鉄血メカニック話

  • 鉄血の情報局
  • |
  • 鉄血メカニック話
  • ココだけ

鉄血メカニック話 第3回【バルバトスのコックピットシート(第2話より)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第2話で雪之丞たちがバルバトスに阿頼耶識システムのコックピットシートをMWから移植しているが、これはマルバがバルバトスを発見・入手した時点でコックピットシートが無く、代用シートとして移植する必要があったためである。
ちなみにバルバトス発見時には肩の装甲も欠損した状態だったが、エイハブ・リアクターだけは300年前からずっと止まらず、稼働を続けていた。しかしCGSでは、バルバトスを施設の動力源としてのみ活用していたが、これは仮にMSとして運用したとしてもギャラルホルンに接収されてしまうことが分かり切っていたためである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第2期

鉄華団プレイバックオルフェンズ座談会~全4回~
プレイバックオルフェンズ~鉄華団メンバー語る~
プレイバックオルフェンズ~タービンズメンバー語る~
プレイバックオルフェンズ~ギャラルホルンメンバー語る~

第1期

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.