ニュース | 「泣く子はいねぇが」

『泣く子はいねぇが』 第68回 サン・セバスティアン国際映画祭 オフィシャルコンペティション部門 最優秀撮影賞 受賞!撮影監督 月永雄太、監督・脚本・編集 佐藤快磨、主演の 仲野太賀 より喜びのコメント到着!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月20日(金)より全国公開。是枝裕和監督が率いる映像制作者集団“分福”の新進気鋭の才能、佐藤快磨(さとう・たくま)監督の劇場デビュー作、仲野太賀主演の映画『泣く子はいねぇが』<バンダイナムコアーツ/スターサンズ配給>。
この度、カンヌ、ベネチア、ベルリンの三大映画祭に次ぐ、由緒正しき国際映画祭、サン・セバスティアン国際映画祭(スペイン)のオフィシャルコンペティション部門で鮮烈のワールドデビューを果たした本作が、現地時間9月26日(土)20:30~行われた授賞式で、最優秀撮影賞(Jury Prize for Best Cinematography)<撮影:月永雄太>を受賞した事が発表となりました!主要部門での日本映画の受賞は2011年『奇跡』(是枝裕和監督)の最優秀脚本賞以来9年ぶりの快挙となります。
世界中を魅了した映画『君の名前で僕を呼んで』(17年)のルカ・グァダニーノ監督や、カンヌ国際映画祭の常連『ある終演』(15年)のミシェル・フランコ監督ら、錚々たる顔ぶれの審査員たちの心を鷲掴みにしました。
最優秀撮影賞受賞の一報を受け、撮影監督の月永雄太、監督・脚本・編集の佐藤快磨、主演の仲野太賀より喜びのコメントが到着しました。

なお本作は今後も、北米において最も古く、歴史のある映画祭の一つであるシカゴ国際映画祭(現地時間10/14~10/25)のニュー・ディレクターズ・コンペティション部門、そして東京フィルメックス(10/30~11/7)のオフィシャルコンペティション部門への正式出品も決定しています。また、本作のジャパンプレミア(日本最速上映)は、東京フィルメックスにて11月3日(火)に行われる予定です。

第68回サン・セバスティアン国際映画祭 
 会期:2020年9月18日(金)〜26日(土) ※現地時間
 <過去の受賞日本映画作品>
 2018年 最優秀新人監督賞 奥山大史監督『僕はイエス様が嫌い』
 2015年 観客賞 是枝裕和監督『海街diary』
 2013年 観客賞 是枝裕和監督『そして父になる』
 2011年 最優秀脚本賞、SIGNIS賞 是枝裕和監督『奇跡』
 2010年 国際批評家連盟賞 河瀨直美監督『玄牝-げんぴん-』
 1998年 最優秀新人監督賞 高橋陽一郎監督『水の中の八月 Fishes August』

サン・セバスティアン国際映画祭 最優秀撮影賞 受賞コメント到着!

月永雄太(撮影監督)
まず映画祭開催が厳しい時期に、開催してくださりありがとうございます。正直まだ実感が湧かなく、残念ながら現地にも行けなかったですし、公開もしていませんので、早く公開して欲しいなというのが正直な今の気持ちです。
男鹿半島の海、そして「ナマハゲ」がいる街の景色は強烈で、それを見た時にとても良いものが撮れるのではないかという印象を持ちました。撮影では、そんな男鹿の良さをなんとか出そうと意識し、現地で私が肌で感じたものを形にできればと思っていましたので、それが少しでも皆様に届けばと思っております。佐藤監督はじめ、全てのキャスト、スタッフに感謝しています。

プロフィール:1976年6月17日、静岡県出身。1999年、日本大学芸術学部映画学科卒業。2011年、撮影を手がけた青山真治監督『東京公園』と真利子哲也監督『NINIFUNI』の2作品が第64回ロカルノ国際映画祭にて上映。2018年、沖田修一監督作『モリのいる場所』で第73回毎日映画コンクール撮影賞を受賞。

佐藤快磨(監督・脚本・編集)
デビュー作にも関わらず、このような賞を頂き大変光栄です。賞を頂けると思っていなかったので、本当に驚いておりますが、とても嬉しいです。スタッフ、そしてキャストの皆さんに感謝します。
僕のめちゃくちゃな絵コンテから、撮影賞まで持ち上げてくれたのは月永さんのおかげだと思っています。僕が役者さんから人間らしい瞬間をどう引き出せるかということを考えていたのに対し、そこから出てくるすごく繊細なものを、月永さんはこぼさないようすくい取ってくれました。撮影の現場はもちろん、準備から仕上げまでこの作品について一緒に考えてくれたことに心から感謝しています。これからも映画を撮り続けられるように頑張りたいと思います。

プロフィール:1989 年6月11日、秋田県秋田市出身。初の長編監督作品『ガンバレとかうるせぇ』(14)が、ぴあフィルムフェスティバルPFF アワード2014 で映画ファン賞と観客賞を受賞、第19 回釜山国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされるなど、国内外の様々な映画祭で高く評価される。文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2015」に選ばれ、『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』(16)を監督。その後、『歩けない僕らは』(19)などを制作している。

仲野太賀(主演)
最優秀撮影賞!!凄い!!!
佐藤監督に寄り添い、時に導きながら、監督のこだわりを"映画"に昇華されていた月永さんの姿が格好良くて、とても印象深かったです。僕がオールアップして、別れ際に「良い映画になってると思います」と月永さんに言われた時はどんなにホッとした事か…今回の受賞、『泣く子はいねぇが』に携わった者として誇らしい気持ちでいっぱいです。月永さん、本当におめでとうございます!!

プロフィール:1993年生まれ、東京都出身。2006年に俳優デビュー。主な出演作は、『桐島、部活やめるってよ』(12)、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』、『アズミ・ハルコは行方不明』、『淵に立つ』(16)、『南瓜とマヨネーズ』(17)、『海を駆ける』、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』、『来る』(18)、『静かな雨』、『今日から俺は!!劇場版』(20)など。公開待機作に『生きちゃった』(20)、『すばらしき世界』(21)などがある。

笑って、泣いて、叫んで。
彼の出した答えが、あなたの胸に突き刺さる

『泣く子はいねぇが』について

釜山国際映画祭など数多くの国内外映画祭で評価された佐藤快磨監督が完全オリジナル脚本で挑んだ『泣く子はいねぇが』。是枝裕和もその才能に惚れ込んだ佐藤監督初の劇場映画デビュー作となる本作は、第68回サン・セバスティアン国際映画祭で河瀬直美監督、フランソワ・オゾン監督といった世界的監督と肩を並べてオフィシャルコンペティション部門に出品が決定しています。大人として、そして父親としての自覚も曖昧な主人公たすくを演じるのは、個性溢れる表現力で注目を集める演技派俳優、仲野太賀。そして妻ことね役の吉岡里帆、親友の志波役の寛 一 郎に加え、山中崇、余 貴美子、柳葉敏郎といった実力派俳優が集結。平成生まれの新たな才能・佐藤監督を確かな演技で支え、物語を彩り魅了します。

<ストーリー>
秋田県・男鹿半島で暮らす、たすく(仲野太賀)は、娘が生まれ喜びの中にいた。一方、妻・ことね(吉岡里帆)は、子供じみていて 父になる覚悟が見えないたすくに苛立っていた。大晦日の夜、たすくはことねに「酒を飲まずに早く帰る」と約束を交わし、地元の伝統行事「ナマハゲ」に例年通り参加する。しかし結果、酒を断ることができずに泥酔したたすくは、溜め込んだ鬱憤を晴らすように「ナマハゲ」の面をつけたまま全裸で男鹿の街へ走り出す。そしてその姿がテレビで全国放送されてしまうのだった。ことねには愛想をつかされ、地元にも到底いられず、逃げるように上京したものの、そこにも居場所は見つからず、くすぶった生活を送っていた。そんな矢先、親友の志波(寛 一 郎)からことねの近況を聞く。ことねと娘への強い想いを再認識したたすくは、ようやく自らの愚行と向き合い、地元に戻る決意をする。だが、現実はそう容易いものではなかった…。果たしてたすくは、自分の“生きる道”、“居場所”を見つけることができるのか?

是枝裕和が惚れ込んだ新たな才能!佐藤快磨監督、劇場デビュー作品
生き方に迷うすべての大人たちに贈る青春グラフィティ

監督・脚本・編集:佐藤快磨
出演:仲野太賀 吉岡里帆 寛 一 郎 山中 崇 / 余 貴美子 柳葉敏郎
企画:是枝裕和
エクゼクティブ・プロデューサー:河村光庸
プロデューサー:大日向隼、伴瀬萌、古市秀人
企画協力:分福  制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ  製作:『泣く子はいねぇが』製作委員会

2020年11月20日(⾦)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー


▼「泣く子はいねぇが」公式サイト
https://nakukohainega.com/
▼「泣く子はいねぇが」公式Twitter
@nakukohainega
▼「泣く子はいねぇが」公式Instagram
https://www.instagram.com/nakukohainega/
▼「泣く子はいねぇが」公式Facebook
@nakukohainega2020

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.