ニュース | カフカの東京絶望日記

鈴木拡樹 地上波TVドラマ初主演!MBSドラマ特区『カフカの東京絶望日記』KEYTALKがエンディングテーマを担当!OP&ED楽曲使用、振れ幅MAXな番宣映像完成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「変身」「審判」などで知られる小説家フランツ・カフカが、なぜか現代の東京で生活しあらゆる事象に絶望する、摩訶不思議な新感覚コメディドラマ「カフカの東京絶望日記」。

「刀剣乱舞」シリーズ、アニメ・舞台「どろろ」などで活躍する人気俳優・鈴木拡樹がフランツ・カフカ役に体当たりで挑み、今年4月よりYouTubeで第1話(前編・後編)の無料配信が開始され注目を集めて、本年9月よりMBS<ドラマ特区>枠にて放送開始を迎えます。

このたび、日本武道館や横浜アリーナでの単独公演も果たす人気ロックバンドKEYTALKが、エンディングテーマを担当することが決定しました!

「カフカの東京絶望日記」エンディングテーマ曲「DROP2」は、アップテンポの軽快なサウンドと哀愁漂う歌詞のコントラストが、絶望を極めることで周囲が希望を感じる本作のギミックとみごとにリンクするナンバーです。

さらに、オープニング&エンディングテーマを使用した番宣映像が完成!日々のあらゆる事象に苦悩し、絶望の頂点に達するカフカの様子を30秒間に詰め込んだ、振れ幅MAXな映像になっております。

KEYTALKがエンディングテーマを担当!

OP&ED楽曲使用、振れ幅MAXな番宣映像完成!

<「カフカの東京絶望日記」番宣映像(30秒)YouTube URL>

<作品情報>

「カフカの東京絶望日記」MBS<ドラマ特区>枠で9 月12 日より、毎週木曜深夜0 時59 分〜放送!

テレビ神奈川:9月12日より毎週木曜23:00〜 テレ玉:9月18日より毎週水曜23:30〜 チバテレ:9月20日より毎週金曜24:00〜
※放送日時は予告なく変更になる場合があります。

フランツ・カフカ。
ある朝目覚めると巨大な虫になっていた男を描いた『変身』で知られる20世紀を代表する小説家。
そんな彼が何かにつけては絶望せずにいられない「絶望中毒」という事実はあまり知られていない…。この物語は、なぜか2019年の東京で生活するカフカが日々起こる様々な出来事に、本気で傷つき、打ちのめされ、やがて絶望する。しかし、カフカが絶望すればするほど、それを見た人たちは彼の素直さ、まじめさに触発される。完膚なきまでに絶望に打ちのめされるカフカの壮絶かつ優美な姿は、あなたに生きる希望を与えることでしょう。

出演:鈴木拡樹
  奈緒 前原滉 今野杏南 奥山かずさ
  キンタカオ 大村波彦 宮田早苗 中山求一郎
  坂口涼太郎 岩谷翔吾 咲良菜緒(TEAM SHACHI)

監督:加藤拓也、坂下雄一郎
企画・脚本:アサダアツシ
原案:「マンガで読む絶望名人カフカの人生論」(著:平松昭子、監修:頭木弘樹、刊:飛鳥新社)
オープニングテーマ:buzz★Vibes「ZETSUBOU FUNK」
エンディングテーマ:KEYTALK「DROP2」
制作プロダクション:ダブ
製作:「カフカの東京絶望日記」製作委員会・MBS


▼バンダイナムコアーツYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/BandaiVisual
▼『カフカの東京絶望日記』公式サイト
https://www.mbs.jp/kafka-drama/ 
▼『カフカの東京絶望日記』公式Twitter
@kafka_drama
▼V-STORAGE 『カフカの東京絶望日記』特集サイト
https://v-storage.bnarts.jp/kafka_drama/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.