ニュースココだけ | テスラノート

開講!『テスラノート』諜報員養成講座 第3回「CIA」についての考察「テスラノート 諜報部報告書」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

諜報員見習いの諸君! ごきげんいかがかな? TVアニメ『テスラノート』諜報員養成講座の第3回は、この僕、ミッキー・ミラーがお届けしよう! 今回は、我々が所属し、アメリカ合衆国、ひいては世界の安全を守るために活動する諜報組織「CIA」について学んでいただこうではないか!

アメリカの安全保障のために構成された諜報組織

CIAの正式名称はCentral Intelligence Agency(中央情報局)。アメリカには、第二次世界大戦中に敵国の情報収集をはじめ、プロパガンダや情報操作などを行う組織として、「戦略情報局(Office of Strategic Service=OSS)」という、スパイ活動などを行う特務機関が存在していた。第二次世界大戦の終戦後に、軍事目的として活動してきたOSSは解散。新たに国家の安全保障のために諸外国の情報を一括して収集する、OSSの活動を継承する組織として、CIAが第33代大統領であるハリー・S・トルーマンによって設立された。OSSはアメリカ軍の組織であったが、CIAは軍からは独立し、アメリカ国家安全保障会議の直轄機関となっている。

アメリカ合衆国とその友好国と敵対する国家やテロ組織からの脅威に対処するため、高い情報収集能力を持つスパイや特殊工作員を養成し、世界各国へと派遣。彼らの諜報活動で得られた情報を一括して集めて管理することで、国家規模の安全対策を行うのを任務としている。その活動は多岐にわたり、諜報・謀略、ハッキングやサイバー攻撃、さらには脅威となる要人の排除までも行っている。

CIAとニコラ・テスラの関わり

本作では、ハリー・S・トルーマンは、ニコラ・テスラから科学技術の面で協力を得ていたと描かれている。テスラからの技術提供の見返りとして、「テスラの欠片」の暴走の阻止と回収を依頼されており、CIAは回収活動にミッキー・ミラーとオリバー・ソーントンを担当官として派遣している。
「テスラの欠片」の収集に関しては、「小さな家」と呼ばれる謎の秘密結社が関わっていることが判明。その組織の全貌解明と、「テスラの欠片」が彼らの手に渡ることを阻止するのもCIAの任務となっているのだ。


※今回紹介した「CIA」についての説明は、本作の世界観・設定に基づいた解釈です。

 


TVアニメ「テスラノート」好評放送中!

『テスラノート』Blu-ray BOX(特装限定版) 2022年3月29日発売!

全13話収録 /¥33,000円 (税込) /品番:BCXA-1700/収録時間:約330分/Disc:リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G×3枚/16:9<1080p High Definition>

発売・販売元:バンダイナムコアーツ

■特典&仕様

●ショートアニメ「ミッキーとオリバーのエージェント養成講座」第1回~第13回
●PV&CM集
●特製ブックレット(56P)
●キャラクター原案 POKImari描き下ろし三方背ボックス

▼TVアニメ「テスラノート」 公式サイト
https://teslanote.net/

▼TVアニメ「テスラノート」 公式Twitter
@teslanote / 推奨ハッシュタグ#テスラノート #teslanote

続きを読む

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.