バンダイナムコフィルムワークス
BANDAI NAMCO

V-SOTARAGE

商品詳細

DVD

トラップ一家物語 Vol.9

トラップ一家物語 Vol.9

ジュリー・アンドリュース主演のミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」などで有名な、
オーストリア・ザルツブルグを舞台に繰り広げられる、音楽を通じて結ばれた家族の愛情物語。

DVD

トラップ一家物語 Vol.9

ジュリー・アンドリュース主演のミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」などで有名な、
オーストリア・ザルツブルグを舞台に繰り広げられる、音楽を通じて結ばれた家族の愛情物語。

商品情報

発売日 2002.7.25
ジャンル TVアニメ
品番 BCBA-1113
税込価格(10%) ¥4,180
税抜価格 ¥3,800
スペック カラー/確/94分/ドルビーデジタル(モノラル)/片面1層/スタンダード/日本語字幕付(ON・OFF可能)

イメージ

愛に満ちた音楽が紡ぐ幸福――

内容

【4話収録】
■第33話「本当の家族」
 結婚式の翌日、新婚旅行として子供たちとハイキングに出かけたマリアとトラップ男爵。家に戻ると、ルーベルトの医科大学予科への合格通知が届いていた。喜ぶマリアと男爵だったが、そこへ一本の電話がかかってくる。それは、男爵が全財産を預けていた銀行が倒産したという電話だった…。これからどうやって生活すればいいかと悩む男爵に、マリアはトラップ邸を下宿屋にしようと提案し、子供たちもそれに協力することを約束する。
■第34話「ファミリー合唱団誕生」
 下宿屋を始めたマリアたち。最初の下宿人のヴァスナー神父は、礼拝堂でミサをとりおこなうほか、子供たちに歌も教えてくれていた。子供たちも家の仕事を手伝うようになるが、メイドのミミーはそれが心配でならない。そんなある日、オペラ歌手のロッテ・レーマンがトラップ邸を訪れ、夏の間だけ泊めてほしいと申し出る。そこで子供たちの歌声を聞いたロッテは、子供たちに音楽コンクールに出場するようにすすめる。
■第35話「歌声は風にのって」
 音楽コンクールでのトラップ一家合唱団の歌は評判になり、ラジオ出演の話がくる。最初は断ったトラップ男爵だったが、子供たちの祖母・ホワイトヘッド伯爵夫人が病気だという知らせが届き、ラジオなら歌声を届けられるというマリアの意見にしぶしぶながら賛成する。そして今度は、ラジオを聞いた大統領から大統領主催のパーティーで歌ってほしいと招待され、さらに、クライネンホールで演奏会を開いてほしいという依頼が舞いこむ。
■第36話「ナチス侵攻」
 演奏会当日。マリアや子供たちはいつも通り楽しく歌を披露し、途中、ヨハンナが蚊を吸い込んでしまうというトラブルもあったが、演奏会は無事に終了する。演奏会終了後、ホールの支配人が、アメリカの興行師ワグナーを連れてくる。ワグナーはトラップ一家合唄団にアメリカで演奏旅行をして欲しいと願い出るが、トラップ男爵はそれを断る。そして、1938年3月11日。ドイツ軍がオーストリアに侵攻したというニュースが流れてくる…。

製作年度:1991

スタッフ

第33話 演出・絵コンテ:楠葉宏三/作画監督:加藤裕美
第34話 演出:楠葉宏三、加賀 剛/絵コンテ:加賀 剛/作画監督:細井信宏
第35話 演出:楠葉宏三、則座 誠/絵コンテ:則座 誠/作画監督:田中 穣
第36話 演出・絵コンテ:斎藤次郎/作画監督:大城 勝

製作:本橋浩一/製作管理:高桑 充、中島順三/企画:清水賢治、大橋益之助、佐藤昭司/企画協力:ヨハネス・フォン・トラップ、ハンス・ウィルヘルム/脚本:しろやあよ/音楽:風戸慎介/主題歌:OP「ほほえみの魔法」歌:伊東恵里 ED「両手を広げて」歌:伊東恵里/キャラクターデザイン:関 修一/美術設定:伊藤主計/美術監督:森元 茂/プロデューサー:和田 実、松土隆二/監督:楠葉宏三/制作:日本アニメーション、フジテレビ

キャスト

マリア:勝生真沙子/トラップ男爵:堀 勝之祐/ルーペルト:安達 忍/ヘートヴィッヒ:川村万梨阿/ヴェルナー:松岡洋子/小さいマリア:白鳥由里/ヨハンナ:石川寛美/マルティナ:鈴木砂織/アガーテ:渡辺菜生子/ヴァスナー神父:森 功至/ロッテ:秋元千賀子

レーベル:バンダイ

発売元:バンダイナムコフィルムワークス

販売元:バンダイナムコフィルムワークス

(c)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.1991

その他関連商品