ニュース | 喜劇 愛妻物語

絶賛公開中!映画『喜劇 愛妻物語』特別映像<感動編> 解禁! 止まらない毒舌。罵詈雑言。 超鬼嫁の心の奥には、夫の才能への「期待」と変わらない「愛情」があった。根っこにあるのは、夫婦愛。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ただ今、絶賛公開中の映画『喜劇 愛妻物語』の特別映像(感動編)が解禁!

止まらない毒舌。罵詈雑言。超鬼嫁の心の奥には、夫の才能への「期待」と変わらない「愛情」があった。妻の「愛情」に感動する人が続出!! 特別映像解禁!

9月11日より全国公開がスタートし、濱田岳演じる、うだつの上がらない脚本家のダメ夫・豪太と、水川あさみ演じる酒好きの恐妻・チカが繰り広げる【壮絶な夫婦バトル】が大きな反響を呼んでいます!「こんな情けない濱田岳、見たことない!」「水川あさみの鬼嫁、コワすぎ!」といった感想が、SNS上で飛び交っています。

一方で、見終わったお客様のお声には「すごく感動した」「究極の夫婦かも?」といった意見も多く、止まらない毒舌、罵詈雑言!を吐く超鬼嫁の心の奥には、実は、夫への才能への「期待」と変わらない「愛情」があり、その姿に魅了される人が続出!“恐妻”“罵倒”といったイメージとは違う「愛情深い妻」の姿に涙する観客も多く見られます。

放送作家の野々村由紀子さんより「笑い声と同時に涙が流れたのは初めて。」小堺一機さんより「声を出して、笑い、声を出して泣いた!」といった称賛コメントからも、この夫婦の姿・あり方が見る人の共感を呼び、時に感動すら与えることが伝わります。

この特別映像のラストには、水川あさみ演じる鬼嫁チカが「お、お酒が飲みたかったんだよ!!!」とダメ夫にブチ切れるシーンも健在です!

映画『喜劇 愛妻物語』 各界絶賛!感動!?PV

■野々村由紀子(放送作家)

最っ低な夫と最っ高の鬼嫁が、非情な現実の海でもがき、足掻き、けなし合い、掴み合い、溺れないよう懸命に支え合っていた。笑い声と同時に涙が流れたのは初めて。

■小堺一機

声を出して、笑い、声を出して泣いた!

解説&物語

とんでもなく情けなく、とことん笑える、
最笑夫婦のサイテーな悲喜劇。

結婚して10 年。いまだにうだつの上がらない脚本家の豪太と、トキメキを失って久しい妻のチカが、幼い娘と三人で旅に出た。四国を舞台にしたシナリオを書くための五日間の取材旅行。しかし豪太にはもうひとつの重大ミッションがあった。旅の間になんとしても、「セックスレスの妻とセックスする」という悲願を達成するのだ!

【超ダメ夫】豪太(妻とセックスがどうしてもしたい夫。) × 【超恐妻】チカ(夫とのセックスを拒み続ける妻。)

稼ぎがほぼゼロで家に居場所もないのに、隙あればセックスに持ち込もうと奮闘するダメ夫・豪太役には、独特の憎めない個性で愛される人気俳優、濱田岳。そして夫に罵声を浴びせながら、家計や子育てを支える不機嫌妻のチカには水川あさみが扮し、罵詈雑言を連発する毒舌キャラを熱演。また、豪太とチカの娘アキには、音楽ユニット「Foorin」のメンバーでもある新津ちせ。さらにチカの親友・由美役の夏帆や、光石研、ふせえり、大久保佳代子らが脇を固める。

『百円の恋』で日本アカデミー賞に輝いた名脚本家・足立紳が、自身の夫婦生活を赤裸々に綴った(ほぼ)実録小説「喜劇 愛妻物語」を自ら映画化!
ほぼほぼ険悪な豪太とチカの夫婦の姿は、みっともなくて、カッコ悪くて、それでいてどこか愛らしい。あまりにも赤裸々で、スケールの小さい痴話ゲンカ。見終えた後に押し寄せるのは、胸にしみる感動か、呆れ混じりの乾いた笑いか、それとも他人ごととは思えないディープな共感か?日本の“家族映画”の伝統に新たな1 ページを加える痛快な喜劇が誕生した。

■『喜劇 愛妻物語』 映画祭出品&受賞歴
★第32回東京国際映画祭 【最優秀脚本賞】受賞
★第22回ウディネ・ファーイースト映画祭 コンペティション部門正式出品

濱田岳 水川あさみ 新津ちせ
大久保佳代子 坂田 聡 宇野祥平 黒田大輔 冨手麻妙 河合優実
夏帆 ふせえり 光石 研
脚本・監督:足立 紳
原作:足立 紳「喜劇 愛妻物語」(幻冬舎文庫)
製作:『喜劇 愛妻物語』製作委員会
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:キュー・テック/バンダイナムコアーツ
2019/日本/カラー/アメリカンビスタ/117分/PG-12

全国公開中


▼『喜劇 愛妻物語』 公式HP
kigeki-aisai.jp
▼『喜劇 愛妻物語』 公式Twitter
@kigeki_aisai

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.