ニュース | 『A.I.C.O. Incarnation』

1月13日(日)開催『A.I.C.O. Incarnation』 第1話~第6話上映 Blu-ray Box 発売記念メインキャスト舞台挨拶付き上映会イベントレポート到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NETFLIXで全世界好評配信中のオリジナルバイオSFアクション「A.I.C.O. Incarnation」が、Blu-ray BOX(全2巻)で発売決定。第1巻は2019年2月26日、第2巻は3月28日に発売。このたび、1月13日に開催された、第1話~第6話上映のBlu-ray Box 発売記念メインキャスト舞台挨拶付き上映会のイベントレポートが到着しました。

1月13日(日)開催 第1話~第6話上映 Blu-ray Box 発売記念 メインキャスト舞台挨拶付き上映会 イベントレポート到着!

今回の上映会は、「A.I.C.O. Incarnation」の第1話~第6話を上映。上映終了後、観客の盛大な拍手のなか、主人公である橘 アイコ役の白石晴香さん、神崎雄哉役の小林裕介さんと、芹 遙香役の名塚佳織さん、三沢 楓役のM・A・Oさん、村田和也監督が登場し、舞台挨拶が行なわれた。


▲左から名塚佳織、小林裕介、白石晴香、M・A・O、村田和也監督


▲舞台挨拶中の様子

話題は、約2年前に行われたアフレコについて。時間が経っても記憶に残っているエピソードが多かったようで、キャストの面々は和気あいあいと思い出や収録時の裏話を語った。

収録では毎回手が震えるほど緊張していたという白石さん。そんな中、アフレコ時に小林さん、M・A・Oさんとネコのお絵描き対決をしたエピソードを披露。 「ただひとり、手足を描いたから」という理由で、M・A・Oさんが勝利となったそうだ(小林さんは「どんぐりの背比べで、勝負は引き分け」と主張)。
小林さんは、“ダイバー”や“エリア”など、アクセントが平坦になる本作の独特なイントネーションが印象的だと語った。
名塚さんは、アフレコ時に子安武人さん(伊佐津恭介役)や大川透さん(黒瀬 進役)と席が近かったそう。演じたキャラクターに含みがあるセリフが多かったので、いい人を演じれば演じるほど裏があると怪しまれるのではないかと皆で話していたそうだ。
M・A・Oさんは、切り込み隊長的な存在でストレートな性格の楓を演じられて、楽しかったとのこと。なお、作中で楓のバディ(相棒)だった遙香役の名塚さんは、楓と、楓を演じたM・A・Oさんがとても可愛かったので、楓については相棒というより娘のように感じていたそう。

最後に、同じく新宿ピカデリーで1月20日に行なわれる第2回目の上映会に向け、小林さんが観客に本作の掛け声と合いの手を伝授。雄哉の印象的なセリフ「さあ、始めようか」を口にしたら、「ウィルコー!」(“了解”を意味する作中のセリフ。“I will comply”の略)と返してほしいと呼びかけた。その場でも練習と称して、かけ声を実際にやってみることに。会場の息の合ったレスポンスにとても満足そうな小林さんが印象的だった。
終始笑顔が絶えない和やかな雰囲気のまま、最後に登壇者全員から観客に向けてメッセージを伝え、上映会イベントは終了した。

登壇者全員からのメッセージ

●白石晴香(橘 アイコ役)


▲白石晴香

「A.I.C.O. Incarnation」は、近未来的なSFアクションという作風のなかで、それぞれのキャラクターの過去や人間関係、家族愛といったものが語られていくところが魅力的です。それぞれのキャラクターの目線に沿っていろいろな見方ができると思いますので、ぜひNETFLIXやBlu-ray Boxで見返していただきたいです。

●小林裕介(神崎雄哉役)


▲小林裕介

作り込まれたダークな雰囲気のSFで、近い将来にこのようなことがじゅうぶんに起こりうると感じました。未来について少し不安になったり、考えさせられるところがある作品だと思います。

●名塚佳織(芹 遙香役)


▲名塚佳織

未来を描いた作品ですが、セリフにどこか昭和感がある雰囲気が好き(笑)。ちょっぴりキザめなセリフも作品にとても良く馴染み、世界に没頭することができて楽しかったです。

●M・A・O(三沢 楓役)


▲M・A・O

自分の年齢と近いキャラクターたちが、ぶつかったり、協力したりしながら目的に向かっていくところが印象的でした。私が演じさせていただいた楓は前向きで明るい女の子だったので、楽しみながらやらせていただきました。

●村田和也監督


▲村田和也監督

ぜひ全話通して見ていただいて、「A.I.C.O. Incarnation」がどのような作品であったか確かめていただきたいと思います。そのうえで、本作で取り上げたテーマについて、この作品をきっかけに興味を持っていただければ嬉しいですね。

Blu-ray Box 特装限定版 全2巻が発売決定!! 第1巻は2019年2月26日発売!!

2018年3月9日よりNetflixで全世界独占配信されている監督・村田和也(「翠星のガルガンティア」「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」)×制作・ボンズ( 「交響詩篇エウレカセブン」「僕のヒーローアカデミア」)のタッグで贈る、オリジナルバイオSFアクション「A.I.C.O. Incarnation」がBlu-ray BOX(全2巻)で発売決定致しました。

第1巻

第2巻

キャラクター原案:鳴子ハナハル氏による描き下ろし収納BOX付き

第1巻特典
特典

☆鳴子ハナハル描き下ろしコミックを収録した特製ブックレット(約100P)
☆鳴子ハナハル描き下ろし収納BOX
☆石野聡描き下ろしインナージャケット

音声特典

☆スタッフ&キャストオーディオコメンタリー
#1:村田和也、小林裕介、白石晴香
#4:小林裕介、白石晴香、村田太志、 名塚佳織

映像特典

☆PV集

※特典・仕様は変更になる場合がございます

BCXA-1403/18,000円(税抜)/本編147分+特典映像12分(予定)/6話収録/リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G/16:9<1080p High Definition>
発売・販売元:バンダイナムコアーツ
第2巻(BCXA-1404)は2019年3月28日発売

第1巻、第2巻をセットにし、特典を追加したBVC限定 Collector’s Editionも発売決定! 2019年2月26日同時発売!

※Collector’s Editionはバンダイナムコアーツ公式通販サイト・バンダイビジュアルクラブ(BVC)の専売商品となります。

BVC限定 Blu-ray Box Collector‘s Edition (初回限定生産) 専用特典

☆原画集(32P)
☆BVC限定 特製BOX in BOX

BCXM-1403/38,000円(税抜)/(本編297分+特典15分)/12話収録/リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G×2枚/16:9<1080p High Definition>/日本語・英語字幕付(ON・OFF可能)
※Collector’s Editionの専用特典以外の収録内容&仕様&特典はBlu-ray Box 特装限定版 第1巻(BCXA-1403)、第2巻(BCXA-1404)と共通です
○BVC:https://bvc.bandaivisual.co.jp/feature/293/

Netflixにて全世界好評配信中!!
Netflix:https://www.netflix.com/jp/
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/NetflixJP
ツイッター(@NetflixJP):https://twitter.com/NetflixJP
フェイスブック:https://www.facebook.com/netflixjp
インスタグラム:https://www.instagram.com/netflixjp/

キャラクターデザイン・石野聡描き下ろしキービジュアル第2弾

キャラクターデザイン・石野聡描き下ろしインナービジュアル 1巻

キャラクターデザイン・石野聡描き下ろしインナービジュアル 2巻

<スタッフ>
原作:BONES/監督:村田和也/シリーズ構成:野村祐一/キャラクター原案:鳴子ハナハル/キャラクターデザイン・総作画監督:石野 聡/コンセプトデザイン:岡田有章/メインメカニックデザイン:高倉武史/マターデザイン:三輪和宏/美術監督:東 潤一/色彩設計:岩沢れい子/CGIディレクター:太田光希/撮影監督:福田 光/編集:坂本久美子/音楽:岩代太郎/サウンド・プロデュース:UTAMARO Movement/音楽制作:ランティス/オープニング主題歌:TRUE/エンディング主題歌:白石晴香/音響監督:明田川仁/音響効果:古谷友二/アニメーション制作:ボンズ

<キャスト>
橘アイコ:白石晴香/神崎雄哉:小林裕介/相模芳彦:古川 慎/水瀬一樹:村田太志/芹 遙香:名塚佳織/三沢 楓:M・A・O/篠山大輔:竹内良太/白石真帆:茅野愛衣/黒瀬 進:大川 透/伊佐津恭介:子安武人/南原顕子:田中敦子

【あらすじ】
バイオテクノロジーが急速に発展した、近未来の日本――。
人工生体の研究中に起きた大事故“バースト”により、黒部峡谷一帯は暴走した人工生命体“マリグナント・マター”に侵蝕された。
その災厄から2年後の2037年。バーストで家族を失った15歳の少女・橘アイコは、謎を抱えた転校生・神崎雄哉と出会う。
彼はアイコの身体に隠された“秘密”と、それを解くことができる“鍵”の在り処を告げる。
「この災厄に終止符を打てるのは......君しかいないんだ」
運命に翻弄された少女が、辿り着く先とは――。


▼『A.I.C.O. Incarnation』 公式サイト
http://www.project-aico.com/
▼『A.I.C.O. Incarnation』 公式Twitter
@Project_AICO / 推奨ハッシュタグ: #AICO #アイコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.