ニュース | この世界の(さらにいくつもの)片隅に

劇場アニメーション映画『この世界の片隅に』8月3日(土)21時よりNHK総合にて地上波初放送決定!! & 片渕須直監督×MAPPA制作によるアニメーションを使用した、NHKスペシャル「#あちこちのすずさん」も放送決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向き、日々の暮らしを紡いでいく女性・すずの深い感情を、新たなエピソードを盛り込むことで描き出す新作劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の12月20日(金)公開を前にした今夏、前作『この世界の片隅に』の地上波初放送がNHK総合で8月3日(土)21:00より放送されることが決定しました。さらにその翌週8月10日(土)21:00より、NHKスペシャル「#あちこちのすずさん〜戦争中の暮らしの記憶〜(仮)」の放送も決定し、スタジオゲストとして、片渕須直監督Hey! Say! JUMP の八乙女光さん・伊野尾慧さん、そして千原ジュニアさんが発表されました。また、『この世界の片隅に』制作のスタジオ「MAPPA」が片渕監督と新たに制作したアニメーションが、同番組の中で使用されることも決定しました。

2016年11月12日に公開され、深い感動の輪を拡げていき、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で70以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼んだ、映画『この世界の片隅に』。多くのファンと上映劇場の熱意に支えられ、公開から1日も途絶えることなく900日以上も日本全国どこかの劇場で上映が続けられている本作が、ついに地上波初放送となります。

また、地上波放送の一週間後には、NHKスペシャル 「#(ハッシュタグ)あちこちのすずさん〜戦争中の暮らしの記憶〜(仮)」の特集番組の放送も決定。「#あちこちのすずさん」というキーワードが生まれたのは去年8月、NHK「クローズアップ現代+」にて、『この世界の片隅に』の主人公・すずさんのように、恋やオシャレ、食べ物といった日々のなにげない暮らしを工夫して紡ぎながら、戦時中を懸命に暮らしていた人たちのエピソードがSNSで全国から集ったことがきっかけでした。遠い過去の話だと思われがちな戦争を身近に感じてもらうことで‟平和への想い“や‟戦争の記憶”を次世代につなげていこうという呼びかけに大きな反響が生まれ、番組には2000を超えるエピソードが寄せられました。
そして今年、より幅広い世代にも想いを届けるためにNHKの様々な番組が連動。10〜20代に人気の「らじらー!」(ラジオ第1)、子育て世代に多く見られている 「あさイチ」(総合テレビ)、働き盛りの世代を中心に支持を集める「クローズアップ現代+」(総合テレビ) 等、様々な世代に向けた番組で、8月10日(土)のNHKスペシャルの放送に向け「#あちこちのすずさん」の投稿を呼びかけつつ、NHKスペシャル当日は各番組から出演者が集います。こうして、各番組や SNS などで募ったエピソードを片渕須直監督の全面バックアップにより、アニメーション制作会社MAPPAがアニメ化する企画も進行しています。

さらに、「戦争体験の風化」という社会問題に対して、記憶と記録をアーカイブし未来へ残す必要性を考え続けてきた Yahoo! JAPAN がこの取り組みに賛同。「#あちこちのすずさん」というキーワードをともに使用しながら、Yahoo! JAPAN 独自のコンテンツを発信しつつ、“戦争の記憶”をつなげる試みに挑戦します。

戦後74年。そして、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の公開を12月に控える今夏。『この世界の片隅に』そして「#あちこちのすずさん」を通し、ささやかな日常の暮らしの尊さや平和への静かな祈りを、次世代に繋げていきます。

新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は12月20日(金)劇場公開!

クラウドファンディングから始まった小さな作品が、たくさんの方々の支えによって大きな花を咲かせ、まるでたんぽぽの綿毛のように全国に広がっていきました。そして今、そんな映画『この世界の片隅に』を原型とした新しい物語が生まれようとしています。すず、リン、周作・・・。それぞれの内に秘められたこぼれ落ちるほどの“想い”を、片渕須直監督はどのように映像化するのでしょうか。新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、2019年12月20日(金)の公開に向け鋭意制作中です。今後の展開もどうぞご期待下さい。

【Introduction】
国内外で高い評価を受け、2016 年の公開から1日も途切れることなく900日以上にわたり上映が続けられている映画『この世界の片隅に』。本作はそんな『この世界の片隅に』に、原作の魅力的なエピソードの数々を散りばめた新作です。すずを取り巻く人々の「さらにいくつもの人生」がより深く描かれることによって、私たちは知ることになります。すずの中にあったほんとうの感情を。そして誰もが誰かを想い、温かく哀しい秘密を抱えていたことに。たおやかな愛に満ちた新たな物語が、この冬、深く沁みわたります―

【Story】
広島県・呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるものの呉ではじめて出会った同世代の女性に心を通わせていくすず。しかし、ふとしたことをきっかけに、すずは周作とリンの過去に触れてしまう。すず、リン、そして周作。それぞれが内に秘めた想いを抱えながら、日々を懸命に生きていた。そして昭和 20 年の夏がやってくるーー。


▼映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 公式サイト
ikutsumono-katasumini.jp
▼映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 公式Twitter
@konosekai_movie

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.