ニュース | すばらしき世界

役所広司 × 西川美和監督が初タッグ!めった刺し殺人犯の《人生再出発》エンターテインメント 映画『すばらしき世界』2021 年春全国公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「復讐するは我にあり」で直木賞を受賞した佐木隆三氏の小説「身分帳」を原案とした西川美和監督最新作『すばらしき世界』が 2021 年春全国公開することが決定しました

これまで一貫してオリジナルにこだわり続けた西川美和監督が、初めて実在の人物をモデルとした原案小説をもとに、その舞台を約 35 年後の現代に置き換え、徹底した取材を通じて脚本・映画化に挑んだ。

主演には、国内外でその演技力を高く評価され続ける名優・役所広司。人生の大半を刑務所で過ごし、社会から“置いてけぼり”を食らいながらも、まっすぐ過ぎるその性格と、そのどこか憎めない魅力で周囲の人々とつながっていく三上役を情感豊かに演じた。

三上が自らテレビ局へ送った、刑務所内の個人台帳である「身分帳」を手にするテレビディレクターを仲野太賀、三上が更生してゆく様子をテレビ番組にしようと、獲物を狙うように近づくテレビプロデューサーに長澤まさみ、ほか、橋爪功、梶芽衣子、六角精児、北村有起哉、安田成美らが名を連ね、名実ともに豪華なキャストたちが西川監督のもとに集結した。

人間の本質をあぶり出す作品を次々と発表し、高評価を得てきた西川監督が、学生時代から憧れ続けた役所広司。役所も「いつか西川監督とご一緒したいと思っていた」と語り、相思相愛の二人が世に送り出すのはどのような 『すばらしき世界』なのか?

そして、国内だけでなく世界からの支持も厚い役所広司と西川美和監督のタッグで手掛ける本作は、 世界国際映画祭からの注目度も高く、今後の動向に注目したい。

<ストーリー>

「今度こそ、まっとうに生きる!」
13年の刑期を終えた三上(役所広司)を待っていたのは、目まぐるしく変化する、想像もつかない世界だった!三上に近づき、彼の姿を面白おかしく番組にしようする2人の若手テレビマン(仲野太賀&長澤まさみ)。まっすぐ過ぎるが故にトラブルばかりの元・殺人犯が、いつしか彼らの人生を変えてしまう……?!

役所広司(主演・三上正夫)

いつか西川監督作品に参加したいと思っていました。
三上という得体のしれない男の役を頂きました。面白さと難しさを感じました。
今日撮影したシーンを明日撮るシーンの手掛かりにしながら、最後までこの男はどんな人間なんだろう?と自分に問いかけていました。
人生のほとんどを刑務所の中で過ごした男が出所してから見た私たちの世界は、本当にすばらしい世界なんだろうか?
タイトルの『すばらしき世界』をお客様がどのように感じるのか?楽しみです。

<プロフィール>
95年に原田眞人監督『 KAMIKAZE TAXI 』で毎日映画コンクール男優主演賞を受賞 。 96 年『 Shall we ダンス?』(周防正行監督)、『眠る男』(小栗康平監督)、『シャブ極道』 細野辰興監督 の 3 作品で国内主演男優賞を独占。東京国際映画祭主演男優賞を受賞した黒沢清監督の『 CURE 』( 97 )、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した『うなぎ』(97 /今村昌平監督 など、国際映画祭への出品作品も多い。 12 年、紫綬褒章を受章。同年には NY ジャパンソサエティより CUTABOVE 賞、ハワイ国際映画祭からはキャリア功労賞を受賞。 17 年にはドイツの日本映画祭「ニ ッポン・コネクション」でニッポン名誉賞、シンガポール国際映画祭でもシネマ・レジェンド賞を受賞するなど、国際的にも高い評価を受ける。
近年では『三度目の殺人』(17 /是枝裕和監督)、『孤狼の血』 18 /白石和彌監督)などに出演。『孤狼の血』においては、『 Shall we ダンス?』『うなぎ』に続き、3度目の日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞受賞、また昨年の第 13 回アジア・フィルム・アワードにおいては最優秀主演男優賞受賞、特別賞 Excellence in Asian Cinema Award をダブル受賞。 今後は 小 泉堯史監督作品『峠 最後のサムライ』が公開 予定 。

西川美和(監督・脚本)

「身分帳」は約30 年前の小説ですが、 これほど「人間と世間」を面白く描いた物語が埋もれていたとは、と映画化を決意しました。人生の大半を裏社会と刑務所で過ごし てきた主人公に役所広司さんを迎え、その男のやり直しの日々を現代に置き換えました。生々しくも温かい物語性と、役所さんの凄まじい人間的魅力に引っ張られ、濃密な人間ドラマが仕上がったと思います。
新型ウィルスの影響で、自由に歩き回ること、仕事を持つこと、人と触れ合いながら生きて行くこと、それらがどれほど得難いものだったかを実感する中で、ごく普通の人生を取り戻すことに四苦八苦する主人公が重なります。
世界中の映画作品が息の根を止められつつある中で、完成にこぎつけられた幸運に感謝しつつ、この作品を一人でも多くの方に届ける方法を考え、「映画を観る」ことの豊かさを伝えていければと思っています。

<プロフィール>
1974年生まれ。広島県出身。オリジナル脚本・監督デビュー作『蛇イチゴ』( 02 )で第 58 回毎日映画コンクール脚本賞受賞。 長編第二作『ゆれる』 06 )は 第 59 回カンヌ国際映画祭監督週間に 正式 出品 され、 国内で 9 ヶ月のロングラン上映を果た す 。 つづく 『ディア・ドクター』 09 )で第 83 キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位を獲得。その後、『夢売るふたり』( 12 )、『永い言い訳』 16 とつづけてトロント国際映画祭に参加するなど海外へも進出。その一方で小説やエッセイも多数執筆しており、『ディア・ドクター』のための僻地医療取材をもとにした小説「きのうの神 さま」、映画製作に先行して書いた同名小説「永い言い訳」がそれぞれ直木賞候補となるなど高い評価を受けている。連載中のエッセイに、本作の制作過程を綴った『スクリーンが待っている( STORY BOX / 小学館)』がある。

原案(佐木隆三「身分帳」講談社文庫刊)

佐木隆三が1990 年に講談社より刊行した小説。
人生の大半を獄中で暮らした男には、戸籍がなかった。出所して改めて日常社会と向かい合い、純粋な魂の持ち主であるこの人物はどう生きたか。彼に代ってその数奇な“身 分帳”(刑務所内の個人記録)を精緻に構成して、鮮烈な文学作品に結実させた労作。
伊藤整文学賞受賞。
2020年7月15日に新カバーにて刊行予定。解説:西川美和監督
BOOK 倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000342343

タイトル:『すばらしき世界』
原案:佐木隆三著「身分帳」(講談社文庫刊)
脚本・監督:西川美和
出演:役所広司、仲野太賀、橋爪功、梶芽衣子、六角精児、北村有起哉、長澤まさみ、安田成美
配給:ワーナー・ブラザース映画

2021年春、全国公開予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.