ニュース | 東京上空いらっしゃいませ

牧瀬里穂デビュー作×中井貴一×笑福亭鶴瓶 共演 『東京上空いらっしゃいませ』相米慎二監督没後20年の節目の年に待望のBlu-ray化!2021年8月27日発売決定!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『セーラー服と機関銃』、『台風クラブ』、『お引越し』など数々の名作を遺しながら、2001年に53歳の若さでこの世を去った相米慎二監督。
この度、没後20年の節目の年に、牧瀬里穂デビュー作×中井貴一×笑福亭鶴瓶といった豪華俳優陣夢の共演で贈るゴースト・ファンタジー『東京上空いらっしゃいませ』(1990年公開)Blu-rayが2021年8月27日に発売決定しました。Blu-ray発売にあたり、牧瀬里穂、中井貴一、笑福亭鶴瓶よりコメントも到着しました!

相米慎二監督没後20年の節目の年に待望のBlu-ray化!『東京上空いらっしゃいませ』Blu-rayが2021年8月27日に発売決定!

『東京上空いらっしゃいませ』Blu-ray

発売日:8 月 27 日(金)
品番:BCXJ-1649
価格:4,180 円(税込)
発売元:バンダイナムコアーツ
収録内容: 112 分(本編109分+映像特典3分) 
スペック:リニア PCM(モノラル)/AVC/BD50G/16:9<1080p High Definition>
映像特典:特報、予告篇

1990 年劇場公開作品

【あらすじ】
化粧品会社のキャンペーンガール・ユウ(牧瀬里穂)は、スポンサーの好色な専務・白雪(笑福亭鶴瓶)に迫られ、逃げ出す途中で交通事故死。しかし天国への途中で、気のいい死神・コオロギ(鶴瓶の二役)をだまして下界にユウ・ターン。しかも、事故の知らせを聞いてパニックしている広告代理店の社員・雨宮(中井貴一)のマンションへ。どこにも帰れないユウと同居するハメになった雨宮はあたらしい自分として精一杯生きてゆこうとするユウに心うたれ、ユウの「復活」に賭けようと立ち上がる。あの世に連れ戻そうとするコオロギ。スキャンダルをもみ消そうとする白雪一味。いくつもの障害に立ち向かいながら、ふたりの絆はますます強くなってゆくが...。

【キャスト】
中井貴一/牧瀬里穂/笑福亭鶴瓶/毬谷友子/出門 英/竹田高利/藤村俊二/工藤正貴/谷 啓(友情出演)/三浦友和 他

【スタッフ】
企画:宮坂 進/プロデューサー:海野良幸・安田匡裕/監督:相米慎二/脚本:榎 祐平/撮影:稲垣湧三/照明:熊谷秀夫/美術:小川富美夫/録音:野中英敏/音楽プロデューサー:安室克也〈テーマ曲:「帰れない二人」井上陽水〉

牧瀬里穂、中井貴一、笑福亭鶴瓶 よりコメント到着!

【牧瀬里穂コメント】

「東京上空いらっしゃいませ」を撮影してから、もう30年以上が経ちます。
当時、17歳だった私はそれまで CM 等でお芝居らしきことを経験していましたが、この映画で初めてお芝居というものに触れた感じでした。2時間近い映画の中で、また2ヶ月近くの撮影期間中、同じ役でい続ける難しさを知り、また楽しさも知りました。
そして、監督は相米慎二という長回しと何度も何度もテストを繰り返し行われる。その1日は一回も本番を回さなかった...他にも色々な噂がある恐ろしい監督!お芝居経験値の少ない私には本当に辛かった!!(笑)
30年以上経った今でもあの辛さを越える仕事や出来事はないですね〜。もしまた今、相米慎二監督に会えたら監督は私になんて話してくれるのかな。優しいおじいちゃん監督になっていたりして。(笑)
出来上がった作品を観てやってよかったなと思ったのも事実です。17歳の夏の一瞬を役を通して見せてくれた、「東京上空いらっしゃいませ」ぜひ、多くの方にご覧いただけますと嬉しいです。

【中井貴一コメント】

向こうの世界で、もう成人式を迎えられるんですねーー。
「東京上空いらっしゃいませ」から、30 年以上。本当に、あの撮影の日々が、昨日の事の様に、思い出されます。
あの頃、公私に渡り、お話した事、今も、心の金庫に大切に仕舞ってあります。そして、その言葉を具現化しようと、もがいてもおります。
相米イズム。どんなウイルスより遥かに強く、未だに、我々の心に蔓延り、映画とは、と語りかけてくる。
答えは出ないかもしれないけど、どんな生き方にも間違いは無しと信じ、ここからも、粋を目指して参ります。其方でお会いした時、オモロい報告が出来る様に..

【笑福亭鶴瓶コメント】

東京上空いらっしゃいませ。
あの時なぜこの仕事が来たのかも全く覚えていない
只、貴一っあんとちがうドラマで出会い次の仕事の話を
していた時、東京上空の話になり
貴一っあんがやるならやりたいとなった。
そして相米慎二と出会い、それから沢山の人と
今も映画で繋がっている。
その後の相米さんの映画には全て出演させてもらった
段々役が小さくなり最後はカエルの声になった。
それでも一緒に映画を作るおもしろさを教えてもらった。
出会いは感動 出会いは必然
出会わせてくれた相米慎二に感謝する

笑福亭鶴瓶 拝

相米慎二監督作品、没後20年に発売続々 斉藤由貴初主演『雪の断章 ―情熱―』Blu-ray&DVD8月18日発売!

伊織、17歳。幼い頃、みなし児として引き取られた那波家で過酷な扱いを受けていて、それを見かねた雄一に引き取られた。ある日、雄一と伊織のアパートに那波家の長女・裕子が引っ越して来るが、彼女 は毒殺され、伊織は犯人の疑いをかけられてしまう。佐々木丸美の小説を原作した、斉藤由貴の初主演映画。監督の相米慎二は第1回東京国際映画祭ヤングシネマ部門のグランプリを『台風クラブ』で受賞したばかり。特徴的な演出で斉藤由貴の眩しい魅力をスクリーンに映し出した。
Blu-rayには、斉藤由貴の撮り下ろしインタビューや、85年の劇場公開時にリリースされたメイキングビデオ「A MAKING OF 雪の断章-情熱-」を特典映像として収録。

発売日:8月18日(水)/価格:Blu-ray 5,170円(税込)・DVD 2,750円(税込)/発売元:東宝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.