キュアロゼッタ役、『暗殺教室』の潮田渚役、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』のイオナ役など。2018年1月、ソロ歌手デビュー。

PROFILE

茅野愛衣(かやのあい)

9月13日生まれ。東京都出身。大沢事務所所属。主な出演作品は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の本間芽衣子役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のアリス役、『寄宿学校のジュリエット』のジュリエット・ペルシア役など。

PROFILE

尾崎真実(おざきまみ)

3月22日生まれ。千葉県出身。フリー。主な出演作品は『ヘボット!』のカスリーナ役、『そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-』の綿抜フウリ役、『ウィッチクラフトワークス』のローラン役など。

PROFILE

中上育実(なかがみいくみ)

6月18日生まれ。東京都出身。アクセント所属。主な出演作品は『BanG Dream!』の大和麻弥役、 『探偵歌劇ミルキィホームズTD』の十津川警子役、『WHITE ALBUM2』の水沢依緒役など。

PROFILE

井口裕香(いぐちゆか)

7月11日生まれ、東京都出身。大沢事務所所属。主な出演作品は『とある魔術の禁書目録』のインデックス役、『戦姫絶唱シンフォギア』の小日向未来役、『宇宙よりも遠い場所』の三宅日向役など。

<Blu-ray&DVD情報>


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX
2018年12月21日(金)発売!

<上映情報>
ガールズ&パンツァー 最終章 第2話
2019年6月15日(土)劇場上映!

ガールズ&パンツァー 最終章 公式サイト

ガールズ&パンツァー 大洗女子学園掲示板

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.