• アニメ・特撮

2016.06.14 18:53UP

「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」氷川竜介コラム「超人探訪記」更新!第20回「ベトナム戦争とミリタリー玩具」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文:氷川竜介(アニメ特撮研究家)

 第20話に登場する「メコンデルタ」とはベトナム南部、湿地帯とジャングルが拡がるメコン川の「三角州」を意味する。1960年代中盤以後、ベトナム戦争への介入を強化したアメリカ軍はここで南ベトナム解放民族戦線と激戦を展開した。その軍事行動に日本が直接関与することはないが、基地を擁することで間接的には荷担していることになる。その問題意識が、日本の学生運動の根幹にあった。

 ベトナムを体験した米兵の多くは、故郷へ帰還後もトラウマを抱える。1975年4月30日のサイゴン陥落後、『ディア・ハンター』(78)、『地獄の黙示録』(79)など、戦争の意味を問いかける映画が製作された。アクション映画として知られる『ランボー』(82)も、第1作目は戦場にしか居場所を見つけられないベトナム帰還兵の孤立に焦点をあてている。

 さて日本の戦後はアメリカナイズの歴史でもあり、玩具の傾向にも影響をあたえている。女子の「人形遊び」は古くから日本にもあったが、米国マテル社の人形「バービー」が1962年に輸入され、ダッコちゃんで一世を風靡した日本の玩具メーカー、タカラ(現:タカラトミー)が和製アレンジの「リカちゃん人形」を1967年にヒットさせる。ポイントは「着せ替え」と「家庭用品」による「ごっこ遊び」だ。このシミュレーションには情操教育的効果もあるとされ、大流行となった。

>>続きはコンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜公式サイトへ


▼コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 公式サイト
http://concreterevolutio.com/
▼コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 公式Facebook
https://www.facebook.com/concreterevolutio
▼コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 公式Twitter
@conrevoinfo / ハッシュタグ: #コンレボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.