ニュース | 宇宙戦艦ヤマト

好評上映中『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』舞台挨拶レポート公開!シリーズ最新作『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』特報解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『宇宙戦艦ヤマト2199』シリーズと『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』シリーズを、新たな切り口で再構成した特別総集編 『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202 年の選択』が全国36 館にて期間限定上映中です。

この度、6月12日(土)新宿ピカデリーにて、上映記念舞台挨拶が実施されました。アベルト・デスラー役・山寺宏一さん、森雪役・桑島法子さん、構成・監修・脚本・福井晴敏さん、ディレクター・佐藤敦紀さん、また、MCとして桐生美影役の中村繪里子さんが登壇し、作品の感想や観客へのメッセージはもちろん、シリーズ最新作『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』などについても語ったイベントレポートが到着!

また、10月8日(金)より劇場上映開始となる完全新作で描くシリーズ最新作『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』の特報も解禁となりました。

6月12日(土)『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202 年の選択』上映記念舞台挨拶レポート公開!

『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦 2202 年の選択』 上映&上映記念舞台挨拶

劇場:新宿ピカデリー(東京)
登壇者:山寺宏一(アベルト・デスラー役)、桑島法子(森雪役)、福井晴敏(構成・監修・脚本)、佐藤敦紀(ディレクター)、MC 中村繪里子(桐生美影役)
日時:2021 年 6 月 12 日(土)


写真左から 中村繪里子(MC/桐生美影役)、山寺宏一(アベルト・デスラー役)、桑島法子(森雪役)、佐藤敦紀(ディレクター)、福井晴敏(構成・監修・脚本)

イベントレポート●『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦 2202 年の選択』

6 月 11 日(金)より全国 36 館の劇場で上映を開始した特別総集編『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦 2202 年の選択』。その上映記念舞台挨拶が、6 月 12 日(土)新宿ピカデリーにて催された。登壇したのは、アベルト・デスラー役の山寺宏一、森雪役の桑島法子、構成・監修・脚本の福井晴敏、ディレクターの佐藤敦紀。また、舞台挨拶の司会は桐生美影役の中村繪里子が担当した。

冒頭には、古代進役・小野大輔からのコメント VTR が上映され、シリーズに携わり作品が歴史として紡がれていくことへの感慨、そして『宇宙戦艦ヤマト 2199』『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』シリーズに続く、最新作『宇宙戦艦ヤマト 2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』の上映が 2021 年 10 月 8 日より始まることが、小野の言葉として、来場者に伝えられた。

VTR の後、出演者が登壇し舞台挨拶がスタート。まずは、今作『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦 2202 年の選択』について話題が展開された。佐藤ディレクターからは「すべての映画に言えることですが、この日を迎えられたことが本当に嬉しい限りです。」と安堵の挨拶からスタートした。続いて、MC 中村からの「『2202』だけでなく『2199』、加えてそれ以前の私たちの世界史までを含んだ内容になっているが、そのような構成になった経緯は?」との質問に、福井は「シリーズを見たことのない方に向けて、作品の世界が、自分たちの世界と地続きだということ。
『2199』『2202』合わせた全 52 話のストーリーを追うだけではなく、“個人のキャラクターから見たドラマ”という新しい作品を生み出すことを考えました。」と、本作が様々な方に向けて制作されたことを語った。

また、今作を見た桑島は「古代進でも森雪でもなく真田の視点から描いていく、という斬新な設定に引き込まれました。このような大作に関われたことに感謝しています。」と、山寺は「すごいドキュメンタリーを見た。これほどのフェイクドキュメンタリーのアニメーションはこれまで存在したのか、と思うほどにリアリティを感じました。」と、作品への驚きを述べた。

そして、舞台挨拶の後半には、6 月 11 日にティザービジュアル等の作品情報が解禁された『宇宙戦艦ヤマト 2205 新たなる旅立ち 前章-TAKE OFF-』へと話題が移り、福井からは「先日、山寺さんのアフレコが終わりました。本当に胸に響く作品になったように思います。」また、デスラーをメインに据えたティザービジュアルについて「『2205』は古代とデスラーのダブル主演と言っても過言ではない作品。」と、益々広がっていく「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの歴史、そして展開していく物語への期待が募るコメントで締めくくられた。最後は、桑島、山寺、佐藤、そして福井から一言ずつの挨拶で、舞台挨拶を締めくくった。

【キャスト・スタッフ 挨拶】
●桑島法子さん(森雪役)

「本当に今日を迎えられて嬉しく思います。まだまだ上映期間ありますので、一人でも多くの方にヤマトが届きますように。そして、『2205』本当に期待しておいてください。『2205』には、新しいクルーが多く登場し、新しい風が吹いているので、雪は見守っていきたいと思います。」

●山寺宏一さん(アベルト・デスラー役)

「本日はお集まり頂き、ありがとうございました。何度も作品を見ていますが、ラストの真田の語りは、今の時代に大切なことが詰まっていると感じています。ヤマトをはじめてみる方にこそお勧めしたい作品ですので、今作を是非たくさんの方に進めていただきたいです。」

●佐藤敦紀さん(ディレクター)

「ついこの前まで閉まっていた劇場に、お客さんがいることにしみじみと嬉しく思います。作品は皆さんに視聴いただいて初めて作品として成就できると思っていますので、この作品はもちろん、他の映画も愛して欲しいです。」

●福井晴敏さん(構成・監修・脚本)

「今作は、今までの総集編というよりも、新しいスタートラインのような作品です。これからもリメイクヤマトシリーズは、壮大な物語として続いていきます。今作を視聴すれば『2205』を存分に楽しめますので、是非たくさんの方に広めていただきたいです。『2205』の上映の際、満員のスクリーンで再びお会いできることを楽しみにしています。」

『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』特報解禁!

10 月 8 日(金)『宇宙戦艦ヤマト 2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』 特報公開

1979 年に放送され、高視聴率を獲得したテレビスペシャル『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』 をモチーフに、全二章で描く完全新作「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ最新作。〈前章 -TAKE OFF-〉は、劇場上映・Blu-ray 特別限定版販売・デジタルセル配信を 10 月 8 日[金]より同時スタートします。そして、2021 年 10 月 8 日(金)より劇場上映がスタートする『宇宙戦艦ヤマト 2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』の特報が、本日公開となりました!

『宇宙戦艦ヤマト 2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』 特報


▼宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 公式サイト
http://yamato2202.net/
▼宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 公式Twitter
@new_yamato_2199
宇宙戦艦ヤマト2202 特集サイト 宇宙戦艦ヤマト紀行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.