ニュース | 東京アニメアワードフェスティバル2020

「東京アニメアワードフェスティバル2020」にて『AKIRA』4Kリマスターの初上映が決定! ※3/2(月)14時追記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※3月14日(土)に開催を予定されておりましたTAAF2020「『AKIRA』 4Kリマスター版特別上映」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向に鑑みて中止が決定いたしました。チケット払い戻しなど詳細はこちら

2020 年3月13日(金)~16 日(月) 開催の国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)」のオープニング作品が、大友克洋監督の『AKIRA』4Kリマスターに決定しました!!

作品で描かれた記念すべき2020年に4Kリマスターで再臨!!
4Kリマスターを大スクリーン&5.1chでお披露目!

原作者 大友克洋自身が監督をつとめ、世界的大ヒットとなった劇場アニメーション『 AKIRA 』 。
公開から30年以上の時を経た2019年。奇しくも作品の舞台となった年に、『AKIRA』が4Kスキャン&4Kリマスター&HDR化、音楽監督 山城祥二による5.1ch音源のリマスターも実施し、全く新しい音源となって蘇ることが決定しました!!この記念すべき『AKIRA 』 4Kリマスター版が、TAAF2020のオープニング作品として、≪劇場にて初上映≫が決定!上映後には、当時本作品で原画を務めた人気アニメーター井上俊之氏沖浦啓之氏を迎え、本作の新たな魅力に迫るトークショーの実施も決定しました。

TAAF2020 オープニング作品『AKIRA』 4Kリマスター版特別上映

・上映日:3月14日(土)11:00~13:30
・会場 :グランドシネマサンシャイン
(東京都豊島区東池袋1丁目30ー3 キュープラザ池袋 4F)
・料金 :大人・学生以下共通:1,500円
※当日券は200円増し
・登壇 :井上俊之(アニメーター)、 沖浦啓之(演出・アニメーター)
チケットは2月8日(土)正午より販売開始

※詳細は、公式ホームページ(https://animefestival.jp/screen/list/2020special01/ )をご覧下さい。

<『AKIRA』の作品概要>

時代がようやく追いついた──

物語は第三次世界大戦後、
翌年にオリンピック開催を控えている、2019年のネオ東京が舞台。

1988年7月、関東地区に新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が勃発した。
そして31年後――東京湾上に構築されたメガロポリス=ネオ東京は、翌年にオリン ピック開催を控え、かつての繁栄を取り戻しつつあった。2019年のある夜、ネオ東京郊外の閉鎖された高速道路を暴走するバイクの一団があった。
一団は無人のはずの路上で掌に26と番号を記された奇妙な小男と遭遇する。そして・・・、
(作品時間:124分/ アキラ製作委員会)

スタッフ
原作・監督:大友克洋(講談社・ヤングマガジン連載)/脚本:大友克洋・橋本以蔵/作曲・指揮:山城祥二/キャラクターデザイン:大友克洋/作画監督:なかむらたかし/作画監督補:森本晃司/美術:水谷利春/音楽:芸能山城組(ビクターエンタテインメント) /音響:明田川 進/録音:瀬川徹夫/撮影:三澤勝治/編集:瀬山武司/アニメーション制作:東京ムービー新社(現:トムスエンタテインメント)/製作:アキラ製作委員会 他

キャスト
金田:岩田光央/鉄雄:佐々木 望/ケイ:小山茉美/大佐:石田太郎/竜:玄田哲章/ドクター:鈴木瑞穂/タカシ(26号):中村龍彦/キヨコ(25号):伊藤福恵/マサル(27号):神藤一弘 他

<東京アニメアワードフェスティバル 2020開催概要>

■日程:2020年3月13日(金)~16日(月)
■会場:池袋シネマ・ロサ、池袋HUMAXシネマズ、グランドシネマサンシャイン、シネ・リーブル池袋、新文芸坐、区民ひろば南池袋、サンシャインシティ 噴水広場、サンシャイン水族館、豊島区庁舎、Hareza池袋、WACCA 池袋 ほか
■主催:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会
■共催:東京都
■特別協賛:豊島区
■事務局:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会事務局(一般社団法人日本動画協会内)


▼『AKIRA』4Kリマスターセット 公式サイト
https://v-storage.bnarts.jp/sp-site/akira/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.