ニュース | 星界シリーズ

2019年12月25日「星界 Complete Blu-ray BOX」発売記念!ラフィール役・川澄綾子インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ2019年12月25日(水)に発売が迫る、「星界 Complete Blu-ray BOX」。 この発売を記念し、Blu-ray BOX特典の「星界のガイドブック(68P)」よりラフィール役・川澄綾子さんのインタビューを一部抜粋して掲載!TVアニメ放送から時間をおいて改めて触れた作品の魅力や、ラフィールに対する想いなどの話を伺った。

──今回あらためてオーディオコメンタリーを録ったわけですが、『紋章』から順番にご覧になって、ご自身の成長ぶりはいかがでしたか?

『紋章』の一番最初のセリフが、今の自分が想像していたより幼いなと思いました。あの当時の自分としては、相当頑張って大人っぽく威厳があるように演じていたつもりだったんですけれど、「リン・スューヌ=ロク・ハイド伯爵公子・ジント閣下か?」というのが、今聞いたら、幼くって。でも、当時のあのお芝居で合っているとは思います。あれから20年経って、その間にいろいろなお仕事をさせてもらった今の私なら、キャラクターの初登場のシーンは、観ている人に印象づけたいとか欲が出てくると思うんですね。そういう部分含めて、今なら、もっと違う形でやってるだろうなと。でもあの当時の自分も、印象づけたいとは思っていたはずで、そのつもりでやってるんでしょうけど技術が伴っていないので、恥ずかしくて客観的には見られないですね(笑)。紋章での自分のお芝居を見て「うわぁ恥ずかしい」っていうのは、『戦旗』になると薄れてきました。少しは技術を身につけたのかな(笑)。それでもまだ恥ずかしいですけど。『紋章』のラフィールの頃は、まだ声優として仕事を始めたばかりで、そんなに現場を経験していない時期でしたし。でも、その欲のなさ、ひたむきさが、その時のラフィールにマッチしたのかもしれません。そのあと様々な役を演じさせていただいたので、『紋章』と『戦旗』の間の1年で、台本上で10行くらい自分のセリフが続いていてもびくびくしない、くらいには成長できていたかなと(笑)。デビューしてからしばらくは、おとなし目というか引っ込み思案というか、自分からあまり発していかないタイプのキャラクターが多かったんです。そんな中でいただいたラフィール役は、自分に自信を持っている。そんな感じの役はそれまで演じたことがなかったので毎週挑戦でした。自分のことを2ページくらい語るようなシーンが紋章の時にあるのですが、そのシーンは今でも思い出すくらいです。本当に大変で(笑)。

──オーディションが大変だった話はスタッフ側からは何度か聞いたのですが、ご本人としては、どんな感触でしたか?

わたしの前に何人かオーディションをしていて、なかなか決まらなくてという話はあとから聞いたんです。そのときは、マネージャーに「オーディションに行くよ」って言われて資料をもらって、普通に受けたんです。ただ、わたしのオーディションの日は、わたしひとりだけだったんですね。普通オーディションって、同じ役を受ける人が何人か呼ばれてやるのに、「誰もいないな」とは思っていました。あれ?わたしだけなんだと。オーディション自体は、たとえば「呼ぶがよい」とか「そなた」とか、言葉使いがキャッチ―じゃないですか。そこに、今だったら色をつけたがっちゃうかもしれないんですけど、そういうこともなく自然に「そなた」て言っているので、あの時のわたしが、あの時のラフィールにハマったのかなって。

──ラフィールは川澄さんにとってどんなキャラクターですか?

声優の川澄綾子個人にとっては、ものすごく大きな転機になった役でした。まだ22歳とか23歳だったと思いますが、そのときの出会いがあったからこそ、今、つながってる作品もたくさんありますし。若いうちに、こんな素晴らしい役をやらせてもらえたなんていうのは、当時ラフィールに私を選んで下さったみなさんに、感謝の気持ちで一杯です。当時から変わらず言っていますが、20年近く経った今も、やっぱり自分にとって宝物だと思える役です。例えばインタビューとかで「ご自身のやったキャラクターでどれが…」みたいな質問が結構あったりするのですが…。答えるのはいつも大変で、「ひとつの作品を挙げるのは難しいですが…」って答えるしかないんですけど。でもラフィールは間違いなく今の、声優としての自分を作るきっかけになっていますね。当時はただただ必死に演じていましたが演じきって、自信にも繋がりました。そして、やはり今振り返ってみても、ラフィールはヒロイン像としても稀有だし、その役を演じられたのは、財産だと思っています。


▲川澄綾子さん

インタビュー全文は2019年12月25日発売「星界 Complete Blu-ray BOX(特装限定版)」特典の「星界のガイドブック(68P)」でお楽しみいただけます。

星界 Complete Blu-ray BOX 2019年12月25日発売

価格:40,000円(税別)
発売・販売元:バンダイナムコアーツ
品番:BCXA-1492 スペック:カラー/本編1318分+映像特典58分/リニアPCM(ステレオ)・・一部 DTS-HD Master Audio(5.1ch)/AVC/BD50G×12枚/4:3<1080i High Definition>・一部16:9<1080i High Definition>

【映像特典】
■星界 COMPLETE BLU-RAY BOX 発売記念特番
■星界の紋章 特番
■星界の戦旗 ミニガイド
■星界の戦旗 番宣スポット
■星界のCM・PV集

【封入特典】
■星界のガイドブック(68P)
■星界のビジュアルブック(52P)
■森岡浩之新規書き下ろし小説「星界の断章 継承」(36P)

【音声特典】
■星界のラジオドラマ全話
■「星界の紋章」(第2話)、「星界の戦旗」 (第1話) 、「星界の戦旗II」 (第1話) 、星界の戦旗III」 (第1話) 新録オーディオコメンタリー <出演者:川澄綾子(ラフィール役)、長岡康史(監督)、森岡浩之(原作)>
■「星界の紋章 特別編」、「星界の戦旗 特別篇」、「星界の戦旗II 特別篇」、「星界の戦旗III」 オーディオコメンタリー(2005年版)

【仕 様】
■赤井孝美 描き下ろし収納BOX
■渡部圭祐 描き下ろしインナージャケット
※特典・仕様等は予告なく変更する場合がございます。


▼星界シリーズ 公式サイト
http://www.sunrise-inc.co.jp/seikai/

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.