ニュース | 攻殻機動隊 SAC_2045

3カ月間の期間限定でTwitter絵文字となって登場!“タチコマ”『攻殻機動隊 SAC_2045』ver.大解剖!設定画も解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。
最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、『APPLESEED』シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品で、Netflixにおいて4月23日(木)より、全世界独占配信されます。

新映像、新情報が解禁される度にとファンの心を掴んで離さない多脚思考戦車“タチコマ”。多脚思考戦車でありながら公安9課のメンバーと共に戦い本作でも抜群のコンビネーションで大活躍となっている。その活躍は画面の中だけにとどまらず現実世界でも健在で、ドイツ・ベルリン発の雑誌『HIGHSNOBIETY』で、オープニングテーマを担当した常田大希(millennium parade、King Gnu)と表紙に起用、アクションフィギュアほか各種グッズの発売など、“タチコマ”が関わるコラボレーションが続々登場します!
この度、“タチコマ”が4月9日(木)より3カ月間の期間限定でTwitter絵文字となって登場!さらに『攻殻機動隊 SAC_2045』ver.の設定も解禁となりました。

“タチコマ”『攻殻機動隊 SAC_2045』ver.大解剖!設定画も解禁!

<タチコマ/CV:玉川砂記子>
公安9課が保有していた多脚思考戦車。現在は草薙素子率いる傭兵部隊において運用されている。
人工ニューロチップを用いたAIを搭載し、自ら思考し自律的に行動する。マニピュレータと擲弾発射器及び熱光学迷彩等を備える。

そんな人気キャラクター“タチコマ”は『攻殻機動隊 SAC_2045』での設定は、<高さ1.3メートル、幅2.0メートル、奥行2.2メートル>従来のサイズよりもひとまわりコンパクトになり“バトー”がギリギリ乗れるサイズに生まれ変わった。本編でも第一話から大好きな“バトー”との息の合った掛け合いはもちろん、激しい銃撃戦を含むアクションシーンは見応えたっぷりな内容となっている!

配信を記念して制作された“実物大タチコマ”が、先月、生配信番組でお披露目されると監督、キャスト陣からも、細部に渡る忠実さを絶賛され興奮を隠せない様子でみんなから愛されているキャラクターであることを証明する形となった!

4月9日(木)より3カ月間の期間限定でTwitter絵文字となって登場!

全世界配信より一足早く電脳空間にダイブ!
そんな世界中から愛される“タチコマ”が4月9日(木)より3カ月間の期間限定でTwitter絵文字となって登場!<#攻殻機動隊SAC_2045><#GhostInTheShellSAC_2045><#渋谷攻殻><#タチコマ><#tachikoma>のいずれかのハッシュタグで登場する仕組み。全世界配信まで“タチコマ”に会うのが待てないという方もそうでない方もTwitterで一足早く“タチコマ”と電脳空間にダイブしてみて欲しい!

世界中のカルチャーに多大な影響を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。『攻殻機動隊 SAC_2045』ではどのような世界が表現されているのか!?Netflixオリジナルアニメシリーズとして4月23日(木)攻殻機動隊の歴史に新たな1ページが刻まれる!

【作品概要】

NETFLIXオリジナルアニメシリーズ
攻殻機動隊 SAC_2045

Netflixにて2020年4月23日(木)より全世界独占配信スタート!! ※中国本土を除く

MAIN CAST

草薙素子:田中敦子/荒巻大輔:阪 脩/バトー:大塚明夫/トグサ:山寺宏一/イシカワ:仲野 裕/サイトー:大川 透
パズ:小野塚貴志/ボーマ:山口太郎/タチコマ:玉川砂記子/江崎プリン:潘めぐみ/スタンダード:津田健次郎

MAIN STAFF

原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)/監督:神山健治 × 荒牧伸志/シリーズ構成:神山健治
キャラクターデザイン:イリヤ・クブシノブ/3Dキャラクタースーパーバイザー:松重宏美/プロダクションデザイナー:臼井伸二・寺岡賢司・松田大介
モデリングスーパーバイザー:田崎真允/リギングスーパーバイザー:錦織洋介・井上暢三/エフェクトスーパーバイザー:清塚拓也
ライティングコンポジットスーパーバイザー:高橋孝弥/編集:定松 剛/音楽:戸田信子 × 陣内一真/サウンドデザイナー:高木 創
オープニングテーマ:「Fly with me」millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045
エンディングテーマ:「sustain++;」Mili
音楽制作:フライングドッグ/制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS/製作:攻殻機動隊2045製作委員会

【INTORODUCTION】

近未来SFの金字塔「攻殻機動隊」、神山健治 × 荒牧伸志による2045年の未来像
全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる公安9課が、今再び電脳犯罪に立ち向かう

情報ネットワークとサイボーグ(義体)技術の発達により人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来において電脳犯罪に立ち向かう全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる攻性の組織、攻殻機動隊。1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開され、その先鋭的且つ圧倒的な世界観とビジュアル表現により、全世界のクリエイターに影響を与えてきた近未来SFの金字塔が新たな未来像を提示する。『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組み、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが集結。迫力のサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる。制作はProduction I.G × SOLA DIGITAL ARTS。Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』は、4月全世界独占配信スタート。

【STORY】

持続可能な戦争(サスティナブル・ウォー)がもたらす新たな支配種“ポスト・ヒューマン”
再び組織される草薙素子率いる公安9課、通称“攻殻機動隊”

2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した。だが人々が、AIによる人類滅亡への危機を日常レベルで実感できるまでには衰退の進んでいない近未来――。
内戦・紛争を渡り歩き、廃墟が横たわるアメリカ大陸西海岸において、傭兵部隊として腕を奮っている全身義体のサイボーグ・草薙素子とバトーたち元・公安9課のメンバー。電脳犯罪やテロに対する攻性の組織に所属し、卓越した電脳・戦闘スキルを誇っていた彼女らにとって、この時代はまさにこの世の春である。そんな草薙率いる部隊の前に、“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が突如として現れる。彼らは如何にして生まれ、その目的とは。大国間の謀略渦巻くなか、いま再び“攻殻機動隊”が組織される――。


『攻殻機動隊 SAC_2045』
◎公式サイト https://www.ghostintheshell-sac2045.jp
◎公式Twitterアカウント @gitssac2045  ハッシュタグ #攻殻機動隊SAC_2045 #GhostInTheShellSAC_2045 #渋谷攻殻 #タチコマ #tachikoma
◎公式Facebookアカウント https://www.facebook.com/gitssac2045
◎公式Instagramアカウント https://www.instagram.com/gitssac2045_official

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.