ニュース | 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』6/17開催 音楽スタッフトークイベント オフィシャルレポート到着! 劇中歌 澤野弘之の「TRACER」MVを解禁! 6/23(水)制作スタッフトークイベント実施決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月11日(金)に封切りされ、週末の興行収入ランキング1位を達成し大ヒットスタートを切った『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。この度、公開を記念して6月17日(木)に実施された、音楽スタッフトークイベントのオフィシャルレポートが到着しました。また、澤野弘之さんが手掛ける劇中音楽のMVが新たに公開されました。更に、6月23日(水)にスタッフトークの実施が決定しました。

音楽スタッフトークイベントを実施!

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の6 月11 日(金)の公開を記念して、音楽スタッフのトークイベントが実施されました。本イベントには音響演出の笠松広司さん、音楽の澤野弘之さん、そして司会を務める本作のプロデューサー小形尚弘さんが登壇。3人が本作の『音』をテーマに語り合います!

オフィシャルレポート

6月11日(金)に公開した『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。初日の興行収入が1億9千万円を超える大ヒットスタートになった本作の音楽スタッフトークイベントが実施された。本作の音響演出の笠松広司さん、音楽の澤野弘之さん、小形尚弘プロデューサーが登壇し、制作の裏側や音のこだわりについて語った。

まずはじめに、プロデューサーの小形が、本作の冒頭にも出てくるハイジャック犯だったカボチャをかぶって登場し、会場を沸かせて始まった。

小形は「本作は企画当初から『音』にこだわりたいと思っていた」と言う。音響演出の笠松はこれまでのガンダム作品と比べて「40年の歴史がある作品なので、いかにその歴史を崩さず、いかに現代っぽくするか、というところでとても苦労しました。音は変わっているとはいえ、ファーストガンダムの面影が残っているといいな、と思って作っていましたね。」それに対し、お客さんからも拍手が送られた。また、「澤野さんがいるからいうわけでなく、今回は音楽の構築がすごくうまくいった。」と制作時のエピソードを語った。
その音楽を担当した澤野は『機動戦士ガンダムUC』『機動戦士ガンダムNT』からの付き合いだが「今回は大人のガンダムというところで、多くの楽曲はメロディを抑えて、メインテーマにメロディが強いのをという思いで作って行きました。」また村瀬修功監督からのオーダーもリズムメインでオーダーされていたようだ。笠松は「今回澤野さんとは初めてで、音楽がすごくつけやすかったです。さすがでした。」と澤野の印象を語った。

また、ダンスシーンに関して澤野は「ダンスシーンは音楽を作った際にそこまでのエフェクトはかけていなかったので、ダビングならではだなと思いました。そのシーンからモビルスーツが起動していくのが面白かったですね。」それに対し「どうやって繋げようかと思っていて、澤野さんの曲をかなりいじっちゃったので、怒られたらどうしようと思ってました。(笑)」という笠松に対し、澤野は「映像とのシンクロがとても気持ちよかったので、とてもよかったです。これは本当に楽しく有意義なダビングだったのでとてもよかったですね、怒るわけないです。(笑)」そのシーンに対して小形は「このシーンを見て、これはやったな。と思いました。走馬灯のところにバチっと決まった感があって、本当に気持ちよくてうまくいったなと思いました。」と、制作時にも手応えを感じていたことを明かした。続けて「その後のビーム音がまた好きですね。あれだけでご飯5杯食べられるくらい。もちろんサビも好きですよ?」と笑い、3人とも絶賛するシーンを語った。

また、歌付きの曲に関して澤野は「本編冒頭の「Mobius」は大人な雰囲気、ミステリアスな雰囲気が欲しいと言われていたので、そこを意識しました。最初はツインボーカルと言われていたが、3人にして主要キャラの3人のような構図にもなり、サウンド的にも、納得がいくものになりました」と語った。

笠松は「何回見てもいろんな発見ができると思うので、何回でも見に来てください」とコメント。また、澤野は「『UC』はパチンコになってますよね? ハサウェイは劇場でフィーバーして欲しいです!」と締めくくった。

今後の舞台挨拶も、様々な関係者が登壇する予定ですので、乞うご期待です。


笠松広司さん


笠松広司さん


澤野弘之さん


澤野弘之さん


小形尚弘さん


小形尚弘さん

澤野弘之 本作の劇中歌「TRACER」 MVを解禁

大ヒット公開中の映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』から、澤野弘之が手掛ける劇中音楽のMVが新たに公開されました。
今回公開された「TRACER」は、本編中盤、物語の舞台となるフィリピン・ダバオへの夜間襲撃シーンで使用されており、MVもBenjaminのボーカルと激しいカメラワークがドラマの急展開を思わせる映像となっています。MVはガンダム公式YouTubeチャンネル「ガンダムチャンネル」にて現在公開中。

Hiroyuki Sawano feat. Benjamin「TRACER」

Music by Hiroyuki Sawano
Lyrics by Benjamin & mpi

Vocal : Benjamin
Bass : Toshino Tanabe
Guitar : Hiroshi Iimuro, Masashi Tsubakimoto
Drums : Makoto Fujisaki
Piano : Hiroyuki Sawano

Video Directed & Editor : Taichi Nishimaki

▼▼▼SawanoHiroyuki Official Website▼▼▼
https://www.sawanohiroyuki.com/
▼▼▼SawanoHiroyuki[nZk] Official YouTube Channel▼▼▼
https://www.youtube.com/user/SawanoHiroyukiSMEJ/about
▼▼▼澤野弘之 [nZk]▼▼▼
https://twitter.com/sawano_nZk

6月23日(水) 『閃光のハサウェイ』スタッフトーク実施決定!

この度、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の6月11日(金)の公開を記念して、スタッフトークの実施が決定!
今回は原 英和さん(演出)、脇顯太朗さん(撮影監督)、岩下成美さん(サンライズ制作デスク)の3名をゲストに迎え、「撮影処理」にフィーチャーして、ダバオ襲撃シーンを中心とした本編の画作りについてのトークを展開!
※緊急事態宣言に伴い、予告なく変更・中止になる可能性がございます。予めご了承ください。

スタッフトーク概要

【日時】 6月23日(水)
18:40の回(上映後舞台挨拶)
【場所】新宿ピカデリー 
【登壇】原 英和さん(演出)、脇顯太朗さん(撮影監督)、岩下成美さん(制作デスク)、MC仲寿和さん(プロデューサー)
※登壇者は予告なく変更する場合がございますこと、予めご了承ください。

【チケット料金】全席指定料金1900円 (税込)均一
※ムビチケ使用可 ※各種招待券・無料鑑賞券等はご利用いただけません。

【座席指定チケット販売方法&発売日】
販売方法:劇場HPにてインターネット先行販売
インターネット先行販売:6月21日(月)22:00~(SMT Members会員様・非会員様ともに)
劇場窓口販売:6月22日(火)劇場OPENより販売(残席がある場合のみ)

【感染症対策における注意事項】
●ご来場の際は、マスクの着用をはじめとする映画館の新型コロナウイルス感染症予防対策へのご協力をお願いいたします。
ご協力いただけない場合には、ご鑑賞をお断りさせていただく場合がございます。
●ご入場の際の機器による検温にご協力ください。37.5度以上の発熱が確認された場合は、ご入場をお断りいたします。
●マスクを外した状態での会話を防ぐため、スクリーン内にて上映前までは、飲食はお控えいただきますようお願いいたします。
●飲食物をお召し上がりの際に一時的に外すことがあっても、終わりましたら着用をお願いいたします。
●舞台挨拶中および本編のご鑑賞の際には、会話や発声はお控えください。
●声援が起こった際には、ご退場いただいたり、イベントを中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
●手洗いや備え付けの消毒液のご使用、咳エチケットにご協力ください。
●新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、登壇ゲスト等へのプレゼントは受け取れません。予めご了承ください。
●登壇者間は広くあけ、アクリルパネルを設置しての登壇、登壇者もマスクやフェイスガードを着用する場合がございますので、予めご了承ください。
●舞台挨拶の予定は、急遽変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。
●各実施劇場ホームページの注意事項を必ずご確認のうえ、ご参加ください。

【注意事項】
・いかなる場合においても舞台挨拶中の途中入場はお断りさせて頂きますので、ご了承ください。
・特別興行の為、各種割引(シニア・学生・小人等)・各種招待券は、ご使用いただけません。
・場内でのカメラ(携帯電話含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。当日は荷物検査を行わせていただく場合がございます。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定席となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。
・会場内ではマスコミ配信用及び記録撮影が行われ、テレビ・雑誌・ホームページ等にて、放映・掲載される場合がございます。
・イベントの模様が後日販売されるDVD商品等に収録される場合がございます。
・お客様の当催事における個人情報(肖像権)については、このイベントにご入場されたことにより、上記の使用にご同意いただけたものとさせていただきます。
・お荷物のお預かりはできません。
・劇場周辺での出待ち・入待ちにつきましては、感染症拡大予防の観点および近隣のご迷惑となりますので、固くお断りいたします。

作品情報

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 
大ヒット公開中!
Dolby CinemaTM/ 4D同時公開

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が、ついに6月11日(金)より全国ロードショー。
アムロとシャアの最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年3月公開)から33年――。
その世界観を色濃く引き継ぐ富野由悠季による小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が待望の映画化。
反地球連邦政府運動「マフティー」が挑む新たな戦いを縦軸に、そのリーダーであるハサウェイ・ノア、謎の美少女ギギ・アンダルシア、連邦軍大佐ケネス・スレッグの交差する運命を横軸に描く。
ガンダムシリーズでは初監督を務める村瀬修功をはじめ、実力派のスタッフが数多く集結。
宇宙世紀最大の衝撃作とも言われる『閃光のハサウェイ』が今、スクリーンで始動する。

【STORY】
あざやかな閃光 新たな世界の始まり―
第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年。
U.C.0105——。地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」も行っていた。
そんな連邦政府高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始したのが、反地球連邦政府運動「マフティー」だ。リーダーの名は「マフティー・ナビーユ・エリン」。その正体は、一年戦争も戦った連邦軍大佐ブライト・ノアの息子「ハサウェイ」であった。
アムロ・レイとシャア・アズナブルの理念と理想、意志を宿した戦士として道を切り拓こうとするハサウェイだが、連邦軍大佐ケネス・スレッグと謎の美少女ギギ・アンダルシアとの出会いがその運命を大きく変えていく。

【スタッフ】

企画・製作 サンライズ 
原作 富野由悠季、矢立 肇
監督 村瀬修功 
脚本 むとうやすゆき
キャラクターデザイン pablo uchida、恩田尚之、工原しげき
キャラクターデザイン原案 美樹本晴彦
メカニカルデザイン カトキハジメ、山根公利、中谷誠一、玄馬宣彦
メカニカルデザイン原案 森木靖泰
総作画監督 恩田尚之
色彩設計 すずきたかこ 
CGディレクター 増尾隆幸、藤江智洋
編集 今井大介 
音響演出 笠松広司 
録音演出 木村絵理子 
音楽 澤野弘之
配給 松竹ODS事業室

【主題歌】
[Alexandros]「閃光」(UNIVERSAL J / RX-RECORDS)

【キャスト】

ハサウェイ・ノア 小野賢章
ギギ・アンダルシア 上田麗奈
ケネス・スレッグ 諏訪部順一
レーン・エイム   斉藤壮馬

アムロ・レイ 古谷 徹

ガウマン・ノビル:津田健次郎
エメラルダ・ズービン:石川由依
レイモンド・ケイン:落合福嗣 
イラム・マサム:武内駿輔 
ミヘッシャ・ヘンス:松岡美里 
ミツダ・ケンジ:沢城千春 
メイス・フラゥワー:種﨑敦美 
ハンドリー・ヨクサン:山寺宏一
ゲイス・H・ヒューゲスト:佐々木望


▼『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 公式サイト
https://gundam-hathaway.net/
▼『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 公式Twitter
@gundam_hathaway

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.