CHARACTERS &
CAST PROFILES


ハイジ:清瀬灰二/4年生

竹青荘の食事作りから掃除まで、住人の生活のあらゆる面倒をみる優しい寮母的存在にして、人の心をつかむ天性の技を持つ優れたリーダー。高校陸上部の監督を務める父親の教育で、幼い頃から走るために生まれてきたと信じていた。高校時代にはスターランナーとしてその名を知られるが、無理な訓練を重ねて膝を故障、一度は走ることを諦める。常に冷静沈着だが、仲間を攻撃されると我慢できない熱い一面も持つ。


カケル:蔵原 走/1年生
中学生の頃から陸上部に所属し、高校時代には驚異的なタイムを記録。オリンピックを目指せる天才ランナーだと注目される。しかし、ケンカっ早い性格を抑えられずにある事件を起こし、退部。徹底的に管理されて走ることがイヤになり、ただ走るためだけに走ると決意、推薦が内定していた陸上名門大学も辞退し、両親とも決裂したまま、上京する。苦手なものは酢の物。


王子:柏崎 茜/2年生
夜遊びも無駄遣いもせず、金と時間のすべてを漫画に捧げるオタク。「あしたのジョー」が、人生のバイブル。部屋に積み重ねられた漫画の山の中にこもるのが最高の幸せで、何日も外に出なくても平気。その名の由来となった王子様のような美しい顔立ちは、何の役にも立っていない。苦手なものは、運動とスポ根。


ニコチャン:平田彰宏/3年生
浪人2年、留年1年の25歳。卒業は危ういが、様々なアルバイトを経験し、いつ中退しても実人生には困らない。高校時代は陸上部にいたが、骨太で脂肪を蓄えやすい体質から、自分は陸上に向いていないと気付き、大学入学と同時にきっぱりとやめる。名前の由来はニコチン、火事になったかと驚くほどの煙を放出するヘビースモーカーだが、箱根駅伝のため禁煙にも挑む。


ムサ:ムサ・カマラ/2年生
アフリカからの国費留学生。古き良き時代の日本人のように美しく丁寧な日本語を話し、シャイな性格で、人情に厚い。すべての黒人がスポーツに優れていると思われることに抵抗を感じている。裕福な家庭に生まれ、母国では送迎の車で学校に通っていたが、今では床に穴のあいた竹青荘の暮らしを楽しんでいる。


神童:杉山高志/3年生
ド田舎の山村で生まれ育ち、毎日往復10キロの山道を歩いて通学していた。生まれ故郷の村では、成績もスポーツも常に一番の優等生だったので、「神童」ともてはやされていた。しかし、東京の大学に来てみれば、ごく平凡なレベル、ただの人であることに気付く。物静かで堅実、自分のことより他人を優先する性格。


ユキ:岩倉雪彦/4年生
在学中に既に司法試験に合格した、知性派。何ごともデータを分析して論理的に考えるクールな性格。高校時代は剣道部で、唯一の趣味が音楽。実の父親は生まれてすぐに事故で亡くなる。苦労して育ててくれた母親を楽にさせるために弁護士を目指したのに、母親は再婚してしまう。大学入学と同時に家を出て、それからはほとんど帰っていない。


キング:坂口洋平/4年生
TVのクイズ番組が大好きな、雑学王。しかし、番組出場に応募したことは一度もない。気が小さくアガリ症なので、TVに出れば何も答えられなくなることを分かっている。高校時代はサッカー部。幼い頃から孤独な性質で、気心の知れた友人は一人もいなかったが、竹青荘の皆と箱根駅伝を目指し、初めて仲間がいることの喜びを知る。


ジョータ:城 太郎/1年生
双子の兄。息子たちを比べることを絶対にしない、温かい愛情にあふれた両親のもとに育ったため、双子であることを嫌だと思ったことが一度もない。高校時代は、弟と共にサッカー部。身体能力も成績もほぼ同じ弟と、ずっと同じ道を歩いてきたが、陸上は弟の方が優れていることに気付く。そろそろ別の道を行くべきだと思い始めている。


ジョージ:城 次郎/1年生
双子の弟。無邪気で天真爛漫。何をやっても嫌われない、いるだけでその場を和ませる性質。兄と共に、ひたすら女の子にモテたいくせに、女心は全く分からない鈍感な男。自立し始めた兄の心の成長にも、全く気づいていない。

CAST PROFILE >>

■TOP
■INTRODUCTION
■STORY
■CHARACTERS & CAST PROFILES
■ROAD TO HAKONE
■STAFF PROFILES
■劇場情報


配給:松竹
(C)2009「風が強く吹いている」製作委員会