レポート | ラブライブ!サンシャイン!!

無観客有料生配信ライブ第2弾!『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours年越しカウントダウンライブ』イベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡県沼津市の海辺の町・内浦を舞台としたオールメディアプロジェクト『ラブライブ!サンシャイン!!』のスクールアイドルグループ「Aqours」の5周年を記念し、2020年12月30日(水)、31日(木)の2日間、シリーズ初の年越しカウントダウンライブ「<無観客有料生配信ライブ>ラブライブ!サンシャイン!! Aqours COUNTDOWN LoveLive! ~WHITE ISLAND~」が開催された。本公演では、両日冒頭パートの一部無料配信が行われた他、本公演で初披露となる楽曲も登場。当日は国木田花丸役の高槻かなこが事前収録パート以外は残念ながら欠席となったが、残るメンバー8人でパフォーマンスを行い、年越しをAqoursらしい華やかなライブで彩った。本記事では31日公演の模様をレポートする。

新衣装に身を包み、ロマンチックなクリスマスソングでライブ開幕!

「Aqours 6th LoveLive! DOME TOUR 2020」のオープニングテーマとともに開幕したライブ2日目、スタートを飾ったのは冬の季節にぴったりの「聖なる日の祈り」。雪をモチーフにした新衣装を身に纏ったAqoursが登場すると、SNS上では早速「新衣装めちゃくちゃ可愛い」「お姫様みたい」などの熱いコメントがあがった。AR演出で雪が舞い落ちるロマンチックなシチュエーションの中、ランタンを手にしたメンバーが美しいコーラスで楽曲をしっとりと歌い上げ、見る人の心を温かい気持ちで満たした。続いて「ジングルベルがとまらない」で一気に場内を明るい空気へと変え、イキイキした表情で朗らかに歌い上げた。次に果南がセンターを務める「HAPPY PARTY TRAIN」では、息の合ったダンスを披露。その後のMCパートで配信を観ているファンのコメントに応えた後、各々の自己紹介へ。8人目の紹介の後、高海千歌役の伊波杏樹が「国木田花丸役の高槻かなこちゃんを入れた9人で、想いは一つです!」と力強く告げ、「寒い冬を熱くしていこう!」と呼び掛けてステージに一体感を作り上げた。続いてTVアニメ1期のオープニング主題歌「青空Jumping Heart」を元気にパフォーマンス。聴く人に一歩踏み出す勇気をくれる応援歌を力強く歌唱し、視聴者を再び熱狂の渦に巻き込んだ。曲の合間に観客の掛け声が入ると、「会場の熱気や興奮が甦る」と感慨に浸る観客のコメントも多く寄せられた。暗転後、幻想的な照明に包まれてピンクのイルカや魚の群れが舞台上を泳ぎ出すなど、意匠を凝らした演出で大いに楽しませた。

ファン大歓喜の演出でデュオトリオコレクションから新曲を披露!

続いて「デュオトリオコレクションVOL.2」から新曲4曲が続けて披露された。まず始めに高海千歌役の伊波杏樹、黒澤ダイヤ役の小宮有紗、津島善子役の小林愛香によるトリオユニットが登場し、「Party! Party! PaPaPaParty!」をパフォーマンス。カラータイツにかぼちゃパンツが可愛らしいドレスに身を包んで笑顔で歌唱。パーティー皿を持って踊る姿に「新鮮」「可愛すぎる!」とSNSは上では賞賛のコメントが溢れた。歌の最後に3人がカメラの前で楽し気な掛け合いを見せ、笑顔のまま舞台を去った。

左:小林愛香さん(津島善子役)、中:小宮有紗さん(黒澤ダイヤ役)、右:伊波杏樹さん(高海千歌役)

続いて国木田花丸役の高槻かなこ、黒澤ルビィ役の降幡 愛によるデュオユニットが登場し「キモチもユメも一緒だね!」を1年生らしいフレッシュな歌声で歌唱した。この曲を含めたデュオトリオパートは4曲とも事前収録のため、花丸とルビィの2人揃ったパフォーマンスを観て、SNS上で感動の声が上がっていた。『不思議の国のアリス』を彷彿させるようなタータン・チェックの衣装が目を引く中、2人の身長差を生かした手足を大きく使う振り付けや舞台を駆け回るパフォーマンスで盛り上げた。

左:高槻かなこさん(国木田花丸役)、右:降幡 愛さん(黒澤ルビィ役)

続いて登場したのは桜内梨子役の逢田梨香子、渡辺 曜役の斉藤朱夏による2年生デュオユニット。ポップな前曲から雰囲気を変え、切ない歌詞と呼応し合う歌が印象的な「Misty Frosty Love」を歌唱。それぞれブルーと深紅のシックなドレスに身を包み、キレのあるダンスを披露。舞台上の立ち位置で心の距離を表す演出には「あえて目を合わせていないのがエモい」「ダンスも曲もパーフェクト!」などSNS上で絶賛のコメントが寄せられた。

左:逢田梨香子さん(桜内梨子役)、右:斉藤朱夏さん(渡辺 曜役)

続いて松浦果南役の諏訪ななか、小原鞠莉役の鈴木愛奈による3年生デュオユニットが登場し「涙が雪になる前に」を歌唱。ここで初めてスタンドマイクが使われ、場内は一層クールで大人びた雰囲気に。黒のレザージャケットにレースがあしらわれた衣装を身に纏い、アニメーション映像と歌詞をマッチさせた感動的な演出で圧巻のパフォーマンスを披露。悩みもがき、心が擦れ違う2人が抱き合う場面では「最高の演出でした!」「ハグはズルい」などの感想がSNS上で飛び交った。

左:鈴木愛奈さん(小原鞠莉役)、右:諏訪ななかさん(松浦果南役)

こだわりの選曲で熱狂を生んだライブ後半!

続いてAqours全員による「未熟DREAMER」がパフォーマンスされると、ライブ1日目とは違った曲の披露にSNS上で大きなどよめきが起こった。この楽曲はTVアニメ1期第9話の挿入歌であり、直前に歌唱した果南と鞠莉にとって大切な意味を持つ一曲。この2曲を続けて披露するという堪らない演出に、「選曲が神すぎる」「さすがラブライブ!」など絶賛のコメントが寄せられた。着物をアレンジしたドレスに身を包んだメンバーが鮮やかな屏風絵風の映像をバックにパフォーマンスし、場内を楽曲の世界観で満たした。曲中の「みんなとなら 乗りこえられる」という歌詞が、現在の社会情勢にも重なって、ファンの感動もひとしおだった様子。その後2回目のMCパートに突入し、各ユニットから新曲4曲について紹介があった後、「涙が雪になる前に」から「未熟DREAMER」へと続いて歌唱したのは黒澤ダイヤ役の小宮有紗の提案によることが判明。観客からは感謝と賞賛のコメントが続々と寄せられた。その後お便りコーナーが始まり、鮮やかな赤色が可愛らしい“ポエポエポスト”が登場。事前に募集したお便りを読み上げながら、メンバー同士でコントのようなやり取りが行われ、笑いの絶えない会話で楽しませた。その後最新情報が発表され、Aqours5周年記念アニメーションPV付きシングル「smile smile ship Start!」の映像が本公演で初公開された。さらにAqours結成5周年を記念した地元・静岡での凱旋野外ライブ開催の決定が発表されると、SNS上が歓喜に沸き、「絶対に行く」など喜びのコメントが流れた。

「0」→「1」の掛け声で年越しをカウントダウン!

年越しが間近に迫る中、2020年を締め括る1曲として選ばれたのは「Step! ZERO to ONE」。202「0」年から202「1」年へ変わる意味にも掛けられ、大晦日に相応しい楽曲でもあると、ここでも「最高の選曲」とSNS上で絶賛の声があがった。ノリのいいアップテンポなメロディに乗せて、歌詞の一つ一つを深く意味づけるように歌唱するパフォーマンスで会場全体へ元気を届けた。歌唱後は「みんなと年を越せて嬉しい」と喜びを述べ、「来年のライブでもっと成長したAqoursを見せたい」と意気込みを語った。いよいよカウントダウンが始まると、メンバーが手袋越しに手を繋いで年越しと同時に一斉にジャンプ! 会場には花火(ダイヤの似顔絵花火も!)が打ち上げられ、新年の幕開けと共に、1月1日が誕生日の黒澤ダイヤへ、メンバーや観客から祝福のコメントが贈られた。

正月にぴったりの楽曲で新年を華々しく彩る!

続いて新年最初に披露されたのは「スリリング・ワンウェイ」。年明けに相応しいパッション弾ける熱い楽曲で会場を再び大きく沸かせた。ARを用いた演出で、曲に合わせて炎が画面上を縦横無尽に駆け回り、サビの部分では力強いフォントで歌詞が表れ、視覚と聴覚で観客を存分に楽しませた。続いて披露されたのは黒澤姉妹がセンターを務める「MY舞☆TONIGHT」。彩り鮮やかな花々がはらはらと舞う中、正月にぴったりの和風メロディに合わせて艶やかに歌唱し、Aqoursらしいキュートで情熱的な楽曲で新年を寿いだ。

渾身のパフォーマンスで大成功を収めたDay.2!

本公演のラストを彩ったのは明るい曲調で未来への希望を謳った「Future flight」。息の合ったダンスを披露しながら、最後までフルパワーで歌い上げた。歌唱後は「オンラインという形で皆さんに会えて嬉しい」とコメントし、「まだまだ全力で頑張っていきます!」と笑顔を見せ、手を繋いで「ありがとうございました!」と一礼した。カメラがメンバー一人ひとりを順番に映し、至近距離で最後まで楽しませた。ライブが終わると観客から「最高の年越しになった」「ありがとうございました!」と感謝と労いのコメントが続々と投稿された。Aqours渾身のパフォーマンスとAqours愛溢れる粋な演出により、シリーズ初の年越しカウントダウンライブは大成功の内に幕を閉じた。

●本公演で解禁された新情報はコチラをチェック!

<Day.2 セットリスト>
00.「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 6th LoveLive! DOME TOUR 2020」Opening Theme
01. 聖なる日の祈り / Aqours
02. ジングルベルがとまらない/ Aqours
03. HAPPY PARTY TRAIN / Aqours
― MC1 ―
04. 青空Jumping Heart / Aqours
05. Party! Party! PaPaPaParty!/高海千歌、黒澤ダイヤ、津島善子
06. キモチもユメも一緒だね!/国木田花丸、黒澤ルビィ
07. Misty Frosty Love/桜内梨子、渡辺 曜
08. 涙が雪になる前に/松浦果南、小原鞠莉
09. 未熟DREAMER / Aqours
― MC2 ―
10. Step! ZERO to ONE / Aqours
― MC3 ―
11. スリリング・ワンウェイ/ Aqours
12. MY舞☆TONIGHT / Aqours
13. Future flight / Aqours

Aqours 5th Anniversary 特設サイト

ラブライブ!サンシャイン!! 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.