ニュース | 彼女が好きなものは

神尾楓珠主演 映画『彼女が好きなものは』主人公・純の恋人・誠役に今井翼 純の謎多き友人役に磯村勇斗 第2弾追加キャスト解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年秋に全国公開。ゲイであることを隠しながら生活する男子高校生とBL好きの女子同級生との恋愛を通じ、世間にはびこる“ふつう”という価値観とのギャップに向き合う男女の姿を描いた映画『彼女が好きなものは』。原作は、小説家・浅原ナオトの「彼⼥が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫刊)。Web⼩説サイト「カクヨム」で話題となり、2018年2⽉に書籍化、2019年4⽉にはNHKで「腐⼥⼦、うっかりゲイに告る。」のタイトルでドラマ化もされ、⼤きな反響を呼びました。

ゲイであることを隠して⽇々を過ごす男⼦⾼校⽣・安藤純と、BL好きを隠しているクラスメイトの⼥⼦・三浦紗枝が、書店で鉢合わせたことから急接近。やがて紗枝から好きだと告⽩された純はある想いを秘め付き合うことに―。主人公の安藤純を演じるのは、神尾楓珠。「異性を愛したい」「家庭を築きたい」と世間で“ふつう”と言われる幸せを手にしたいと願いながらも、自分らしさとの狭間で葛藤する純を繊細に演じています。純に恋をする女子高校生の三浦紗枝役は山田杏奈。自分の好きなものを素直に好きだと言えない悩みを抱えながら、純とともに成長していく姿を瑞々しく演じています。その他、純の幼馴染みの高岡亮平役に前田旺志郎、クラスのリーダー的存在の小野雄介役に三浦獠太、紗枝の親友の今宮くるみ役には池田朱那が扮しています。

この度、第2弾追加キャストとして、今井翼、磯村勇斗、三浦透子、渡辺大知、山口紗弥加の出演が発表!主人公・純と、BL好きの紗枝の脇を固めるキャストに個性豊かな実力派キャストが集結! 純の恋人・誠を演じる今井翼よりコメントも到着しました。

主人公・純の恋人、佐々木誠役には10代から歌手、俳優として活躍し、近年は大河ドラマ「麒麟がくる」、TVドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」に出演、2021年にはミュージカル「ゴヤ -GOYA-」の主演を務めるなど、俳優として飛躍を遂げる今井翼。誠は結婚をして家庭を持ちながらも、ゲイであることを隠して生きている男性で、自分の性的指向やアイデンティティに悩む純にかつての自分を重ねるように、優しく見守り寄り添います。

今井翼 (いまいつばさ)コメント

今回は、妻子を持ちながら同性を愛する役を演じさせていただきました。
現場では、神尾くん演じる純を優しく包み込む気持ちを持って挑みました。
思春期に抱える悩みはとても繊細で、自分の現在地に不安を抱えたことは、誰しもが経験したと思います。
今作は、それらを透き通るように美しく描いた作品です。
様々なことが社会に認知される時代を迎える中、より『自分らしく生きる』ことの意味を世代問わず、感じていただきたいです。

純がSNS上でのみ繋がっている友人ファーレンハイト役には磯村勇斗。ゲイであることを明かしているファーレンハイトは純にとって唯一心の内を打ち明けられる存在で、二人の間にはかけがえのない絆が芽生えていきます。

紗枝のBL好き仲間で腐女子の先輩・佐倉奈緒役を三浦透子、奈緒の彼氏の近藤隼人役を渡辺大知が演じています。高校ではBL好きを隠している紗枝にとって、奈緒との時間は唯一自分らしくいられる心地よい場所で、恋の相談もする間柄です。

シングルマザーとして純を女手一つで育てる母親・安藤みづきを演じるのは山口紗弥加。明るくさっぱりとした性格で純とも良好な親子関係を築いていますが、母親に心配をかけまいと、純はゲイであることだけはひた隠しにしており、彼の悩みに気づけていません。

関連記事:神尾楓珠主演 映画『彼女が好きなものは』BL好きのヒロイン役に山田杏奈 友人役に前田旺志郎 三浦獠太 池田朱那 第1弾追加キャスト発表!

『彼女が好きなものは』
監督・脚本:草野翔吾
原作:浅原ナオト「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫刊)
出演:神尾楓珠 山田杏奈 前田旺志郎 三浦獠太 池田朱那 渡辺大知 三浦透子 / 磯村勇斗 山口紗弥加 / 今井 翼

エグゼクティブプロデューサー:成 宏基 / プロデューサー:前原美野里、宮本 綾
ラインプロデューサー:小泉 朋
音楽:ゲイリー芦屋 / 撮影:月永雄太 / 照明:藤井 勇 / 美術:安宅紀史 / 録音:齋藤泰陽 / 装飾:山本直輝
スタイリスト:SAKAI / ヘアメイク:寺沢ルミ / 編集:浦部直弘 / 助監督:杉岡知哉 / 制作担当:狭間聡司

企画協力:KADOKAWA / 企画・制作・プロデュース:アニモプロデュース
配給:バンダイナムコアーツ、アニモプロデュース
製作:「彼女が好きなものは」製作委員会
2021年/日本/121分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー/デジタル
PG12

【STORY】

わかり合えない僕らは、それでも「ふつう」の幸せを手に入れたい―
⾼校⽣の安藤純は⾃分がゲイであることを誰にも告げずに⽣きていた。ある日、書店でクラスメイトの三浦紗枝が、男性同⼠の恋愛をテーマとした、いわゆるBLマンガを購⼊しているところに遭遇する。BL好きであることを秘密にしている紗枝は「誰にも⾔わないで欲しい」と純に⼝⽌めをするのだが、彼⼥はまだ知らなかった。⽬の前にいる純が、彼⼥の好きなゲイであることにー。
純には妻⼦ある同性の恋⼈マコトがいるが、書店での遭遇をきっかけに、純と紗枝は急接近する。紗枝の友⼈達とダブルデートをしたり、クラスメイトたちと遊園地で遊んだりと仲を深めるうちに、純は紗枝から告⽩をされる。 「⾃分も“ふつう”に⼥性と付き合い、“ふつう”の人生を歩めるのではないか︖」。⼀縷の望みにかけるかのように、紗枝の告⽩を受け⼊れ、付き合うことになったのだが・・・。

2021年秋 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

©2021「彼女が好きなものは」製作委員会


▼映画『彼女が好きなものは』公式Twitter
@kanosuki2021

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.