ニュースココだけ | 月とライカと吸血姫

『月とライカと吸血姫』第8話~第11話振り返りスペシャルコラム! 「 イリナとレフ、二人が望む未来とは?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ最終話を目前に控えるTVアニメ『月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)』!本作は、「ガガガ文庫」(小学館)にて2016年から原作小説の刊行がスタートし、2018年には「このライトノベルがすごい!」の文庫部門で4位にランクインした人気作。吸血鬼の少女と宇宙飛行士候補生の青年が、種族の壁を越えて宇宙を目指す異色のストーリーだ。主人公である吸血鬼の少女・イリナを林原めぐみが演じることや劇中の音楽を光田康典が手掛けることなどが大きな話題に。2回目となる今回は、物語の第2章ともいうべき第8話以降の見どころをお届け。ここまでのストーリーをおさらいして、最終話の放送にそなえよう!

レフが宇宙飛行士を目指す第2章!
最終候補生たちによる熾烈な争いが開幕―!


第7話でイリナが無事に宇宙から帰還し、『ノスフェラトゥ計画』は成功。第8話からはいよいよ、レフが人類初の宇宙飛行士を目指すストーリーが開幕する! イリナの教官役として計画成功への貢献を認められたレフは、正式な宇宙飛行士候補生に再昇格。研究員のアーニャにイリナのことを託し、脱落者続出の厳しい訓練に復帰すると、“ミェチタ・シェスチ”と呼ばれる宇宙飛行士の候補者6人を選抜する試験をなんとかクリア。さらには、ミハイル・ヤシン(CV:日野聡)、ローザ・プレヴィツカヤ(CV:小松未可子)とともに、最終候補者である上位3名に選ばれる。しかし、人類初の宇宙飛行士として歴史に名を残すのは、たった1人――。

第9話では“サングラードの白薔薇”と称される候補生唯一の女性、ローザに大きくスポットがあたる。これまでイリナに差別的な発言をしてきた彼女は、レフに対しても「舌の上ではハチミツ、心の中は氷」だと言って信用しない。これはロシアのことわざで、甘い言葉を言っていても本心は正反対だという意味。レフの「一緒に頑張ろう」という甘く優しい言葉は、本心ではないと疑っているのだ。
しかし、パラシュート降下訓練中に彼女がミスをした際、危険を顧みずレフが助けてくれたことで、その頑なだった態度が変化。男性が優位な軍の中で、女性ゆえに見下されてしまうというローザの苦悩が明らかになる。ここで、彼女の印象がガラっと変わった視聴者も多いのではないだろうか?

イリナに迫る危機。離れ離れになる二人。
再会は叶うのか?

レフたちが訓練に励む一方で、イリナの身には危険が迫っていた。街中で突然、“運送屋”と呼ばれる秘密警察のメンバーに命を狙われてしまうのだ。結果的に無事だったものの、『ノスフェラトゥ計画』の情報漏洩防止のため、いつでも“処分”されかねないイリナの危うい立場を改めて思い知らされるシーンだ。

後日、イリナはこれまでいた都市ライカ44を離れて、首都サングラードで働くことになったとレフに告げる。送別会という最後の二人きりの時間が描かれる第10話では、初めて観る映画に大はしゃぎするなど、イリナの可愛らしいシーンが目白押し。とくに、アーニャに何度も味見を頼んで、レフのために料理を作ってきたという、いじらしさがたまらない! ロマンチックな雰囲気になるものの、邪魔が入ってしまい、宇宙から帰ったらまた会う約束をして別れてしまう2人。
しかし、サングラードで働くというのは、レフを心配させないためのイリナの嘘だったことが後になって発覚。有人飛行が成功したら用無しの自分は殺されると覚悟しながら、病院で軟禁生活を送るイリナ。打ち上げ前にサングラードへやってきたレフを偶然見つけても、近づくことすら許されない……。

第11話では、いよいよロケットの打ち上げ日が決定し、レフはついに念願の宇宙飛行士に選ばれる。「皆の夢を背負い、皆に笑顔をもたらす責務を果たせる者」として、数多くの取材の人間や候補生の仲間たちが見守るなか、ついに宇宙へ! 打ち上げは無事成功し、イリナがそうしたように今度はレフが、イリナだけに伝わるメッセージを宇宙から発信。史上初の有人飛行成功は全世界に伝えられ、病院にいるイリナの耳にもそのメッセージが届く。しかし、誰より先に宇宙へ行ったイリナの偉業は人々に知られることなく、彼女は処分されようとしている。イリナが屋上で泣き崩れるシーンは、あまりにも切ない。寄り添ってくれるアーニャの存在が、せめてもの救いだ。
第11話のラストでは、そのアーニャが「私とても怒っているんです。恋も自由にできないこの国に!」と、かつてなく感情を爆発させるシーンが印象的だった。これまで、レフとイリナの恋のキューピッド的存在だった彼女は、最終話で一体どんな行動に出るのだろうか。

物語はクライマックス! 宇宙から戻ったレフは、イリナの努力や偉業がなかったことにされ、自分ばかりが賞賛を浴びる毎日に違和感を覚えながらも、凱旋式の準備に追われている。そんな彼に、秘書官のリュミドラ・ハルロヴァ(CV:M・A・O)は、「宇宙という新世界へ到達したあなたは民衆を導く権利を得た」「革命を起こすかはあなた次第」と告げるが、英雄となったレフは最後にどんな選択をするのか。そして悲しみに暮れるイリナは、再びレフに会えるのか……。最終話をお見逃しなく!

文・中島文華

新章突入!最新PV公開!

<前半クライマックス直前>第6話までの振り返りPV公開!

TVアニメ「月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)」作品情報

テレビ東京、BS日テレ、サンテレビ、KBS京都にて好評放送中!


▼月とライカと吸血姫公式サイト
tsuki-laika-nosferatu.com
▼月とライカと吸血姫公式Twitter
@LAIKA_anime

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.