ニュース | コードギアス 復活のルルーシュ

谷口悟朗監督・福山潤登壇!「『コードギアス 復活のルルーシュ』Blu-ray&DVD発売記念お誕生日上映イベント」公式レポート到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月に完全新作映画『コードギアス 復活のルルーシュ』が公開され、本作のBlu-ray&DVD発売を記念したイベントが、ルルーシュの誕生日(12月5日)に新宿バルト9にて開催された。イベントには谷口悟朗監督、ルルーシュ役の福山潤さん、司会を務めたサンライズの谷口廣次朗さんが登壇。Blu-ray収録版本編の上映後、トークショーが実施された。

まず、『復活のルルーシュ』の公開から10ヵ月経ったことを受けて、福山さんは「仕事先でお会いする作家さんやプロデューサーさんから『3回観に行きました!』などと声をかけてもらうことが多々ありました」と話し、「同業の後輩の中にも、会話をしている途中で『コードギアス』の話になった途端、話さなくなる子が何人かいました。急にファンに戻ってたのかな(笑)」と楽しそうに語った。今回のイベントで上映したBlu-ray収録版と劇場公開版の違いについて谷口監督は「本来ならば劇場公開の時までにちゃんと詰めなければならなかった」と前置きし、(当時は)思った通りの表情や芝居になりきらないこともあり、間違ったメッセージをお客さんに伝えてしまうことにもなるため「できるだけ誤解がないように演出し直した」と明かした。「分かりやすいところだと、ルルーシュが戻ってきてC.C.と最初に話をする時の表情のアップ。あとはラストでC.C.が笑うところ。C.C.が笑うことを受けて、2人の後ろを歩いている人たちの配色が、変わっていく。C.C.とルルーシュを祝っているような色になるよう計算しています」と監督ならではのこだわりを語った。谷口監督は他にも幾つかの具体的なシーンを挙げ、福山さんも観客も一緒に深く頷きながら耳を傾けていた。

話題は『復活のルルーシュ』の特装限定版に収録される特典内容に移り、約2時間半に及ぶビジュアルコメンタリーについて福山さんは「『復活のルルーシュ』から出発してシリーズを振り返ってくれる人もいると思うので、その人たちのためにも演出の部分だけでなく、キャラ同士の関係性や、作品の表現の捉え方なども言葉として実際に感じ取ってもらえるのも一つの面白みになるのかなと思い、(谷口監督に)根掘り葉掘り聞きました」と話し、谷口監督、福山さん、サンライズ谷口さんは共に「TVシリーズ制作時には自分たちのふとした発言が公式の情報、見解として捉えられてしまい、視聴者に答えを委ねたいという部分が無くなってしまう可能性があったので、キャラクターや演出について答えることを控えていた。今回のビジュアルコメンタリーは色々と考えてもらう為の一助となればという点と、ルルーシュの物語が一区切りするので、これまで応援して観てくれている方々に別の角度を伝えられるのであればと思いトークしているので、今だからできた特典でもある」と見応えたっぷりと太鼓判を押した。そして、2時間半の映像に疲れたら、ぜひ「1分くらいでだいたいわかるコードギアス」を見てほしいと話し、会場は温かな笑い声に包まれた。また、谷口監督は音声特典「DTS®Headphone:X®」の特性(ヘッドホンを使用し5.1chに近い音で本編を視聴できる)を解説し、より臨場感のある音で作品を楽しんでほしいので、自らもチェックに立ち会ったと本作の「音」へのこだわりを語った。
その他、ピクチャードラマについて「Re;f 103.00 深海のカケラ」の収録時、女性たちが悲鳴を上げるシーンに福山さんも参加していることや、A-on STORE限定版に収録している「Re;f 1.05 密談のハマム」が女性キャラばかりになってしまったので、キャラクターデザイン・メインアニメーターの木村貴宏さんがスザクたちの絵を追加してくれたことも明かされた。また、同じくビデオコンテについても、「今後映像を作りたいと思っている人向けにも各セクションの人がどういう考えで指示を入れていたのか、描いているのかがわかるものを選んで収録している。『コードギアス」ではこれまで見せたことが無い部分をやってみようと思って作りました。」と紹介した。

その後、TVシリーズ収録時の思い出話や裏話に花が咲いたところで、ルルーシュの誕生日を祝う花束贈呈の時間に。メロディーが流れ、全員でバースデーソングを合唱。谷口監督からルルーシュの代わりとして福山さんへ花束が贈られ、場内は祝福の拍手で満たされた。福山さんは「(去年とは違い)もうルルーシュは復活したので、彼も喜んでいると思います」と喜びと感謝の想いを口にした。その後も話題が尽きることはなく、2006年の放送開始から全く年月を感じさせない2人の熱すぎるトークに、客席も熱心に聞き入っていた。

最後はファンに向けて谷口監督は「本作をこうして完成形で皆さんにお届けすることができて嬉しいです。今後この作品は私の手元から離れて、皆さんの心の中でそれぞれ育っていくものだと思っています。受け止めて頂く方がいなければ作品というものは完結いたしません」と語り、会場に足を運んだファンに向けて厚く感謝の意を述べた。そして、福山さんは「監督と、このように笑いながら『コードギアス』についてお話させて頂く機会ができるなんて、TVシリーズの収録当時では考えられませんでした。監督側と演者側で常に緊張感があり、そういった関係が10年続いていたように思います。今回『復活のルルーシュ』のパッケージ化にあたり、自分たちがどういうつもりで演じていたのかを、特典のビジュアルコメンタリーだけでなく、本編のセリフの中にもたくさん込めさせて頂きましたので、画や音響など全てを観返して楽しんで頂ければと思います」と万感の想いを込めて締め括った。12月の寒さを忘れさせる、終始明るく賑やかな雰囲気でイベントは幕を閉じた。


▼コードギアス 復活のルルーシュ  公式サイト
http://www.geass.jp/R-geass/

▼コードギアス シリーズ特集サイト  「コードギアス 復習のルルーシュ」
https://v-storage.bnarts.jp/codegeass/

▼コードギアス 復活のルルーシュ  Twitter公式アカウント
@GEASSPROJECT / 推奨ハッシュタグ: #geassp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.