ニュース | 星界シリーズ

2019年12月25日「星界 Complete Blu-ray BOX」発売記念!長岡康史監督インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ2019年12月25日(水)に発売が迫る、「星界 Complete Blu-ray BOX」。 この発売を記念し、Blu-ray BOX特典の「星界のガイドブック(68P)」より長岡康史監督のインタビューを一部抜粋して掲載!「星界」シリーズに携わることになった経緯や制作の裏話、本作に対する思い入れなどの話を伺った。

──まずは監督を引き受けられた経緯をお聞かせください。

プロデューサーの岩田(幹宏)さんと、前のスタジオで一緒に仕事をしていて、彼がサンライズに移ったから呼ばれたんですね。星界のスタッフもサンライズ色がないでしょ?(笑)岩田さんのコネクションで集められたからですね。

──キャラクターデザインの渡部(圭祐)さんもですか?

渡部くんは、わたしが昔、スタジオZ5にいたときの後輩なんですよ。自分が監督をやった作品で、彼に作監をやってもらって。なんていうんでしょうか、もうね最初っから上手くてね。いつか世に出るだろうなとは思っていたんです。でもキャラクターデザインとかそういうポジションで世に出す機会があれば、わたしが積極的に押していこうとも思ってたんですね。ほんとうに上手くて信頼も置けたので。当時まだ実績はそんなになかったんですけど、提案したら、反対されなかった。現場でもすごい助けられたんで、できればもっと露出してやって欲しいんですけど(笑)。

──原作を読んで、アーヴ語の表現に関して悩みませんでしたか?

アーヴ語を喋らせようと思ったのは早かったですよ。アニメが小説より有利な点のひとつは、音がつくってことじゃないですか。で、やっぱり、アーヴ語って原作において、すごい重要な構成要素だと思ったので、せっかく映像化するならアーヴ語を喋らせないとウソだなと思って、わりと最初期にプロデューサーに相談したんですよ。そしたらなんと、森岡(浩之)さんが翻訳と言語指導を担当してくれるというありがたい回答だったので、だったら毎回アーヴ語のナレーションをつけてはじめる感じにしたいってことを言った覚えがありますね。「星界」って、異世界ものという見方もできるじゃないですか。作中ではほんとうはキャラクターたちがアーヴ語で会話しているはずですよね。『レッド・オクトーバーを追え!』という映画があってですね。あれってソ連の潜水艦の中での会話が冒頭はロシア語なんですけど、キャラクターにカメラが寄っていくとパン!と英語に切り替わって、あとずっと英語なんですよ(笑)。あれでいこう!って思ったわけです。最初はアーヴ語ではじめるけど、中身はもちろん日本語と。

──キャストオーディションで、ラフィールが最後まで難航したというお話は以前うかがいましたが、他のキャストはすんなり決まったのですか?

いや、わりと、みんな時間がかかりましたね。ジントは、早いうちに女性の役者さんでとお願いしたら、え?という反応があって。なんというかジントに性的な臭いをつけたくなかったんですよ。なのでそういうお願いをして。でも一応男性の役者さんにジントのオーディションには参加してもらったんですけど。結果的に思惑通りに女性の今井(由香)さんに決まった。『紋章』のときはジントとラフィールだけがオーディションだったかな。ラフィールは、たくさんオーディションに来てもらって、まぁ最後の最後で川澄(綾子)さんがやってきて、一番合っているかなと。『戦旗』になると、清水香里さんや斎賀みつきさんなど、考える要素が増えたんですけど。

──最後にひとことお願いします。

やっぱり20年は長いですね(笑)。いろいろ感慨深い。『紋章』のときから、もっとオリジナル要素を入れろとか、いろんな方面から言われたんですよね。「じゃあ監督を代えましょう」と言われかねない主張もいろいろして、いまの作品があるんですよ。この業界には、原作ものをやるのに「そこにおまえの主張はいらない!」ってなことをやったり言ったりする人がいるんですが、「ちょっとそれは違うだろう」と思っているので、『星界』もそのスタンスを貫かせてもらいました(笑)。でも20年経ってBlu-ray BOXが出るって、大したもんですね。監督が言うのもなんですが(笑)。わたし、森岡さんに以前聞かせてもらった、ラストシーンは映像にしたいな(笑)。絶対感動的になる!


▲長岡康史監督

インタビュー全文は2019年12月25日発売「星界 Complete Blu-ray BOX(特装限定版)」特典の「星界のガイドブック(68P)」でお楽しみいただけます。

星界 Complete Blu-ray BOX 2019年12月25日発売


▲ビジュアルコンセプト 赤井孝美 描き下ろしBOXイラスト


▲キャラクターデザイン 渡部圭祐 描き下ろしジャケットイラスト

価格:40,000円(税別)
発売・販売元:バンダイナムコアーツ
品番:BCXA-1492 スペック:カラー/本編約1263分+特典約65分/リニアPCM(ステレオ)・ドルビーデジタル(ステレオ・一部5.1ch)/AVC/BD50G×12枚/4:3<1080i High Definition>・一部16:9<1080i High Definition>

【映像特典】
■星界 COMPLETE BLU-RAY BOX発売記念特番
■星界の紋章 特番
■星界の戦旗 番組宣伝スポット、ミニガイド
■PV・CM集

【封入特典】
■星界のガイドブック(68P)
■星界のビジュアルブック(52P)
■短編小説『星界の断章 継承』(36P)
※新規描きおろし

【音声特典】
■星界のラジオドラマ全話
■「星界の紋章」(第2話)、「星界の戦旗」 (第1話) 、「星界の戦旗II」 (第1話) 、星界の戦旗III」 (第1話) 新録オーディオコメンタリー <出演者:川澄綾子(ラフィール役)、長岡康史(監督)、森岡浩之(原作)>
■「星界の紋章 特別編」、「星界の戦旗 特別篇」、「星界の戦旗II 特別篇」、「星界の戦旗III」 オーディオコメンタリー(2005年版)

【仕 様】
■赤井孝美 描き下ろし収納BOX
■渡部圭祐 描き下ろしインナージャケット
※特典・仕様等は予告なく変更する場合がございます。


▼星界シリーズ 公式サイト
http://www.sunrise-inc.co.jp/seikai/

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.