ニュース | 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』斉藤壮馬がガンダムパイロット、レーン・エイム役に決定!コメント到着!第1弾予告編も解禁! 4D&「Dolby CinemaTM(ドルビーシネマ)」同時公開&ガンダム歴代最多214館での公開が決定!ムビチケ第3弾も発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公開延期となっておりました 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 ですが 、ついに 2021年 5月 7日 (金 )より全国ロードショー。
この度、斉藤壮馬がガンダムパイロット、レーン・エイム役に決定、コメントが到着しました。また、第1弾予告編も解禁!本作が 4D&「Dolby CinemaTM(ドルビーシネマ)」同時公開&ガンダム歴代最多214館での公開されることが決定しました。ムビチケ第3弾も1 月22 日(金)より発売開始となります。

斉藤壮馬がMSペーネロペーの若きパイロット、レーン・エイムの声を担当!

『ハイキュー!!』の山口忠役や、大人気のヒプノシスマイクの夢野幻太郎役 、そして『 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』の ヤマギ・ギルマトン 役も務めた、斉藤壮馬が今回は地球連邦軍 MSペーネロペー の若きパイロット、レーン・エイム役を担当 いたします。そして、 コメントが到着しました。

<コメント>

この度レーン・エイムの声を担当させていただくことになりました、斉藤壮馬と申します。世代を超えて世界中で多くの方に愛されているガンダムシリーズに声優として関わらせていただけますことを、心から光栄に思っております。それと同時に、自分の持てる全力で収録に臨まなければならないな、と身の引き締まる思いです。そして、作中でも成長を見せていくレーンと共に、自らも磨いてゆけるよう精進して参ります! 何卒よろしくお願い申し上げます!

第1弾 予告編解禁

今回解禁された予告編では、ハサウェイ・ノアの自己紹介から始まる。そして、「我々は現在の地球連邦政府に反省を促すために、やむを得ず攻撃をした」という声明によって反地球連邦政府組織「マフティー」の在り方が見えてくる。不穏な空気の中、マフティーが主力として運用するモビルスーツ「メッサ― F01型」が飛び、マフティーのリーダーを追う連邦軍大佐ケネス、謎の少女ギギの姿も。

また、「じゃあ教えてくれよ、この仕組みの深さを破壊する方法を」と涙ながらに語るハサウェイの姿。「破滅か、救世か。」という文字とともに「僕は代わるよ。変えてみせるよ」と、ハサウェイのとても強い意志が感じられる台詞で締めくくられている。地球連邦軍とハサウェイ率いる「マフティー」との熱い戦いが繰り広げられることがわかる予告編となっている。

第1弾 予告編

4D&「ドルビーシネマ」同時公開&ガンダム歴代最多214館での公開が決定!ムビチケ第3弾も!

4D 上映&「ドルビーシネマ」同時公開決定

映画の世界を五感で味わう “体感型” の4D 上映、及び映像と音響のパワフルな技術に、卓越したシアターデザインが組み合わせられることにより、究極のシネマ体験をお届けする「ドルビーシネマ」での同時上映が決定いたしました! アトラクションのようなドキドキ感や、ハサウェイたちが生きている世界に入りこんだような圧倒的な臨場感を楽しめます。
そして、ガンダム史上最多214 館での公開が決定し、全国の劇場でご覧いただけます!
公開をお楽しみに!
上映館はこちら:https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=gundamhathaway

特典付前売券(ムビチケ)第3 弾!

2021 年5 月7 日公開の映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』より特典付前売券(ムビチケ) 第3 弾を発売いたします。今回の特典は、pablo uchida さんがデザインしたイメージビジュアルをあしらったクリアファイル!
ご購入は1 月22 日(金)より上映劇場にて発売

●商品名:『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』第3 弾ムビチケ
●価格:1,800 円(税込)(当日料金:1,900 円均一)
●特典:pablo uchida デザインイメージビジュアルA4 クリアファイル(全1 種)
●発売日: 1 月22 日より上映劇場にて発売
※ムビチケ1 枚ご購入につき、クリアファイルを1 枚プレゼント致します。
※特典は数量限定です。特典がなくなり次第、販売終了となります。
※特典は非売品です。転売目的のご購入はご遠慮下さい。
※特典付ムビチケ第1弾・第2弾の発売は2021 年1 月21 日(木)迄となります。
※4D/ドルビーシネマ鑑賞料金に関しましては、追加料金が発生いたします。詳細は劇場HPを御確認下さい。


特典:クリアファイル画像

Dolby、ドルビー、Dolby Cinema、およびダブルD 記号は、アメリカ合衆国と/またはその他の国におけるドルビーラボラトリーズの商標または登録商標です。

『閃光のハサウェイ』STORY

―ネジェンって、知っているかい?
それを知っているなら、連れていってあげる―

第⼆次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)の終結から12 年が経過したU.C.0105― 。⼈類と宇宙世紀の未来を⽰すかと思われた“アクシズ・ショック”を経ても、世界は変わらず混乱状態にあり、断続的に軍事衝突が発⽣していた。地球連邦政府の腐敗もさらに進んでおり、上層部は地球の汚染を加速させただけでなく、強制的に⺠間⼈を宇宙へと連⾏する⾮⼈道的な政策「⼈狩り」を⾏っていたのである。
そんな地球圏の腐敗に⽴ち上がったのが、「マフティー・ナビーユ・エリン」と呼ばれる⼈物が率いた反地球連邦政府運動「マフティー」であった。彼らは地球連邦政府⾼官を次々と暗殺するという苛烈なテロ⾏為に⼿を染めていたが、連邦政府への反発を強める⺠衆からは⼀定の⽀持を得ていた。
その「マフティー」本⼈を名乗り、指揮する⼈物こそ、かつて⼀年戦争にも参加した地球連邦軍⼠官ブライト・ノアの息⼦で、シャアの反乱の阻⽌にも参加していたハサウェイ・ノアであった。アムロ・レイ、シャア・アズナブルの理念と理想を肌で知る彼は、ふたりの意思を宿した戦⼠として、武⼒による抵抗から道を切り拓こうと画策していたのである。だが、連邦軍⼤佐ケネス・スレッグと謎の美少⼥ギギ・アンダルシアとの出会いが、彼の運命を⼤きく変容させるのであった。

【作品概要】

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』
2021年5月7日(金) 全国ロードショー
配給:松竹

【スタッフ】

企画・製作:サンライズ 原作:富野由悠季、矢立 肇
監督:村瀬修功 脚本:むとうやすゆき
キャラクターデザイン:pablo uchida、恩田尚之、工原しげき キャラクターデザイン原案:美樹本晴彦
メカニカルデザイン:カトキハジメ、山根公利、中谷誠一、玄馬宣彦 メカニカルデザイン原案:森木靖泰
色彩設計:すずきたかこ 撮影監督:脇顯太朗 CGディレクター:増尾隆幸、藤江智洋
編集:今井大介 音響演出:笠松広司 録音演出:木村絵理子 音楽:澤野弘之


▼『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 公式サイト
https://gundam-hathaway.net/
▼『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 公式Twitter
@gundam_hathaway

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.