フランツ・カフカ
無能、あらゆる点で、しかも完璧に

20世紀を代表する偉大なる小説家フランツ・カフカ。
そんなカフカですが、実は小説以上に彼の存在が不条理で、何かにつけては絶望せずにはいられない根っからの絶望中毒という事実はあまり知られていません。
そんなカフカが、現代の東京で生活しながら、ある時は“SNSの承認欲求”に、またある時は“婚活”に絶望する摩訶不思議なコメディが「カフカの東京絶望日記」です。
完膚なきまでに絶望に打ちのめされるカフカ(鈴木拡樹)の壮絶かつ優美な姿は、あなたに生きる希望を与えることでしょう。ご期待ください。

★ フランツ・カフカとは

1883年ボヘミア王国(現在のチェコ共和国)出身。裕福なユダヤ人商人の息子として生まれ、大学で法律を学んだのち、半官半民の労働者災害保険協会に勤務。サラリーマン生活を送りながら、ドイツ語で小説を執筆。その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記、恋人などに宛てた膨大な数の手紙からなり、未完の作品も多い。
代表作は、ある朝目覚めたら巨大な虫に変わり果てた男を描いた「変身」、「審判」など。
20世紀最高の小説家という評価を受ける一人。

  • TOPへ戻る
  • NEWS
  • INTRODUCTION
  • STORY
  • CHARACTER
  • CAST&STAFF
  • ON AIR
  • PRODUCTS
  • SPECIAL
  • MOVIE
  • NEWS
  • INTRODUCTION
  • STORY
  • CHARACTER
  • CAST&STAFF
  • ON AIR
  • PRODUCTS
  • SPECIAL
  • MOVIE

TOPへ戻る

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.