バンダイナムコフィルムワークス
BANDAI NAMCO

V-SOTARAGE

商品詳細

DVD

牧場の少女カトリ 9

牧場の少女カトリ 9

明るく賢い、そして優しい少女カトリは、年老いた祖父母を助けるためにひとり働きに……。
さまざまな人との出会いと別れを糧として、カトリは一歩一歩と成長していく。
いつか胸に秘めた「夢」を叶えるために……。

DVD

牧場の少女カトリ 9

明るく賢い、そして優しい少女カトリは、年老いた祖父母を助けるためにひとり働きに……。
さまざまな人との出会いと別れを糧として、カトリは一歩一歩と成長していく。
いつか胸に秘めた「夢」を叶えるために……。

商品情報

発売日 2001.5.25
ジャンル TVアニメ
品番 BCBA-0691
税込価格(10%) ¥4,180
税抜価格 ¥3,800
スペック カラー/確/103分/ドルビーデジタル(モノラル)/片面1層/スタンダード/日本語字幕付(ON・OFF可能)

特典・仕様

他、仕様 ジャケットイラストは三浦辰夫による描きおろし!

内容

【4話収録】
■第34話「ヘルシンキ行き」
 ご主人のカルロが負傷した。ロッタはすぐに出発しようとするが、ヘルシンキ行きの汽車はもう出た後だった。翌朝、ロッタはカトリとクラウスを連れて早く家を出る。しかし御者のペッカが汽車より馬車の方が速いと思い込んでいて、あやうく汽車に乗り遅れそうに……! ヘルシンキはカトリにとって初めての都会。驚きの連続だった。不安を胸に病室に入るロッタ。しばらくして病室から出てきたロッタはクラウスを抱きしめ、「お父さんは亡くなったわ…」と!
■第35話「父と娘」
 カルロは軍人墓地に埋葬された。過労で倒れてしまったロッタに代わり、カトリはお金を借りるため、ロッタの父の友人が経営する会社へ出かける。しかし社長は客人と話し込んでいて出てこない。数時間後、客人を見送った社長にロッタからの手紙を渡すと、社長は出ていった客人こそロッタの父エリアスだ、と叫ぶ。カトリはエリアスを追いかけ、ロッタのもとに連れていく。エリアスはロッタをなぐさめ、「いつでもトゥルクに帰ってこい」と言うのだった。
■第36話「奥様の決意」
 ある日、ロッタはカトリにもっと遠いところで働いても大丈夫か、と訪ねる。お屋敷を辞めさせられるのでは、と不安になったカトリは、クラウスと遊んでいても上の空だ。しかし、ロッタの考えは屋敷や農場をビリヤミ夫婦に譲り、カトリを連れてトゥルクの父の屋敷に移る、というものだった。学校にも通わせてもらえると聞いて感激するカトリ。一方、ペッカはもう二度とカトリには会えないのでは、と胸がつぶれそうな悲しみを覚える。
■第37話「迷子のアベル」
 カトリはトゥルクに行く許しを得るため祖父母のもとへ帰ることにした。カトリはアベルを都会に連れていくことに不安を感じ、ペッカのもとに預けることにする。カトリが実家に帰る日、アベルは綱がほどかれたとたんカトリを追いかける。カトリはライッコラ屋敷に立ち寄り、赤ちゃんの誕生を祝う。学校に通えそうだ、と言うカトリに「どこかの奥様になることを考えた方がいい」というウッラ。そのころアベルはカトリを探してうろつき回っていた。

製作年度:1984

スタッフ

第34話 絵コンテ:清瀬二郎/作画監督:佐藤好春
第35話 絵コンテ:清瀬二郎/作画監督:森友典子
第36話 絵コンテ:清瀬二郎/作画監督:高野 登
第37話 絵コンテ:清瀬二郎/作画監督:佐藤好春

原作:アウニ・ヌオリワーラ/製作:本橋浩一/製作管理:高桑 充/企画:佐藤昭司、久保田栄一/脚本:宮崎 晃/音楽:冬木 透/美術:阿部泰三郎/キャラクターデザイン:高野 登/プロデューサー:松土隆二/監督:斉藤 博/制作:日本アニメーション、フジテレビ

キャスト

カトリ:及川ひとみ/ペッカ:塩屋 翼/ロッタ:滝沢久美子/クラウス:高坂真琴/ビリヤミ:橋本晃一/アリーナ:木藤聡子/ヘンリッカ:片岡富枝/エリアス:勝田 久/ウッラ:杉田郁子/ナレーター:武藤礼子

レーベル:バンダイ

発売元:バンダイナムコフィルムワークス

販売元:バンダイナムコフィルムワークス

(c)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.1984

その他関連商品